福岡女子商業高等学校

学校法人八洲学園

教員紹介

 ユニークな先生が50人!

 将来につながる3年間。のびのび、まっすぐ。

坂口昭彦先生(国語科)%e5%9d%82%e5%8f%a3
中学生のみなさん、こんにちは。私は、教科は国語で部活は卓球を教えています。女子商に来てまだ2年目ですが、他の学校と比べて驚いた点が幾つかあります。

①挨拶を笑顔でする生徒がとても多い。
②どこの学校も就職100パーセントとアピールしているが女子商の場合、職種がホテルや農協・銀行など多様であり、業種も生徒が多数希望する事務職に就職できる。
③純朴で素直な生徒が多い。

私は、スポーツが好きなので、中学生のみなさんもぜひ、女子商に来ていっしょに汗を流しましょう!

澤井愼治先生(保健体育科)%e6%be%a4%e4%ba%95
あなた方の大切な高校生活を、私は全力でお手伝いいたします。私にできることは3つあります。

1つ目に、授業では「生涯にわたる豊かなスポーツライフ」につなげる ため、楽しく学べる授業を作ります。
2つ目に、クラスマッチや体育祭などの体育的行事では、あなた方が主体的に計画・実施し、大きな達成感を得ることができるように取り組みます。
3つ目に、担当している部活動ハンドボール部では、「自分づくり」「仲 間づくり」を目指して活動します。また、競技としてもトップレベルを目指せるような指導を工夫します。

あなた方と共にここで学べる日を楽しみにしています。

高田香代子先生(家庭科)%e9%ab%98%e7%94%b0
私が今ここにいるのは、ある先生の言葉がきっかけでした。
私がその先生のクラスになった時、全員が、何も書いてないたった1枚の紙をもらいました。

先生も同じ紙を手にし、その紙を高く頭上に投げました。その紙はひらひらとしながら、すぐに床の上に落ちてしまいました。

みんなが同じように投げれば、同じように落ちる。けれど、どこに落ちるか自分で投げても予想がつかない。

でもこうしてごらん。と言って、その紙をぐしゃぐしゃと丸めました。そしてまた頭上に高く投 げました。するとその紙は高く天井近くまで上がり、すとんと先生の手に戻ってきました。

みんなが手にしている紙はみんな一人ひとり。今はどんなに力を入れても高く、そして目的の場所へ投げるのは難しい。けれど、この学校で、たくさんの壁にぶつかって、友に出会って、 笑って、泣いて。人はもまれてもまれて高く飛べるんだよ。

私は日常のいろんな時にこの言葉を思い出します。そしてこれから高校生活を送るみなさんも、この学校でもまれてもまれて高く飛んでみませんか?

森田望友先生(保健体育科) 平成20年卒業生%e6%a3%ae%e7%94%b0
皆さんは、何か一つのことに打ち込めることがありますか?

私の場 合は、ソフトボールに打ち込んでいました。仲間と目標を叶える為に、 毎日泥だらけになるまで練習を積み重ねてきました。

全力でやるからこそ得るものがあり、やりたいことが見つかります。私はソフトボールを通して学びました。

まだやりたいことが見つかっていない人でも、何か一つ集中して打ち込めるものがあれば、そこから見えてくるものがあります。私はこの 女子商で打ち込めるものに出合いました

皆さんが入学してくるのを心待ちにしています。

宮崎浩次先生(数学科)%e5%ae%ae%e5%b4%8e
私は今年で教師生活30年を迎えましたが、今でも生徒から刺激をもらい続けています。女子商生は「私は何をするために生まれてきたか?」を分かるために毎日色々なことに挑戦をしています。この挑戦をすることは若者がやるべき大切なことだと思います。「私がやる」の精神は君たちが自分自身を理解するために一番必要なことです。

一方、「やる人はやる」し、「やらない人はやらない」傾向にあるのも事実です。これは昔からあり、どうしようもできない事かもしれません。しかし、やる人は毎日を楽しく充実させているし、やらない人はダラダラ毎日を過ごしているのも事実です。あなたは、どちらの人になりたいですか?「やる人!」と考えた君、女子商に来て私たちと一緒にやっちゃいましょう!

本田由起先生(英語科)%e6%9c%ac%e7%94%b0
こんにちは! E.S.S. 部顧問の本田です。英語って聞くと、「難しい」 とか「分からない」といった言葉が返ってきがちですが、部員の中には、 「英語が好きになりたいから入部しました」という生徒もいます。楽しく! 明るく!仲良く!をモットーにみんなで英語の勉強をしています。

私の好きな言葉は、Believe in yourself! です。自分の可能性を 信じることから始めてみませんか。

みなさんの入学を心待ちにしています!

徳本富重先生(商業科)%e5%be%b3%e6%9c%ac
女子商は「女子」だけの「商業高校」です。この2点に注目してください。共学であれば生徒会長や体育祭のブロック長などは男子がやることも多いと思いますが、女子高では当然、女子がやります。今までちょっと人前でしゃべるのが苦手 だったりする人も安心して話すことができます。

そして、商業高校なので、中学の時、多少勉強が苦手だった人も新しいチャレ ンジができます。簿記や情報処理といった社会で役立つ資格にもチャレンジして いきます。

私自身、中学時代はたくさん遅刻をしたり、あまり勉強しなかったりで叱られてばかりの毎日でした。しかし、商業科目と出合い、勉強するうちに、それ以外の ことにも自信がつくようになりました。

中学時代頑張れた人はもっと頑張れる、あまり頑張れていなかった人も新たな 気持ちで頑張れる。女子商はそんな学校です。あなたが女子商のリーダーの一人 として学校を引っ張ってみませんか?新しいスタートは今です!

大野勝映先生(社会科)%e5%a4%a7%e9%87%8e
私は剣道部の顧問をしています。剣道を高校から始める人はなかなかいません。しかし、高校から始めても努力すれば「段位」も取得することができます。新しく剣道に挑戦してみませんか?

剣道だけに限らず、何かを新しく始めることにはかなりの勇気が必要です。本校は商業高校なので、「商業」という授業も初めてのことだと思います。

勇気を出して新たな第一歩を踏み出してみませんか?苦しいこと、 辛いことはもちろんあると思います。しかし、それを乗り越えた時は大 きな達成感を味わうことができると思います。

みなさんぜひ、本校に来て新しいことに挑戦してみてください。

吉次昌彦先生(社会科)%e5%90%89%e6%ac%a1
私は、陸上部の顧問として常々言っていることは、試合で「ベストタイムを出すように毎日練習をし、終わった後は日々の努力を振り返ろう」です。

何をするにしても、自分を信じて限界を決めず、自分の可能性を伸 ばそうとする意欲が大切です。壁にぶつかることもあると思います。 勉強に部活動に協力できることは全力でサポートします。

みなさんも、本校で3年間勉強に、部活動に全力をそそぎ、充実した高校生活を一緒に送りましょう。

佐道正美先生(英語科)%e4%bd%90%e9%81%93
皆さんは『青春』していますか?
私の考える『青春』とは、自分の夢に向かって仲間たちと共に泣いたり、笑ったりしながら過ごす、人生で最も意味があり、輝いてる時間のことだと思います。

それは決して楽しいことばかりでなく、辛いことの連続かもしれません。でもその経験が、その先の皆さんの人生で必ず役に立つことは間違いありません。

女子商は、他の高校と違って色々なことを体験することができます。女子商の 3 年間でたくさんの資格を取得し、社会に出ても即戦力として活躍している先輩、部活動に毎日励み、その結果世界大会に出場したり、全日本でオリンピックを目指すなどの輝かしい成果を残している先輩方が多数皆さんを待っています。あなたも女子商で『青春』してみませんか

藤久士先生(商業科)%e8%97%a4
本校には就職率の高さや盛んな部活動、たくさんの資格が取得できるなど多くの特徴があります。中でも私が皆さんに自信を持ってご紹介したい特徴は、本校には生徒一人ひとりが必ず活躍できる場所があるということです。

例えば女子商マルシェでは、生徒と企業が協力して店舗経営実習を行います。元気な声で挨拶をしたり、商品を並べたり、気持ちの良い接客を 女子商マルシェを通して行います。様々な販売活動の中で生徒は自ら「やるべき事」を見出し、主体的に行動している場面を何度も見たことがあります。自ら活躍する場所を見出し、瞳を輝かせてイキイキと活躍する生徒を 私はとても誇らしく思っています。

たった1度しかない高校生活を充実した学習環境の整っている本校で送り、皆さんの夢や希望を一つずつ叶えて欲しいと思っています。

稲富幸美先生(商業科) 平成23年卒業生%e7%a8%b2%e5%af%8c
私が高校3年間で学んだことは「できる、できない」ではなく、「やるか、やらないか」です。私は中学生の頃、毎日部活部活で勉強は苦手でした。基礎ができてないからやっても分かるわけがないと、それを克服しようと努力もしてきませんでした。

しかし、女子商に入り勉強が苦手な私にチャンスが訪れました。女子商で学ぶ「商業」という分野の勉強は、みんなが初めて学ぶ分野で、 全員がゼロからのスタートだったのです。先生方も、基礎から何度も 丁寧に教えてくださいました。ここから私は変わることができたのです。

何か変われるきっかけを探している人は、ぜひ女子商で一緒に頑張りましょう。きっと新しい自分に出会えるはずです。