学校評価(自己評価)制度

1,はじめに
 本校は1997年以来、今日で言う支援教育を実践してきました。当時はまだLDやPDDについての理解と言うよりも言葉自体も知られていないのが現状でした。
 そんな中で本校独自の教育は、誰もが一人一人大事にされ、輝く青年期であることでした。この目標を達成するには、大きな集団よりも小さな集団であり、カリキュウラムのうち教科指導(時間割)についても、同一学年だけのヨコの授業と学年に関係ないタテの授業を織り交ぜたものになりました。
 また、2003年には教育年限の延長として、高等課程の上に専攻科を設置しました。
 今回、学校評価の実施にあたっては、1学年1クラスで定員20名(専攻科は10名)の少数であり、質問事項によっては個人が特定されることも想定され、個人情報の点からも具体的な項目は除外しました。
 なお、各人の認知の特性により、質問内容の理解が均一でないことも想定されるため、同じ環境下で校長より概略を説明した後に、クラスで担任が質問事項を読み上げるtaken-testの形式をとりました。回答も5選択の形式ですが、生徒・学生により大きく3つに分けての回答となっています。
 このような点を踏まえて、内容結果を見ていただきご理解を願います。数字の上からだけの理解ではなく、本当の学校の姿(平素の学校の様子)を見たうえでなければ、正確な学校理解にはなりにくいことを申し添えます。 

2,教育目標
 「社会的自立」すなわち一人で生きていくことができる力を養うことです。その前に自ら律する「自律」があります。「自律」は生活に即したものであり、生徒・学生が毎日の生活を主体的に生き実感することが前提です。そのためのものとして生活に即した学習が基本となるものがカリキュラムです。
目標 
 本科(高等課程)・・・集団の中の自分。集団の中で自分が出せるか。
 専攻科・・・・・・・ 自己選択ができ、自己決定ができるか。

3,教育方針
 上記目標達成のため本校では、生徒本人だけに学習努力を求めるものでなく、保護者・教職員も生徒の背中を見て学ぶ姿勢を強調しています。“ともに学んで、みんなで輝く”という言葉を方針とし、自己肯定感や達成感をもち、単に生徒だけでなく、生徒を中心とした関係する大人たちも共感できる自己肯定感を築き、出来る喜びを味わい自信につなげていくものとしています。

4,学校評価委員会構成メンバー
  学校長・本科(高等課程)生徒代表・専攻科学生代表・教職員代表・後援会正副会長により構成しています。

アンケートの集計結果
結果分析と新たな目標
学校関係者評価