八洲学園大学トップ > 八洲学園大学とは > 大学案内 > ヒューマンeラーニング

ヒューマンeラーニング

本学は、2004年開学当初からインターネットによる双方向ライブ授業を行っております。

スクーリング履修科目の双方向ライブ授業では学生の名前が画面に表示され出席が確認されます。日本だけでなく海外から、時差があってもライブ授業を選択する学生がたくさんいます。学生は授業中チャット機能を使い教員に直接質問をすることができます。社会経験豊かな学生からの質問や意見を全員で共有しますので教員・学生共に想像を超えた授業展開を体験することが出来ます。また教員の指導を受けながら学生同士でディスカッションも行います。演習もあり、双方向ライブ授業によりオンデマンド授業では得られないゼミ授業を受けることもできます。仲間と授業を共有しますので孤独感を感じることなく学べます。これは社会人学生の就学継続意欲の維持向上に役立っています。
もちろん、社会人学生は忙しい生活を送っています。ライブ授業の場合は時間的制約を受けざるを得ませんので、再配信授業を行って学生がライブ授業の履修を諦めたり、学生の職業生活、家庭生活等に支障をきたしたりしないよう配慮しています。

本学はインターネット大学・ライブ配信のパイオニアとして、
「ヒューマンeラーニング」の新しい道を拓いていきます。

ヒューマンeラーニングとは

ヒューマン・タッチの交流希望者による授業後の情報交換会やプラットホーム交流会など、人間味あふれる新たなeラーニングを目指す試みです。

ヒューマンeラーニング
ページトップへ

このページの先頭へ