八洲学園大学トップ > 学長・副学長メッセージ

学長メッセージ

学長メッセージ

和田公人新学長

八洲学園大学が開学した2004年当時は、まだインターネットの回線速度も遅く、インターネットによるライブ中継技術も確立されていませんでした。しかし、いまでは、iPhoneやスマートフォンがあれば、どこからでもだれでもがインターネットによる生中継ができるようになりました。

いつでも、誰でも、どこでも学習できる時代から、いつでも、誰でも、どこからでも授業を発信できる時代に入ったと言えます。これまでの八洲学園大学は、インターネットを活用したeラーニングにより、学びたいという人間の本来的な欲求を満たすことに注力してきました。その結果、日本国内だけでなく、世界中から性別、年齢に関係なく、多くの方にご入学いただくようになりました。生涯、どこでも学習できるという生涯学習の理念を実現してきたことになります。

これからの八洲学園大学は、この生涯学習の理念を大きく拡張し、各自が学んだ智を共有する新たなフェーズにチャレンジします。得た知識や体験は、個人の中に閉じ込めるのではなく、多くの人と共有することで、人類の英知として拡散されます。また、自分が得た智見は、他人に伝えることで、咀嚼され定着します。学び合い、教え合うことは、自らの学びを、楽しいものにするだけでなく、より深いものにしてくれます。

大学の講義を学生だけのものから社会に開放するにとどまらず、教壇に立つ者も、教員だけでなく広く社会に求めることで、大学をより開かれた存在にします。また、学生同士が学び合い、さらに、教えあう空間をインターネットを通じて提供していきます。

副学長メッセージ

松本真尚副学長

私は1999年からずっとインターネット業界におりまして、2000年に私が代表取締役を務めるPIM株式会社という会社をヤフーに売却してから2012年の8月までヤフーで及びソフトバンク執行役員として仕事をしておりました。

そのようなインターネットの最先端で仕事をするという非常に恵まれた環境の中で次にくるトレンドは何かと色々と考えていたところ、インフラのコストが下がり誰もがスマートフォンというPCと同等のSpecを持った端末を保有しているというこの時代には、教育というマーケットにも大きな風が吹くのではないかと考えておりました。

学ぶという欲求は世界共通で誰もが持ち続けている欲求であり、何歳になってもどこにいてもそのような環境が提供され、個人の興味に応じたカスタマイズされた教育を受講できることが日本経済の発展及び世界で戦える人材を創出できるのであろうと確信しております。 八洲学園大学は、まさにそのような世界を担える大学になるであろうし、そのような環境で卒業する人材は世界を変える人材になっていくことと信じております。

インターネットを通じて、年齢、性別、国籍を超えたOpenなキャンパスが 構築されることで学生と教員、学生同士、その周辺のサポーターなど多数のコミュニケーションがうまれていくような環境を整備することで、新しい「何か」が生まれる場所の1部でも担えれば幸せです。 皆さん、面白い時代です!面白いことを面白いメンバーでやっていきましょう!

Yahoo!ブックマークに登録
八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ