教養講座

<物語への扉を開く>シリーズ2:子どもの本の深みに迫る

教養講座

<物語への扉を開く>シリーズ2:子どもの本の深みに迫る

講師 高鷲 志子
受講形態 来校・インターネット
受講料 15,000円(税込)
※前回受講者および本学在学生は、13,000円(税込)
講義時間・回数 90分×8コマ
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

※関東近辺で大雪による交通機関の乱れが生じていることなどから、2月8日(土)に予定されておりました本講座は、2月15日(土)に延期となりました。追加申込受付中ですので、ぜひお申し込みください。

<物語への扉を開く>シリーズ第2回目は、「子どもの本の深みを探る」ことを目的に、英米児童文学や絵本の古典的作品をじっくり鑑賞しつつ、子どもの本の「深み」に迫ります。物語の「おもしろさ」はどこから来るのかを、テクストを丁寧に読みこみ、物語の背景を学ぶことで、考えてみたいと思います。「おもしろい」という言葉だけでは言いつくすことができない、すぐれた作品を見極めるための第一歩を踏みだしましょう。
※最少開講人数は10名です。定員は30名です(申込者多数の場合は、増員の可能性あり)。
※本講座を修了された方には本学独自の「修了証」が発行されます(詳細はお問い合わせください)。

この講座の受講対象

絵本を「読み聞かせる」だけでは、子どもたちは自立読書にはむかいません。子どもたちに「本の世界」を手渡すために、子どもの文学について系統的に学んでみたいと考えている方、絵本や子どもの文学に興味がある方、学校図書館で子どもたちに接している方にお勧めします。

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2014年
01月25日
13:00-16:10
冒険物語の面白さ:『宝島』を中心に
絵本とは何か:<ピーターラビット>の世界へ
2 2014年
02月15日
13:00-16:10
ファンタジーの魅力:『トムは真夜中の庭で』を楽しむ
アメリカ絵本の黄金時代:バートン・エッツ・ガァグをめぐって
3 2014年
02月22日
13:00-16:10
歴史物語で語られるもの:サトクリフの世界
現代絵本の原点:『かいじゅうたちのいるところ』分析
4 2014年
03月08日
13:00-16:10
豊かにひろがるアメリカ児童文学:『若草物語』からはじまって
昔話絵本の魅力:『シンデレラ』をめぐって

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

高鷲 志子

高鷲 志子

明治学院大学、八洲学園大学ほか非常勤講師。子どもの文学、絵本の研究を通じて子どもと本を結びつける活動をしている。横浜市の中学校で定期的にお話会を開催している。 著書に『子どもと本の架け橋に』(角川学芸出版)。共著に『たのしく読める英米児童文学』、『英米児童文学の宇宙』、『たのしく読める英米の絵本』(以上、ミネルヴァ書房)、『英米児童文学作品・登場人物事典』(松柏社)。翻訳書に『庭園の中の三人/左と右』(東京子ども図書館)ほか。 英語での語り研究会「わしこの英語塾」主宰。