中高年力!第2の人生どう生きる?

中高年力!第2の人生どう生きる?

講師 雨森 雅哉
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 4,000円(税込)
講義時間・回数 90分×2回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

あなたは10年後の日本を想像できますか?今後、65歳以上が人口の3割近くになるといわれる超高齢化社会に向けて、老若男女問わず一人ひとりが認識していかなければならない深刻な問題になりつつあります。
私たちは自己と他人とのかかわりの中で、生まれてから死ぬまで様々な経験をして発達していきます。その人間の発達段階において中年期とは加齢に伴い、体力の衰えや視力の低下などの身体面、また職場では上司と部下との人間関係の問題や脱子育てなどの社会面、記憶力や学習能力の低下などの心理面など変化の多い時期とされております。今後、日本は中高年のパワーが必要となってくるでしょう。どのような心のあり方で、また老年期をどのように見て捉えていくことが大切であるか、一緒に考えてみませんか。

本講座は、身体的・社会的・心理的に変化の多い時期とされる中高年に着目し、“社会”への関わり方について指導し、仕事、子育て、介護など、あらゆるライフステージに応じて起きる問題に対して適応的にすすんでいくために、今後の生活の参考にしていただきたい内容です。

※メンタルケア学術学会研修講座は、学会認定資格メンタルケア心理士®、メンタルケア心理専門士®資格取得者の専門研修講座や一般向けの心理・メンタルケア・メンタルヘルスの教育の実施により、「日常でも役立てられる明日から実践」講座を実施しています。2006年設立 日本学術会議協力学術研究団体

メンタルケア学術学会 http://www.mental-c.com/index.htm

※最少催行人数7名

この講座の受講対象

本講座に興味持つ方どなたでも

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2014年
10月19日
13:00-14:30

〔1限目〕

1.高齢化の現状理解と今後について
2.中年期の心の健康
2 2014年
10月19日
14:40-16:10

〔2限目〕

1.中高年としての“社会”への関わり、社会参加
2.青年期との相互作用
3.高齢期の価値

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

雨森 雅哉

雨森 雅哉

メンタルケア学術学会講師
心理学修士 メンタルケア心理専門士®
大学・専門学校非常勤講師、メンタルケア学術学会研修講座、心理スクール等で心理学教育を行う。社会心理学を専門とし、心理カウンセラーを目指す専門教育から、心理学を日常に活かせる実用講座まで幅広く活動している。

所属学会:日本心理学会、日本応用心理学会、日本発達心理学会、日本健康心理学会、日本子育て学会
著書:「発達科学ハンドブック」(分担執筆)新曜社