情報社会の諸問題

情報社会の諸問題

講師 山鹿貴史
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 2,000円(税込)
講義時間・回数 90分×1回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

現代社会は、情報通信技術の発達により「高度情報社会(情報化社会)」とも呼ばれています。情報通信技術は、私たちの生活や業務には欠かせない要素となりましたが、他方で、情報技術を悪用する犯罪行為なども横行し、そうした被害に遭う危険性という側面も孕んでいます。
本講座では「現代社会と情報」をキーワードに、社会における情報技術と、それらに関わる諸問題について事例を紹介しつつ、参加者と双方向での検討を行います。

この講座の受講対象

学校や企業(組織)など、情報技術に関わる職業人のほか、広く関心を抱く方であれば、どなたでもご参加いただけます。

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2014年
12月03日
18:30 – 20:00

〔情報社会の諸問題〕

社会と情報に関する諸問題について、参加者との双方向による議論・検討を行います。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

山鹿 貴史

山鹿 貴史

東京都生まれ。玉川大学教育学部卒業。桜美林大学大学院大学アドミニストレーション研究科
(通信)修士課程在学中。
学校法人財務部勤務(大学事務職員)を経て、現在は通信制高校専攻科で非常勤講師を務める他、
全日制高校情報科や私立大学情報システム系部門等にも勤務する。
著書に『若者と高等教育』(BookWay、2012年)等。
日本通信教育学会、日本情報科教育学会、八洲学園大学市民フェロー研究会等に所属。