• HOME
  • 公開講座一覧
  • 教養を深める
  • 赤レンガ読書会「あたえる人があたえられる」「あなたがあたえる 大富豪ピンダーの夢をかなえる5つの秘密」ボブ・バーグ、ジョン・デイビッド・マン (著) ~読書をよりアクティブな

赤レンガ読書会「あたえる人があたえられる」「あなたがあたえる 大富豪ピンダーの夢をかなえる5つの秘密」ボブ・バーグ、ジョン・デイビッド・マン (著) ~読書をよりアクティブな

赤レンガ読書会「あたえる人があたえられる」「あなたがあたえる 大富豪ピンダーの夢をかなえる5つの秘密」ボブ・バーグ、ジョン・デイビッド・マン (著) ~読書をよりアクティブな

講師 赤レンガ読書会
受講形態 来校のみ
受講料 2,000円(税込)
講義時間・回数 180分 × 1回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

赤レンガ読書会は、あらかじめ設定された課題本を読み、本の感想などを思う存分に話し合い、読書をよりアクティブなものへと発展させ、その効果を最大限に引き出す講座です。

本について語り合い、自分自身の感想や意見をアウトプットすることで記憶を整理・強化できるばかりでなく、他の参加者と意見を交わすことで、新しい視点に気づくことができます。また、読書会は会話形式で自由に展開されるため、コミュニケーション能力の向上にも役立ちます。楽しく気楽に話せる雰囲気の読書会で、本の世界を深め、知識を高め、コミュニケーションを楽しみましょう。

※赤レンガ読書会の講座では、読書会の司会進行役という意味での講師になりますので、講師は課題本によって異なります。

この講座の受講対象

■読書が好きな方。本の内容をアウトプットしたい方。読書の習慣をつけたい方。
■読書を通して多くの人と交流したい方。コミュニケーション能力を磨きたい方。

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2015年
07月11日
14:00~17:00
今回の課題本は2冊ですが、内容は同じようですので、どちらか一冊の本を課題本としてお選びください。
課題本1:「あたえる人があたえられる」
ボブ・バーグ 、ジョン・デイビッド・マン(著)
ノルマ達成が危うくなったジョーは、起死回生の策として、「伝説のコンサルタント」と呼ばれる謎の大物にいきなり面会を申し込む。すると相手は意外にもすんなり了承し、さらには、とてつもない成功を収める秘訣まで教えてくれるという…いたってシンプルなこの物語が、世界中のビジネスパーソンの心をつかみつづけるのはなぜか?
目次
第1章 野心家の思惑
第2章 秘訣
第3章 価値の法則
第4章 約束を果たす
第5章 収入の法則
第6章 とにかくやってみる
第7章 彼女の正体
第8章 影響力の法則
第9章 妻の恋文
第10章 本物の法則
第11章 ついに謎を解く
第12章 受容の法則
第13章 思わぬ電話
第14章 与える人生の喜び
五つの法則
課題本2:「あなたがあたえる 大富豪ピンダーの夢をかなえる5つの秘密」  ボブ・バーグ 、ジョン・デイビッド・マン(著)
大富豪ピンダーと一緒にあなたは5人の「ゲスト」に会う。あなたは「とてつもない」成功のための5つの法則を学ぶ――。アメリカビジネス界に実在する大富豪をヒントに、伝説のセールスマンとビジネスライターがタッグを組んで、寓話のなかから「成功」の法則を学べるように工夫した本です。カラーの装画を担当するのは『夢をかなえるゾウ』のガネーシャのイラストで大ブレイク中の矢野信一郎氏。
目次
いけいけ野郎 Go‐Getter
謎の大人物
第一の法則
ジョー、ライバルに勝ちをゆずる
第二の法則
ジョー、仲間にコーヒーを配る
生活する、たくわえる、奉仕する―レイチェルの物語
第三の法則
妻からの置き手紙
第四の法則
ガスの正体
第五の法則
これで、ぐるりとまわった
(内容紹介より)

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

赤レンガ読書会

赤レンガ読書会

赤レンガ読書会は、もともとは本好きの友人同士が集まったお茶会でした。

それがやがて「赤レンガ読書会」となり、ホームページ(http://akarenga.main.jp/)にて一般の参加者を集めて、横浜・東京で読書会を開催するようになりました。参加者の年代や男女比は課題本によって多少異なりますが、年代は10代~60代まで幅広く、男女比もほぼ同じです。20代~30代の若い世代が特に熱心に議論に参加して下さり、会話が盛り上がります。

※読書会では誰もが気持ちよく発言、参加できるよう、いくつかルールを設けております。
※左上:安下祐輔氏/右上:米山則子氏
 左下:阿部貴之氏/右下:粟野隆文氏