【八洲学園大学開放授業】女子学概論

【八洲学園大学開放授業】女子学概論

講師 池内ひろ美
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 17,000円(税込)
講義時間・回数 90分×15回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

近年「女子力」がさまざまな場面で語られています。「女性」でもなく「女」でもない「女子」は日本独自の概念でもあります。10代、20代といった若い世代だけでなく、日本では40代女子、50代女子といった言葉も見受けられます。
女性として生まれたご自身を真摯に受け止めることができるよう、また、ご自身の価値観を大切にしたうえで幸せを感じて生きられる方法を「女子学」で学んでいただくことができます。テキストの上だけでなく日常の中で活用できる講座内容です。
家族、恋愛、結婚、仕事、社会貢献、さまざまな場面で「女子」としてのパワーを活かしていきましょう。

自分自身の「女子力」を上げて、女性として社会の役に立つ存在となるための視点を学びます。

この講座の受講対象

どなたでも
※この講座は八洲学園大学開放授業として、本学正規科目「女子学概論」を学生とともに受講します。
(入門的な内容で、高校卒業程度の学力が必要)

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2016年
11月05日
9:00-10:30
「女子」の定義と「女子学」を行うことの意味
かわいらしさやモテ要素あるいは家事のスキルの高さといった「女子力」ではなく、ルックスを含めたあらたな意識で社会を変えうる力を学びます。
2 2016年
11月05日
10:40-12:10
歴史
原始時代から古代、近代、現代にいたる「女子」が生きてきた環境と文化について知ることから、自分自身の生き方の指針を見つけます。
3 2016年
11月05日
13:00-14:30
教育
家庭教育、学校教育、社会教育における「女子」の位置づけによってできあがった良い面を認め、そうではない面は改善していきましょう。
4 2016年
11月05日
14:40-16:10
コミュニケーション
家族関係、友人関係、恋愛関係等におけるコミュニケーションの必要性を知り、円滑なコミュニケーションのための具体的方法を身につけましょう。
5 2016年
11月12日
9:00-10:30
健康
恋愛、結婚、仕事いずれにおいても健康であることは自分自身を守ることにもつながります。身体と心を整える方法を中心に学びます。 
6 2016年
11月12日
10:40-12:10
恋愛
誰と、いつ、どのような恋愛をするか。自らを高めていくことのできる恋愛をするための相手選びをするためにふりかえり反省も行います。
7 2016年
11月12日
13:00-14:30
男女の違い
身体の違い、脳の違い、会話の違いから男女の違いと互いが求めるものの違いを知り、男らしさ、女らしさを大切にしていきます。 
8 2016年
11月12日
14:40-16:10
恋愛のリスク
DV、デートDV、モラル・ハラスメントなどを分析し、大切にされる恋愛に向かいましょう。不倫の功罪も知っておきたいことです。 
9 2016年
11月19日
9:00-10:30
結婚
未婚化、晩婚化の時代のなかで、恋愛と結婚の違いを知り、相手選びの大切さと幸せを感じて生きることのできる結婚生活を目指します。
10 2016年
11月19日
10:40-12:10
夫婦
個人の人生ではなく、夫婦単位でのライフサイクルを考え、その時期に合わせた明確な目的とパートナシップを持って夫婦を行いましょう。 
11 2016年
11月19日
13:00-14:30
家族
日本の家族システムは世界の中でも特殊な面があります。グローバル時代だからこそ家族関係の見直しとそれぞれの役割の明確な把握も必用です。 
12 2016年
11月19日
14:40-16:10
仕事
女性活躍推進時代だからこそ大切なキャリアデザインと、自分自身のワークライフ・バランスをイメージし整えておきましょう。 
13 2016年
11月26日
9:00-10:30
セルフ・ブランディング
自分自身のブランディングをどこに向けて行うか明確にします。仕事、恋愛、家族に向けてのブランディングの違いを知っておきましょう。
14 2016年
11月26日
10:40-12:10
バリュー・ファクター
自分自身の価値観を掘り下げて知り、価値観の核となる3つの視点からバリュー・ファクターを明らかにしていきます。 
15 2016年
11月26日
13:00-14:30
チェンジ・メーカー
変革を生み出す人という意味のチェンジ・メーカーではなく、世界を変えることのできる存在となるために「美女3.0」を目指します。 

インターネット対応講座は、各開講日の翌日から講座の録画(オンデマンド)が配信されます。視聴期限は最終開講日より1ヵ月間です。ご都合の合わない方でもお申込みいただけましたら、オンデマンドで視聴頂けます。

※オンデマンド配信期間中もお申込みいただけます。
オンデマンド配信のみの講座等は配信期間が異なりますので、ご注意ください

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

池内 ひろ美

池内 ひろ美

八洲学園大学 教授。夫婦・家族問題評論家。東京家族ラボ主宰。日本ペンクラブ会員。作家。西日本短期大学非常勤講師。教育再生をすすめる全国連絡協議会世話人。一般社団法人日本女子力推進事業団代表理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。

1961年岡山生まれ。一女の母。専業主婦から離婚を経て著作活動に入る。
1996年より、弁護士・精神科医・心理カウンセラー等専門家が参加する「東京家族ラボ」を主宰。結婚と離婚、恋愛、親子関係のコンサルティング・心理カウンセリング・ワークショップ・調査研究等を行う。男性・女性とも訪れる個人相談者の人数は3万人を超え、従来のフェミニズムとは異なる視点からのアプローチ等、高く評価されている。
2012年、国連が定めた「国際ガールズ・デー」を受けて、「一般社団法人日本女子力推進事業団(通称:ガール・パワー)」を設立。顧問である安倍昭恵(内閣総理大臣夫人)、竹内エリカ(日本キッズダンスコーチング協会代表理事)等と共に、日本の女子力を上げて日本と世界を救うことを目的としている。

▼主な著作
『結婚の学校』(幻冬舎)、『男の復権』(ダイヤモンド社)、『妻の浮気』(新潮新書)
『良妻賢母』(PHP新書)、『勝てる!?離婚調停』(日本評論社)、『大好きな彼から選ばれるための25の法則』(スターツ出版)、等多数。

▼マスコミ関係
-テレビ出演-
TBS『私の何がいけないの?』
テレビ朝日『ワイド!スクランブル』
日本テレビ『シアワセ結婚相談所』他随時

-ラジオ出演-
ラジオ文化放送『ウィークエンドをつかまえろ』
ラジオ日本『マット安川のずばり勝負』他随時