大学生入門 レポートにおける「敬意」と「感謝」 (2017年度バージョン)

大学生入門 レポートにおける「敬意」と「感謝」 (2017年度バージョン)

講師 小関慶太
受講形態 インターネット配信
受講料 一般:3,000円(税込)
八洲学園大学学生:無料
講義時間・回数 60分×1回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

「レポートにおける敬意と感謝」と題して、レポート執筆の際のマナーやルールについてお話をします。
皆さん「剽窃(ひょうせつ)」「コピペ」と聞くことがあるかと思いますが、これがどういったことなのかを十分に理解していないがゆえ、文献表記がおろそかになってしまうのではないかと思います。
本講座では、大学生としてレポートを書く際にどのような配慮が必要であり、ルールやマナーを守らないと、どのような代償が待ち受けているのかについてお話をしていきます。講座を通して、レポートの取り組み方などについて意識を変えてみませんか。なお2016年度開講した内容に応用編を加えていますので再受講をお勧めします。

【オンデマンド開講】平成29年5月22日(月)~平成30年3月10日(土) 期間中は繰り返し視聴可能です。

この講座の受講対象

どなたでも可能
八洲学園大学学生

日程と内容について  オンデマンド配信中

日程 時間 内容
1 【オンデマンド開講】
平成29年5月22日(月)~平成30年3月10日(土)
【レポートにおける敬意と感謝】
レポートを書く際にどのような配慮、マナー、ルールそして、各人が持つべき意識とこれらに
反する行為をした場合にどのような代償が待ち受けているのかやさしく説明します。
(一部分野によって表記方法が異なる場合があります。)

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

小関 慶太

小関 慶太

1981年生まれ、道産の浜っ子(北海道生まれ、横浜育ち)

八洲学園大学 生涯学習学部 専任講師
正規担当科目:「現代社会と少年非行」「犯罪と心理」「刑事政策」「犯罪と法」
中央大学法学部 インストラクター

■詳細
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_koseki.php

公開講座では、市民に対する刑事法教育(・法教育)や高校生やその保護者も楽しみながら学べる講座を展開しています。また本学正規テキスト科目補助講座、大学生向けの知識を高める講座等を開講しています。学ぶ楽しみは知らないことを知ること、さらに自分なりの面白味を見つけることです。大学に入学して学ぶことに躊躇してしまうけれども、まず学びの第一歩として公開講座で一緒に学んでみませんか。