学校図書館における電子書籍の活用を考える

学校図書館における電子書籍の活用を考える

講師 野口 武悟 ,植村 八潮 ,有山 裕美子
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 1,500円(税込)
講義時間・回数 180分×1回
途中休憩有り
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

大学図書館および公共図書館を中心に電子書籍の図書館利用が進展する中、学校および学校図書館でも電子書籍利用への期待が高まってきている。しかし、その一方、デジタル教科書以外には具体的な電子書籍導入への展開が見られない。
こうした状況を打破するため、講師陣は共同研究を行い、学校図書館における電子書籍への期待と実態の乖離を正確に把握し、学校図書館での電子書籍利活用への道筋を作るための取り組みを行っている。
本講座ではこれまでの研究成果を紹介するとともに、学校図書館における電子書籍利活用に向けた課題について考える。

*本講座で報告する内容は、公益財団法人図書館振興財団平成28年度振興助成事業の成果の一部です。
*本講座は、一般社団法人電子出版制作・流通協議会の協力のもと開講いたします。

開講日翌日から 1 ヶ月間は、講座の録画をインターネットで配信いたしますので、
下記日程でご都合の合わない方でもお申込いただけます。

この講座の受講対象

学校図書館関係者、出版関係者、その他関心のある方

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2017年
08月06日
14:00-14:50
教職員の電子書籍利用についての意識(野口)
2 2017年
08月06日
15:00-15:50
児童生徒の電子書籍利用の現状と展望(植村)
3 2017年
08月06日
16:00-17:00
学校図書館における電子書籍活用のあり方
〜工学院大学附属中高での取り組みを踏まえて (有山)

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

野口 武悟

野口 武悟

専修大学文学部・大学院法学研究科教授、放送大学客員教授
栃木県下野市(旧国分寺町)生まれ。埼玉大学教育学部卒業、筑波大学大学院図書館
情報メディア研究科博士課程修了、博士(図書館情報学)。2006 年より専修大学に奉職。
現在、日本子どもの本研究会(JASCL)会長、神奈川県小田原市図書館協議会副委員
長、茨城県守谷市図書館協議会副委員長なども務める。専門は、図書館情報学、特別支援教育など。
主な著書に『一人ひとりの読書を支える学校図書館:特別支援教育から見えてくるニーズとサポート』(編著、読書工房、2010 年)、『新訂 学校経営と学校図書館』(共編著、放送大学教育振興会、2013 年)、『多様性と出会う学校図書館:一人ひとりの自立を支える合理的配慮へのアプローチ』(共編著、読書工房、2015 年)、『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告 2015』(共編、ポット出版、2015 年)、『図書館のアクセシビリティ』(共編著、樹村房、2016 年)など。

植村 八潮

植村 八潮

専修大学文学部教授 
日本出版学会会長、納本制度審議会委員
IEC(国際電気標準会議)TC100/TA10(eブック標準化分科会)マネージャー 1956年生まれ、東京電機大学工学部卒業。東京経済大大学院博士課程修了。博士(コミュニケーション学) 1978年東京電機大学出版局勤務、同局長を経て、2012年より専修大学文学部教授(博士)および(株)出版デジタル機構代表取締役に就任。 2014年6月(株)出版デジタル機構取締役会長を退任。 専門は出版学で日本の電子書籍の研究・普及・標準化に長らく携わっている。
著作として『電子出版の構図:実体のない書物の行方』(印刷学会出版部、2010年)など。

有山 裕美子

有山 裕美子

工学院大学附属中学校・高等学校 国語科教諭・司書教諭
都留文科大学、法政大学、玉川大学非常勤講師
東京都武蔵野市出身。都留文科大学文学部初等教育学科、玉川大学文学部卒業、日本大学大学院総合社会情報研究科文化情報専攻修了、修士(文化情報学)
大学卒業後、公立小学校の教員に。出産を機に退職し育児中に通信教育で司書と司書教諭の資格を取得する。 8年半の公共図書館非常勤職員を経て、現在は中学・高等学校で国語科兼司書教諭を務めるほか、3つの大学で司書・司書教諭課程の非常勤講師を務める。専門は児童文学(モーリス・センダック研究)