授業フォロー講座 要約のテクニックとトレーニングを学ぶ

授業フォロー講座 要約のテクニックとトレーニングを学ぶ

講師 小関慶太
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 500円(税込)
講義時間・回数 60分×1回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

2016年秋、2017年春に「授業フォロー講座 レポート作成への近道 要約問題をマスターしましょう」を開講しました。2017年秋は、これまでのテクニック部分に+αとして、トレーニングを加えて行っていきます。 さて「要約レポート」と聞くと「論作文を作るレポート」よりも簡単だと思いがちです。確かに事前に教材が指定されているから資料集めから解放されるので楽と思いがちです。確かに準備をする段階では、論作文よりは楽です。論作文は自分の考えを裏付ける、支えるための客観的なデータを集めるための準備の過程が大切になってきます。それに対して要約は外観を変えずに内観のみを変えるものです。

そこで本講座では要約の仕方(テクニック)と実際にトレーニングを積んで、要約問題を解けるように考えていきます。
なお要約は、すべてのレポートを書く際に必要なテクニックになります。よってレポートをたくさん書く、通信制大学の学生の皆さんにはしっかり学んでもらいたく思います。
※講師の担当科目のフォロー講座です。
※2018年3月10日までオンデマンド配信をします。

この講座の受講対象

どなたでも

日程と内容について  オンデマンド配信中

日程 時間 内容
1 2017年
11月05日
13:00-14:00
【要約のテクニック】
要約をするときの注意事項、テクニック、文献の扱い方について説明します。
【要約のトレーニング】
例題を使ってトレーニングをします。
問題は、開講日までに教材にアップしますので講義前までに必ず目を通しておくようにしてください。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

小関 慶太

小関 慶太

1981年生まれ、道産の浜っ子(北海道生まれ、横浜育ち)

八洲学園大学 生涯学習学部 専任講師
正規担当科目:「現代社会と少年非行」「犯罪と心理」「刑事政策」「犯罪と法」
中央大学法学部 インストラクター

■詳細
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_koseki.php

公開講座では、市民に対する刑事法教育(・法教育)や高校生やその保護者も楽しみながら学べる講座を展開しています。また本学正規テキスト科目補助講座、大学生向けの知識を高める講座等を開講しています。学ぶ楽しみは知らないことを知ること、さらに自分なりの面白味を見つけることです。大学に入学して学ぶことに躊躇してしまうけれども、まず学びの第一歩として公開講座で一緒に学んでみませんか。