明治150年記念 初代横浜市長 増田 知 壬生藩尊攘派剣士の知られざる青春

明治150年記念 初代横浜市長 増田 知 壬生藩尊攘派剣士の知られざる青春

講師 大橋 弘
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 1,000円(税込)
講義時間・回数 90分×1回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

本講座は大政奉還から数えると平成29年が、明治元年から数えると平成30年が「明治150年」に当たることを記念して計画されました。初代の横浜市長は私の生まれ育った栃木県下都賀郡壬生町、かつての壬生藩3万石の出であります。水戸学の影響を強く受けた地域にもかかわらず尊王攘夷の志士がどのようにして外国に開かれた横浜の市長になるに至ったか、わかる限りの資料を基に探ってみようという試みです。高杉晋作との出会い、剣道修行から必然的に身につくことの二点に絞って考察してみました。150年前の壬生藩にタイムスリップして、どのようにして生き延びたか藩校「学習館」の秀才剣士増田の足跡を辿ってみませんか?

この講座の受講対象

今までの「明治維新」観を覆すような本が書店に溢れています。維新観の見直しのチャンスです。現代の社会に直結する明治維新に関心のある方ならどなたでも大丈夫です。また、現代剣道と刀を使う剣道はどう違うのか、簡単な刀法にも触れます。日本刀に関心のある方もどうぞ。

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2018年
02月10日
10:00-11:30
1・初代横浜市長は尊王攘夷派の剣客だった
2・市長の故郷壬生の今昔
3・増田知と壬生と鳥居家
4・増田、高杉晋作と試合
5・若年寄り、藩主鳥居忠挙の死
6・増田ら、江戸家老鳥居志摩を粛清
7・壬生藩尊王攘夷派の志士・増田 知
8・壬生藩と水戸学
9・町道場文化
10・江戸から明治へ
11・維新後の増田と尊王攘夷派の仲間たち
12・星雲の志
13・おわりに

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

大橋 弘

大橋 弘

宇都宮大学大学院修士課程教育学研究科国語専修修了・県立高等学校に教諭として42年務める。その間多くの校種を経験し、いわゆる教育困難校での分かる授業には定評があった。気が向くと明治維新に題材をとった小説を書き、県芸術祭小説部門準文芸賞(2位)、県芸術祭小説部門奨励賞第一席(3位)2回、に入選している。室生犀星文学賞では一次選考に残った。剣道教士七段の経験から描く殺陣は非常にリアルである。磐裂根裂神社の権禰宜も務め、祈祷を依頼されると祝詞はその都度新しく作り、終わると依頼者に差し上げている。自治体の生涯学習講座で近代日本文学の講師を5年務めた。生前の深沢七郎と親交があり著書に『虚無を生きるー深沢七郎入門―』がある。剣道道場「書劍林」館長として身体の運用について研究している。