講師一覧

鎌田 和宏

鎌田 和宏

帝京大学 教育学部・同大学大学院教職研究科 教授 東京都の公立学校、東京学芸大学附属世田谷小学校、筑波大学附属小学校を経て現職。 研究分野は教育方法(情報リテラシー教育・授業研究)、社会科教育。学校図書館を活用 した授業の授業研究に取り組んできた。勤務先、信州大学等で司書教諭講習科目を担当。 著書に『小学生の情報リテラシー~教室・学校図書館をつないで~』(2007 年、少年写真 新聞社)『入門 情報リテラシーを育てる授業づくり~教室・学校図書館・ネット空間を結 んで~』(2016 年、少年写真新聞社)、編著書に『先生と司書が選んだ調べるための本: 小学校社会科で活用できる学校図書館コレクション』(2008 年、少年写真新聞社)、『改 訂新版 学習指導と学校図書館』(2016 年、放送大学教育振興会)等がある。

竹田 葉留美

竹田 葉留美

八洲学園大学 准教授・臨床心理士

◆大学や専門学校で臨床心理学を中心としたカウンセリングやコミュニケーション、ストレスマネジメント教育を行う。また管理栄養士や作業療法士、理学療法士など、対人援助職を目指す方々のための講座や、企業でのメンタルヘルスを中心とした各種研修、心理学に興味をお持ちの方のためのセミナーなど、心理学を日常に活かす講座を実施している。

◆研究領域:臨床心理学、社会心理学、観光心理学など。特に記憶とメンタルヘルスとの関係や、 旅行・観光とメンタルヘルスを研究する「メンタルヘルスツーリズム」など。

◆所属:日本心理学会、日本心理臨床学会、日本産業組織心理学会、日本産業ストレス学会、
日本臨床心理士会、東京臨床心理士会

◆著書:「自ら挑戦する社会心理学」土肥伊都子編著(共著)保育出版社
「習慣を変えれば、人生は変えられる」郭 錦珠著 小口孝司監修(編集協力)教育評論社

中山 美由紀

中山 美由紀

成城学園高等学校専任司書教諭、千葉市学校図書館指導員を経て,2004 年より2017年3月まで東京学芸大学附属小金井小学校非常勤司書。司書教諭講習講師、埼玉大学、青山学院大学、専修大学、立教大学ほか複数の私立大学で非常勤講師として司書教諭科目を担当。


日本図書館協会代議員、日本子どもの本研究会監事、図書館情報学会会員。学校図書館専門職員の役割は教員とともに図書館の機能をもって子どもを育てることであるとし、蔵書構築、教育課程、協働を活動の核として、実践してきた。 2009 年に東京学芸大学の文部科学省委託事業として「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」を開設、2017年3月まで運営。現在は外部協力者として参加している。

共著
『先生と司書が選んだ調べるための本』(少年写真新聞社 2008 年)
『シカゴ・ボストン・ニューヨークに見る探究学習を支える学校図書館』
(全国学校図書館協議会 2009 年)
『学習指導と学校図書館』(全国学校図書館協議会 2010 年)
『多文化に出会うブックガイド』(読書工房 2011 年)
『鍛えよう!読むチカラ』(明治書院 2012 年)
『困った時には図書館へ 2 学校図書館の挑戦と可能性』(悠光堂 2015 年)
「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」
http://www.u-gakugei.ac.jp/~schoolib/htdocs/

上原 アキラ

上原 アキラ

大手電力会社で勤務後、2012年にオーダースーツブランドにスカウトされ、スーツ事業へ転職。
新ブランド店舗立ち上げに携わり、販売・企画・育成・マネージメントを経て、2016年に独立。
パーソナルスタイリングは述べ1000人以上。
現在はスーツスタイリストとして、首都圏を中心に、日本全国で出張オーダー・スタイリング会を開催。
日本に、より伝統的で身近な存在となるスーツ文化を拡げていくために、活動中。

佐藤 剛史

佐藤 剛史

作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教。1973年、大分県生まれ。農学博士。
年間の講演回数は100回を超える。
2012年、九州大学において、「恋愛」「結婚」「妊娠」「出産」「子育て」「仕事」「ワークライフバランス」等々、自らのトータルライフプランを主体的に考えるためのワークショップ・プログラム『婚学』を開講。20名の定員に最大250名の学生が殺到し、学生による授業評価は学内最高レベル。多くのメディアに取り上げられる。
主な著書に『結婚できる婚学教室』(集英社)、『結婚検定』(ジービー)、『大学で大人気の先生が語る〈恋愛〉と〈結婚〉の人間学』 (岩波ジュニア新書)等がある。
新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数。

野口 武悟

野口 武悟

専修大学文学部・大学院法学研究科教授、放送大学客員教授
栃木県下野市(旧国分寺町)生まれ。埼玉大学教育学部卒業、筑波大学大学院図書館
情報メディア研究科博士課程修了、博士(図書館情報学)。2006 年より専修大学に奉職。
現在、日本子どもの本研究会(JASCL)会長、神奈川県小田原市図書館協議会副委員
長、茨城県守谷市図書館協議会副委員長なども務める。専門は、図書館情報学、特別支援教育など。
主な著書に『一人ひとりの読書を支える学校図書館:特別支援教育から見えてくるニーズとサポート』(編著、読書工房、2010 年)、『新訂 学校経営と学校図書館』(共編著、放送大学教育振興会、2013 年)、『多様性と出会う学校図書館:一人ひとりの自立を支える合理的配慮へのアプローチ』(共編著、読書工房、2015 年)、『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告 2015』(共編、ポット出版、2015 年)、『図書館のアクセシビリティ』(共編著、樹村房、2016 年)など。

植村 八潮

植村 八潮

専修大学文学部教授 
日本出版学会会長、納本制度審議会委員
IEC(国際電気標準会議)TC100/TA10(eブック標準化分科会)マネージャー 1956年生まれ、東京電機大学工学部卒業。東京経済大大学院博士課程修了。博士(コミュニケーション学) 1978年東京電機大学出版局勤務、同局長を経て、2012年より専修大学文学部教授(博士)および(株)出版デジタル機構代表取締役に就任。 2014年6月(株)出版デジタル機構取締役会長を退任。 専門は出版学で日本の電子書籍の研究・普及・標準化に長らく携わっている。
著作として『電子出版の構図:実体のない書物の行方』(印刷学会出版部、2010年)など。

有山 裕美子

有山 裕美子

工学院大学附属中学校・高等学校 国語科教諭・司書教諭
都留文科大学、法政大学、玉川大学非常勤講師
東京都武蔵野市出身。都留文科大学文学部初等教育学科、玉川大学文学部卒業、日本大学大学院総合社会情報研究科文化情報専攻修了、修士(文化情報学)
大学卒業後、公立小学校の教員に。出産を機に退職し育児中に通信教育で司書と司書教諭の資格を取得する。 8年半の公共図書館非常勤職員を経て、現在は中学・高等学校で国語科兼司書教諭を務めるほか、3つの大学で司書・司書教諭課程の非常勤講師を務める。専門は児童文学(モーリス・センダック研究)

安彦 大地

安彦 大地

行動心理士。大学在学中、接客業に携わり、1年間営業のトップに輝く。そのノウハウを生かし、東京・神奈
川を中心に異性とのコミュニケーションセミナーや講演などを務める。「みんなのニュース」や「AbemaTV」
,ラジオに出演経験有。現代の情報化社会におけるコミュニケーションの低下により、同性はもちろんのこと
異性とコミュニケーションを取れる人が減少しているため、異性と触れ合う職業に就いている方向けに講義。

佐久間 英明

佐久間 英明

法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了。取得学位:修士(経済学)
2004年3月(設立)~2016年8月(解散) 特定非営利活動法人しらゆり生活支援センター理事長。
2009年4月~2012年9月 東京福祉専門学校非常勤講師。高齢なホームレスの方に対する支援を
中⼼にボランティア活動をはじめ、ボランティア団体を主宰、その後NPO化し約12年の活動を行う。

利倉 章子

利倉 章子

国立情報学研究所(旧東京大学文献情報センター、学術情報センター)に、「学術雑誌総合目録」編纂の事務補佐として勤務。その後NPO法人大学図書館支援機構会員として、国立情報学研究所主催の目録システム講習会雑誌コース講師を務める。

大橋 弘

大橋 弘

宇都宮大学大学院修士課程教育学研究科国語専修修了・県立高等学校に教諭として42年務める。その間多くの校種を経験し、いわゆる教育困難校での分かる授業には定評があった。気が向くと明治維新に題材をとった小説を書き、県芸術祭小説部門準文芸賞(2位)、県芸術祭小説部門奨励賞第一席(3位)2回、に入選している。室生犀星文学賞では一次選考に残った。剣道教士七段の経験から描く殺陣は非常にリアルである。磐裂根裂神社の権禰宜も務め、祈祷を依頼されると祝詞はその都度新しく作り、終わると依頼者に差し上げている。自治体の生涯学習講座で近代日本文学の講師を5年務めた。生前の深沢七郎と親交があり著書に『虚無を生きるー深沢七郎入門―』がある。剣道道場「書劍林」館長として身体の運用について研究している。

佐々木 達行

佐々木 達行

現在:八洲学園大学 教授 千葉大学非常勤講師、東京福祉大学非常勤講師
経歴:筑波大学附属小学校教諭、横浜国立大学、群馬大学、筑波大学非常勤講
師、宮崎大学教授、千葉大学教授を経て現在に至る

都留 覚

都留 覚

現在:國學院大學栃木短期大学 准教授  東洋大学非常勤講師
経歴:筑波大学附属小学校教諭、筑波大学非常勤講師、八洲学園大学非常勤講師,
ミャンマー国基礎教育改善アドバイザー運営指導調査団講師、等

英 利樹

英 利樹

兵庫県生まれ。岡山大学大学院 理学部物理学科卒業。 大学院卒業後、大手メーカ、コンサルティング会社などを経て、2016年に独立開業。 大手メーカでは設計開発に従事。その後、コンサルティングファームに入社し、数十社の業務改善を行う。コンサルティングを通して、ヒューマンスキルを苦手としている方の多くが十分な教育を受ける機会が無かったことに着目し、個人への支援にも業務範囲を広げ、5年で200名以上のヒューマンスキル向上を支援。 1人1人が持つ特性をより輝かせるための『ヒューマンスキル向上』をより多くの方に提供するために日々奔走している。

仁上  幸治

仁上 幸治

仁上幸治 (にかみ・こうじ)
早稲田大学図書館司書、帝京大学総合教育センター准教授を経て現職。法政大学・亜細亜大学・東京家政大学・桜美林大学・和光大学・玉川大学で非常勤講師。私立大学図書館協会企画広報研究分科会代表、日本図書館協会図書館利用教育委員会委員などを歴任。図書館員研修や社会人講座などの講演は生涯合計200本を超える。
【著書・論文・記事】
・『図書館員のためのPR実践講座―味方づくり戦略入門―』樹村房, 2014.
・研究文献レビュー「図書館の「広報」は進化しているか?―説明責任と自己アピールの時代に求められる理論と実践―」『カレントアウェアネス』No.305, 2010.9, pp.16-24(CA1728).
・ライブラリービデオシリーズ『情報の達人』全3巻(DVD), 紀伊國屋書店, 2007(共監修). など多数。

【所属】
図書館サービス計画研究所(トサケン) 代表
ホームページ: http://sites.google.com/site/nikamik23/

足立 幸子

足立 幸子

新潟大学教育学部准教授
全国大学国語教育学会 地区理事
日本読書学会 理事・常任編集委員
新潟大学教育学部で、小学校及び中学校の教員養成を行っている。担当は、国語科教育
法で、小学校及び中学校の国語科の授業の作り方を講義している。研究は、読むことの
指導(特に読書指導)を中心に行っている。

◇著書
・柴田義松他編『あたらしい国語科指導法』四訂版、学文社、2014 年(「第2章 国語
科教育の内容と方法 第6節 読書指導・読み聞かせ」「第5章 新しい国語科の授業
実践 第1節 読書へのアニマシオン」を執筆担当)
・金沢みどり他著『読書と豊かな人間性』全国学校図書館協議会、2011 年(「第Ⅳ章 発
達段階に応じた読書指導」を執筆担当)

経営者3名

経営者3名

山田浩和氏(合資会社笑う門代表社員)
2003年、合資会社「笑う門」を設立。販売促進企画、グラフィックデザイン /商店街活性、地域まちづくりなどで活躍。「オンリーワンの価値創り」を提供。各社・各店・各個人が持つ十人十色・百人百色の目に見えない財産(経験・体験・知識・技術・ノウハウ・アイデア等)を活かした販売促進企画・商店街活性・まちづくりを推進している。

合資会社笑う門  http://www.warau-kado.com/

菅間大樹氏(Mind one代表)
大学社会学部卒業後、メディア制作会社にて地域情報と就職情報の発信に従事。また広告代理店でも求人情報の担当として活躍。現在は、個人事業主として、広告制作、雑誌・Web編集に携わる。また、障害者の雇用分野でも一般社団法人ペガサスの一員として活躍している。

<ファシリテーター>
藤森純一(+ONE共同代表、八洲学園大学専任講師)
士業グループである+ONEを立ち上げ、共同代表を務める。八洲学園大学では、コンプライアンスを主なテーマとして多数の講義を担当。実務経験と理論に基づく実践的な講義を展開。神奈川県中小企業家同友会青年部副部会長。政策委員副委員長。

企業経営者4名

企業経営者4名

<パネラー>
荒井昭貴氏(有限会社荒井電機工事代表取締役)
高校時代と前職時代に人生を変えてしまうほどの大きな挫折を2回も味わう。自暴自棄になりかけた時期を経て、父が経営する有限会社荒井電気工事に入社。事業承継後、リーマンショックを契機に、会社を、そして社員を守ることを自分のミッションと覚悟したリーダー。

有限会社荒井電気工事 http://www.arai-denkikouji.com/

鈴木幹男氏(株式会社キソ―工業代表取締役)
株式会社キソ―工業に入社後、設計開発に携わり、様々な苦労を重ねながらリーダーの頭角を現していき、その後、先代から3代目として指名を受ける。親族外で会社引き継いだ心優しきリーダー。

株式会社キソ―工業  http://www.yokohama-kiso.co.jp/ 

中島賢太氏(株式会社ナック代表取締役)
事業承継による社長就任後に次々と社員が辞める等、さまざまな課題に直面。その原因は何だったのか…。勘違いリーダーから真のリーダーとは何かを問い続けるリーダー。苦悩の先に見えた本当に目指したいこと。世の中を見つめ新規事業も積極的に展開するリーダー。

株式会社ナック http://www.kk-nac.co.jp/company/
3名は、神奈川県中小企業家同友会・青年部にて幹事として活躍。鈴木幹男氏は前青年部会長、中島賢太氏は現青年部会長として、若い経営者たちのリーダーとしても活躍しています。また、荒井昭貴氏は、鈴木氏・中島氏の二人のリーダーを支えています。

<ファシリテーター>
藤森純一(+ONE共同代表、八洲学園大学専任講師)
士業グループである+ONEを立ち上げ、共同代表を務める。八洲学園大学では、コンプライアンスを主なテーマとして多数の講義を担当。実務経験と理論に基づく実践的な講義を展開。神奈川県中小企業家同友会青年部副部会長。政策委員副委員長。

上原 作和

上原 作和

上原作和(うえはら・さくかず)
1962年長野県佐久市生まれ。博士(文学-名古屋大学)。現在、桃源文庫日本学研究所教授・法人理事。
明治大学法学部、青山学院女子短期大学兼任講師。監修に『マンガでわかる源氏物語』(池田書店、2011年)、単著に『光源氏物語傳來史』(武蔵野書院、2011年)、共編著に『日本琴學史』(勉誠出版、2016年)、『完訳太平記』全四巻(勉誠出版、2007年)等。

関口 義一

関口 義一

創価大学理工学部情報システム工学科教授、博士(工学)。
大学卒業後、民間放送局で新たな情報産業育成の研究に従事の後、国際情報処理技術者養成支給奨学金を得て、米国ハワイ州の研究所に留学、インターネットの基礎技術になるALOHA Systemの調査・研究を行う。帰国後公益法人研究所の主任研究員を経て、私立大学教員。30余年にわたり教育・研究に取り組む。著書に「コンピュータの学び」、「コンピュータ入門」、「SAS入門「eミーティング」、「情報社会論」等、その他学術論文多数。

田中 肇

田中 肇

市役所に一般行政職として入所。図書館に異動してその魅力に取りつかれて司書資格を大学通信課程にて取得。図書館経験は通算22年間にわたり、初の司書有資格者館長として6年間在職。現在は、市民が創ったNPO法人が受託運営する図書館部門運営責任者として在職中。図書館在職中は、全国に先駆けて図書館電算システムを構築し他自治体への浸透を図り、併せて貸出冊数制限撤廃、利用者制限廃止、そして駅周辺に返却ポスト設置を実施し、「誰でも好きなだけ本が借りられる図書館」を実現しました。

高橋 孝治

高橋 孝治

日本文化大学卒業。法政大学大学院修了。大学院修了後都内社労士事務所に勤務するも、中国法研究を志し、勤務の傍ら放送大学大学院修了・修士(学術)研究領域:中国法。後に退職・渡中し、中国政法大学博士課程にて中国法研究をしつつ、中国法をテーマに執筆や講演なども行っている。特定社労士有資格者、行政書士有資格者、法律諮詢師(中国の国家資格「法律コンサル士」。初の外国人合格)。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』。『時事速報(中華版)』(時事通信社)にて「高橋孝治の中国法教室」好評連載中。

勝又 一成

勝又 一成

中央大学商学部卒業、日興證券(現 SMBC日興證券)、高校教諭を経て、早稲田大学大学院博士前期課程修了。中央大学大学院博士後期課程単位取得退学。(財)津田塾会で長年、簿記・英文会計を担当。簿記指導歴29年。現在、東京経営短期大学講師。日本秘書協会認定講師

宇田川 敬介

宇田川 敬介

【宇田川 敬介】
1969年、東京都生まれ。1994年、中央大学法学部を卒業後、マイカルに入社。法務部にて企業交渉を担当。合弁会社ワーナー・マイカルの運営、1995年に経営破綻した京都厚生会のM&A、1998年に初の海外店舗「マイカル大連」出店、1999年に開業したショッピングセンター小樽ベイシティ(現ウイングベイ小樽)の開発などに携わる。
マイカル破綻後に国会新聞社に入社し編集次長となり、様々な政治家と人脈を築く。
2013年国会新聞退社後、ジャーナリスト・作家として活躍。日本ペンクラブ会員。
近著に「習近平の肖像」(飛鳥新社)「日本文化の歳時記」(振学出版)「本当は共産党が嫌いな中国人」(PHP新書)など

堀内 議司男

堀内 議司男

【堀内議司男】
茶名は壷中庵・宗長。遠州茶道宗家で茶道を修業。正式の茶会からカジュアルな茶会まで自由自在に演出。時代を先取りした茶風はマスコミにも取り上げられている。その活躍の場は国内だけでなく、海外にも広げている。

◎著作等
「男子の茶の湯ことはじめ」(原書房)・「世界お茶の基本」(プラザ出版・共著)・「就職しない生き方」(インプレスジャパン・共著)・「たなごころの茶」(時事通信社・新聞連載12回)・「粋」(読売新聞・連載3回)・「ネットが紡ぐ仕事と人脈」(日本テレワーク学会誌・連載6回)・「日本人のおもてなし」(日本開発工学会誌)他多数

◎TV出演 NHK「おしゃれ工房」 フジテレビ「ほこたて」 フランス・Arte「アンケート・ダイアール 他多数

宮澤 奈美江

宮澤 奈美江

NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会認定 コミュニケーション・トレーナー

企業の新入社員研修、階層別研修、管理者研修をはじめ、メンタルヘルス対策として職場のポジティブメンタルケア、就活生のためのセミナーなどでセルフ・カウンセリング®のエッセンスを取り入れたコミュニケーション・トレーニングを手ほどきしている。

望月正孝

望月正孝

工学博士。1972年(株)フジクラに入社し、ヒートパイプ伝熱素子の研究開発及びコンピュータ、電子機器、自動車部品等の冷却技術開発に従事。現在は、(株)フジクラのフェロー理事。1998年- 2006年日本ヒートパイプ協会副会長、現在は監事。2003年東北大学大学院インターネット講師。2004年九州大学大学院非常勤講師。2005-2007年東京大学生産技術研究所顧問研究員。実用ヒートパイプ等6編の図書を共著。1991年土木学会技術開発賞, 2005年日本化学工学会熱工学部門論文賞,2006年日本ヒートパイプ教会大嶋耕一学術賞を受賞。取得特許200件、論文250件掲載。

長谷川 英伸

長谷川 英伸

専門は中小企業論。主に中小企業の存立維持可能な要因を研究しており、近年では地場産業における産地企業の経営行動等に関する事例研究を行っている。著書(共著)に『時代の車窓から見た中小企業』晃洋書房等。 日本中小企業学会、日本経営学会、日本地域経済学会等に所属。社会活動としては、中小企業家同友会全国協議会企業環境研究センターの委員、町田商工会議所「まちだシルクメロン」産業クラスター化協議会の委員等。

信田 理奈

信田 理奈

【信田 理奈】早稲田大学大学院文学研究科教育学専攻博士後期課程単位取得退学。早稲田大学副手、近畿大学九州短期大学通信教育部非常勤講師、早稲田大学総合研究機構ジェンダー研究所招聘研究員などのほか、新宿区次世代育成協議会委員、新宿区男女共同参画推進会議委員を務める。現在は、東京家政学院大学、近畿大学豊岡短期大学ほか非常勤講師。研究分野は、ジェンダー政策、人権と教育。著書に『人間中心の開発とジェンダー ~共生社会の実現に向けて』三恵社(2013)、『ジェンダー平等の国際的潮流~国際女性年(1975)以降の動きを通して』三恵社(2015)がある。

中嶌 剛

中嶌 剛

【中嶌 剛】千葉経済大学経済学部准教授、社会保険労務士、日本生産性本部認定キャリア・コンサルタント、専門社会調査士。同志社大学大学院経済学研究科博士後期課程修了後、大学、大学院、専門学校等で、キャリア教育、労働法教育、公務員試験対策講座など、幅広くキャリア形成支援に従事する。平成25年度(第14回)労働関係論文優秀賞受賞(「とりあえず志向と初期キャリア形成―地方公務員への入職行動の分析」『日本労働研究雑誌』労働政策研究・研修機構)。著書に、『キャリアデザイン入門テキスト』(学事出版)、『とりあえず志向とキャリア形成』(日本評論社)等。

読書会講師

読書会講師

【島村 匠】
1961年横浜市に生まれ、横浜国立大学教育学部卒業後、高校教諭、業界誌編集者などを経て、1999年、幕末の残酷絵師月岡芳年の半生を描いた『芳年冥府彷徨』で第6回松本清張賞を受賞してデビュー。以後は、江戸から現代にまで至る幅広い舞台で多彩な作品を描き続ける。著書は『聖戦』『聖痕』『渋谷アンダーグラウンド』『肌絵師』『カタリ伝』『弁天てんてん』『上海禁書』『風雲甲穴城』など。

島村 匠

島村 匠

1961年横浜市に生まれ、横浜国立大学教育学部卒業後、高校教諭、業界誌編集者などを経て、1999年、幕末の残酷絵師月岡芳年の半生を描いた『芳年冥府彷徨』で第6回松本清張賞を受賞してデビュー。以後は、江戸から現代にまで至る幅広い舞台で多彩な作品を描き続ける。著書は『聖戦』『聖痕』『渋谷アンダーグラウンド』『肌絵師』『カタリ伝』『弁天てんてん』『上海禁書』『風雲甲穴城』など。

庄司 一也

庄司 一也

1979年水戸市生まれ、滋賀大学経済学部特任講師。国士舘大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学後、放送大学、サイバー大学、専門学校東京スクールオブビジネス等を経て現職。オンライン・対面にてコンピュータ教育に従事してきたほか、e-ラーニングの実務経験を積む。経営情報学会、日本教育工学会等に所属。NPO法人バイオメディカルサイエンス研究会協力研究員等兼任ほか。

みつたけともみ・小林尚美

みつたけともみ・小林尚美

みつたけともみ
1971年大分県大分市生まれ。助産師。二児の母。
平成17年ごろより、人工妊娠中絶する女性やおなかの赤ちゃんの支援に活動の中心をおきはじめ、助産師の立場での性(生)教育活動に力を注いでいた。 「いのちの授業」講師。

小林尚美
1972年大分県別府市生まれ。羊毛フエルト作家。二児の母。
女子美術大学卒業、現在はカワイ絵画造形教室の講師として子ども達に絵画や工作を指導している。「いのちのおもさ」に登場する胎児人形を制作。

平成24年9月にママ友である二人は写真絵本「いのちのおもさ」を共同製作した。
絵本の出版をきっかけに大分県内を中心に、小・中・高校の児童生徒や保護者、教諭に
向けた「いのちの授業」を展開している。
授業では実際にこの人形を抱っこし、いのちのおもさを体感することができる。

最近では、Benesseたまひよファミリーパークなど、大分県外でのイベントにも参加し、活動は全国に広まりつつある。

■公式HP inotinoomosa.com
■Facebook https://www.facebook.com/inotinoomosa

唐澤 太輔

唐澤 太輔

1978年、兵庫県神戸市生まれ。2002年3月、慶応義塾大学文学部卒業。2012年7月、早稲田大学大学院社会科学研究科・博士後期課程修了(博士〔学術〕)。日本学術振興会特別研究員(DC-2)、早稲田大学社会科学総合学術院・助手、助教を経て、現在、同大学国際言語文化研究所・招聘研究員。龍谷大学世界仏教文化研究センター・博士研究員。専門は、哲学・倫理学、南方熊楠研究。著書『南方熊楠の見た夢―パサージュに立つ者―』(勉誠出版、2014年)、『南方熊楠―日本人の可能性の極限―』(中公新書、2015)など。2006年、学芸員資格取得。

中村  成博

中村 成博

【中村 成博】なかむら まさひろ
コンサルティング会社に勤めている時に、たくさんの本を読もうとするが、積読に終わり、なかなか読めない。 読むどころか読み始めると眠くなる。こんな悩みを解決してくれたのが≪速読≫自分の実体験から確信をもって 皆さまに≪速読入門≫をお伝えします!!

【講師経歴】
≪企業≫大手企業を中心に15社以上
≪学校≫高等学校を中心に40校以上

【講演・研修内容】
■速読による時間効率・仕事効率UP研修
時間の使い方で人生決まる!!時間効率・仕事効率UP間違いなし!!
■今すぐ誰にでもできる速読で時間効率UP
■仕事の効率化UPの脳トレ速読
■新聞の読み方で人生が変わる!?
■人が輝き出す5つの秘訣
どの業種・業態も≪人≫の関わりが不可欠です。人間関係良好の秘訣ここにあり!
■最高のチームづくりに必要なたった3つのルール
この3つのルールを大切にしているチームが最強!
■魔法のコミニュケーション
■結果の出る店長と出ない店長の決定的な違い
結果の出るリーダーと出ないリーダーには共通の特徴があります。あなたはどっち!?
■成果を生む勝利の方程式
■職場に笑顔が増えるコミニュケーション
■部下のやる気を引き出す5つのスイッチ
■感動マネジメント研修
管理者研修:部下のやる気・やりがいを引き出し、良好な関係を構築する。
■チームビルディング研修
チームビルディングの本質に向き合い、やり方ではなく、あり方を体感する。

別府 武彦

別府 武彦

医療福祉・心理・セクシャリティ研究・教育家。 医療福祉系専門学校や教育スクールの要職を歴任し、学校経営・組織の構築、教育プログ ラムの開発に従事。現在、医療福祉・心理の教育団体を主宰し現在に至る。 また、自らのセクシャルティをカミングアウトし、セクシャリティ問題にも研究分野を広 げ、メディア等において啓蒙活動を行っている。 (特非)医療福祉情報実務能力協会 理事長 日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会 理事長

東野 幸利

東野 幸利

<経歴>
DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部長。証券会社情報部、大手信託銀行トレーダー、大手銀行などの勤務を経て2006年に入社。マーケット分析やデリバティブ市場のコンテンツを担当。IFTA国際検定テクニカルアナリスト(MFTA)、国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)教育委員、日本テクニカルアナリスト協会理事なども勤める

(メディアへの出演、執筆)
・日経CNBC「昼エクスプレスーチャート分析担当(水曜日)」、「夜エクスプレスーNYマーケット(木曜日)」、日経チャンネル「マーケッツのつぼ」など。
・「会社四季報プロ500(東洋経済新報社)」、マネックメルマガ「相場一点喜怒哀楽」、「ネットマネー」、「日経マネー」「「ダイヤモンド・ザイ」の執筆など。

中嶌 洋

中嶌 洋

【中嶌 洋】博士(医療福祉学)、社会福祉士、精神保健福祉士。上智大学大学院総合人間科学研究科修了後、大学、短期大学、専門学校、市民講座等で、相談援助技術論や社会福祉理論など、社会福祉分野の教育実践に従事する。大学開放事業を組織的に展開するための戦略と方策を考案する活動にも積極的に取り組んでいる。NPO法人全日本大学開放推進機構(UEJ)理事、日本福祉文化学会評議員・編集委員、日本介護福祉学会査読委員。著書に、『日本における在宅介護福祉職形成史研究』(みらい)、『ホームヘルプ事業草創期を支えた人びと』(久美)、『シリーズ福祉に生きる67 原崎秀司』(大空社)等。

池内 ひろ美

池内 ひろ美

八洲学園大学 教授。夫婦・家族問題評論家。東京家族ラボ主宰。日本ペンクラブ会員。作家。西日本短期大学非常勤講師。教育再生をすすめる全国連絡協議会世話人。一般社団法人日本女子力推進事業団代表理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。

1961年岡山生まれ。一女の母。専業主婦から離婚を経て著作活動に入る。
1996年より、弁護士・精神科医・心理カウンセラー等専門家が参加する「東京家族ラボ」を主宰。結婚と離婚、恋愛、親子関係のコンサルティング・心理カウンセリング・ワークショップ・調査研究等を行う。男性・女性とも訪れる個人相談者の人数は3万人を超え、従来のフェミニズムとは異なる視点からのアプローチ等、高く評価されている。
2012年、国連が定めた「国際ガールズ・デー」を受けて、「一般社団法人日本女子力推進事業団(通称:ガール・パワー)」を設立。顧問である安倍昭恵(内閣総理大臣夫人)、竹内エリカ(日本キッズダンスコーチング協会代表理事)等と共に、日本の女子力を上げて日本と世界を救うことを目的としている。

▼主な著作
『結婚の学校』(幻冬舎)、『男の復権』(ダイヤモンド社)、『妻の浮気』(新潮新書)
『良妻賢母』(PHP新書)、『勝てる!?離婚調停』(日本評論社)、『大好きな彼から選ばれるための25の法則』(スターツ出版)、等多数。

▼マスコミ関係
-テレビ出演-
TBS『私の何がいけないの?』
テレビ朝日『ワイド!スクランブル』
日本テレビ『シアワセ結婚相談所』他随時

-ラジオ出演-
ラジオ文化放送『ウィークエンドをつかまえろ』
ラジオ日本『マット安川のずばり勝負』他随時

中田 雅敏

中田 雅敏

経歴:八洲学園大学 教授、学士(文学)
専門分野、研究テーマ:文学、近代文学の研究・芥川龍之介の作品論と作家論

【八洲学園大学 正規担当科目】
学校教育と家庭教育の原理 / 高校生の非行と問題行動 / 敗者の人生と文学 / 生老病死と村社会 / 人生の諸相と文学 / ウタと人間

▼中田雅敏 教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_nakada.php

藤森純一

藤森純一

藤森純一(八洲学園大学専任講師・行政書士)
専門分野/契約法・知的資産経営
日本行政書士連合会・著作権相談員
大学の他、専門学校、予備校、企業研修などでも活躍する実務家講師
法とビジネスの図書室を開設して仕事に役に立つ法律と経営に関する書籍をつぶやいています。
https://twitter.com/law_tosho

高野 真理子

高野 真理子

大学図書館で30年間勤務し,雑誌全般,レファレンス業務,図書目録等とシステムを担当。その後,NPO法人大学図書館支援機構を設立し,国立情報学研究所主催の目録システム講習会講師や私立大学図書館協会東地区研修分科会等を通して図書館のスタッフ研修に従事。
【論文・記事】
・ 「RDA概論:これからの大学図書館像を考える」館灯 53 (2015.3) pp. 39-47.
・ 「大学図書館業務研修のインストラクショナル・デザイン」大学図書館研究 91号 (2011.3) pp. 15-23.
・ 「目録技術に未来はあるか」情報の科学と技術 Vol. 67, no. 8 (2017.8) pp.422-425. など
【所属】
NPO法人大学図書館支援機構(IAAL)副理事長

寺尾 隆

寺尾 隆

大学図書館で30年間勤務し,レファレンス等を担当。その間,国立国会図書館のレファレンス協同データベース事業の企画協力員として8年活動。現在、IAAL理事,図書館流通センターにてスタッフ研修に従事。

【論文・記事】
・「レファレンス協同データベース事業(特集レファレンス・カウンター)」病院図書館 28(4) (2008) pp. 193-196.
・「Reference ServiceにおけるInternetの有効利用--近畿大学中央図書館の場合」香散見草:近畿大学中央図書館報 29 (2001.1) pp. 14-18
・「現代ドイツ研究のための印刷・電子メディア」香散見草:近畿大学中央図書館報 34 (2006.1) pp. 27-31.
・「図書館サービスにおけるInternetの有効活用--Reference Serviceを中心として」薬学図書館 44(2) (1999.4) pp. 119-124.
・「ヨーロッパに胎動する2つの図書館--Bibliotheque de FranceとBritish Library」香散見草:近畿大学中央図書館報 20 (1993.8) pp. 12.
・「世界で一番美しい図書館--オーストリア国立図書館OSTERREICHISCHE NATIONALBIBLIOTHEK」香散見草:近畿大学中央図書館報 16 (1991.4) pp. 18-21. 等

【所属】
NPO法人大学図書館支援機構(IAAL)理事

渡邊 達生

渡邊 達生

現在:八洲学園大学 教授  社会貢献活動 落語家 高座名 志久はっ空
経歴:筑波大学附属小学校教諭、筑波大学非常勤講師、文部省小学校道徳教育推進指導資料作成協力者委員、文部科学省心のノート編集協力者委員、等

【八洲学園大学 正規担当科目】
逆境を生きる / 笑いと文化 / 明日の一歩・松下幸之助に学ぶ人生哲学 / 生きる力のもとの探求 / 心豊かに語り合える親子コミュニケーション / 漢字と心の形

▼渡邉達生 教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_watanabe.php

鈴木 啓之

鈴木 啓之

経歴:八洲学園大学 准教授、博士(医学)
専門分野、研究テーマ:ヒトの内的状態の他覚的客観評価、障害児生理心理学

【八洲学園大学 正規担当科目】
障害児と家庭教育 / 障害児の理解と支援 / からだの不調と対処法 / 不登校・ひきこもり特講 / 情報アクセシビリティとバリアフリーデザイン

▼鈴木啓之 准教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_suzuki.php

今関 仁智

今関 仁智

心理学修士 メンタルケア心理専門士®
メンタルケア学術学会研修講座、心理スクール、カルチャーセンター等で心理学教育を行う。社会心理学を専門とし、心理カウンセラーを目指す専門教育から、心理学を日常に活かせる実用講座まで幅広く活動している。
所属学会:日本心理学会、日本行動分析学会、行動経済学会

中島 伸子

中島 伸子

桐朋学園大学卒。元桐朋学園大学附属音教講師。在学中に全盲の声楽家に出会い、アシスタントプロデューサーとして、CDメジャーデビューを実現させる。録音に際しては、桐朋学園大学作曲科の学生に編曲を依頼、桐朋学園大学生によるオーケストラを編成、東京芸術大学より指揮者を迎え、自身もピアニストとしてCD録音に参加。 又、指導歴2年目にして、生徒をピアノコンクール優勝に導く。現在は、様々な楽器奏者と共演し、魂を揺さぶる演奏の追求をしつつ、全国のNHKで公開講座を開催している。その活動は、「W100ピアニスト」「日本の演奏家―クラシック音楽の1400人」に掲載されている。

■講師 コンサート情報
・ピアニスト中島伸子PresentsEnsembleFesta2016inSuntoryHall
・2016年5月4日(祝)
・9時30分開演
・サントリーホール(BlueRose)
・ピアノ中島伸子、Disciple・Guest大沢聡
・曲目リスト:ピアノ協奏曲他
・お問い合わせ先:中島伸子音楽事務所(090-9014-9141)

峨家 望

峨家 望

峨家 望
東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻脚本領域修了。研究領域は物語理論。高等学校や予備校でアート・物語の制作と観賞を指導する他、『赤レンガ読書会』ファシリテーターを務める。また、復興支援の一環として、各地で児童対象に絵本づくりのワークショップを行っている。

小関 慶太

小関 慶太

1981年生まれ、道産の浜っ子(北海道生まれ、横浜育ち)

八洲学園大学 生涯学習学部 専任講師
正規担当科目:「現代社会と少年非行」「犯罪と心理」「刑事政策」「犯罪と法」
中央大学法学部 インストラクター

■詳細
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_koseki.php

公開講座では、市民に対する刑事法教育(・法教育)や高校生やその保護者も楽しみながら学べる講座を展開しています。また本学正規テキスト科目補助講座、大学生向けの知識を高める講座等を開講しています。学ぶ楽しみは知らないことを知ること、さらに自分なりの面白味を見つけることです。大学に入学して学ぶことに躊躇してしまうけれども、まず学びの第一歩として公開講座で一緒に学んでみませんか。

秋山 雅子

秋山 雅子

元TVKテレビアナウンサー。フリー転向後はコンサート司会や朗読公演に出演。
第1回国際芸術連盟「朗読芸術賞」受賞。第29回ゲーテの詩朗読コンテスト入賞。
第7回雨ニモマケズ朗読全国大会「大賞」受賞。洗足学園音楽大学、昭和音楽大学
附属教室、よみうりカルチャー各講師。「祈り」など朗読CD7枚。ベルギーで
「源氏物語」海外朗読公演。立教大学大学院修了。J I L A朗読コンクール審査員。
2017年、かわさき産業親善大使に就任。

大内 久史

大内 久史

人材紹介コンサルタント

明治大学商学部卒業後、大手自動車メーカーに新卒で入社。 人事部門に配属される。その後開発センター や生産工場にて人事管理に従事する。また販売出向も経験している。
32歳の時に同社を退社し、転職活動をした後、家業である貿易商社の取締役に就任し、会社経営に従事する(現任)。
36歳の時に、人事・営業経験などを活かし、東京の人材紹介会社入社し、その後取締役人材紹介部長に就任。その後、38歳時に株式会社ファースト・キャリアーズを設立し代表取締役に就任。人材紹介コンサルタントとして、現在に至る。プロアスリート選手・指導者、芸術家などのキャリアマネジメント事業にも取り組んでおり、精力的に活動中。

大竹 秀一

大竹 秀一

修士(法学)(早稲田大学)。大学卒業後、公益法人に勤務。社会人院生として、法学を学ぶ。その知識と経験を活かして、地元自治体の行政委員等を務める。所有資格には、行政書士、2級知的財産管理技能士などがある。

二川早苗

二川早苗

家庭教育支援協会理事長。日本家庭教育学会常任理事。家庭教育アドバイザー。家庭教育 師。現在、筑波大学大学院博士課程。横浜国立大学経済学部後援会会長。元世田谷区立小 学校PTA連合協議会会長、世田谷区社会教育委員、世田谷区個人情報保護委員、世田谷区 立小学校外部評価委員、世田谷区スポーツ振興審議会委員等を歴任。大学卒業後、アナウ ンサー、ニュースキャスター、学習塾経営を経て、大田区、世田谷区、都研修センター、 相模原市教育委員会、岩手県教育委員会等で家庭教育に関する講演会多数。家庭教育に関 する論文を多数発表。筑波大学大学院教育学修士号取得。研究領域は、ケアの倫理。家庭 教育

木村 孝子

木村 孝子

家庭教育支援協会理事。日本家庭教育学会会員。家庭教育アドバイザー。家庭教育師。
日本体育協会公認水泳コーチ。公益社団法人日本フィットネス協会公認GFI。
社団法人日本ボディビル連盟公認審査員・指導員。元東京成徳大学付属高等学校常勤講師、
早稲田情報ビジネス専門学校非常勤講師を経て現在、中高年を対象としたロコモティブシンドロー
ム予防体操の指導を中心にフィットネスインストラクターとして活動。
1990年度日本ボディビル選手権優勝第8代ミス日本。第9回アジアボディビル選手権ヘビー級優勝。
家庭教育における専門分野は思春期・青年期。「思春期のドロップアウト」をテーマに講演活動。

石井 登

石井 登

家庭教育師・家庭教育アドバイザー、進路アドバイザー、日本家庭教育学会会員、家庭教育支援協会会員。 現在は、A.C.S.(Academic Community service)学院代表、学校法人京都外国語大学京都外国語専門学校非常勤講師、 (株)さんぽう専任講師、長岡京市商工会理事等を兼務し、留学生・不登校・いじめなどの相談、町づくりや都市計画のコーディネーターとしても活動する。進路アドバイザー・家庭教育アドバイザーとして、若者と保護者に向けた進学進路講演や教育・親子問題などに関する講演等、多数実施。

中村 貴司

中村 貴司

<経歴>
日系・外資系証券会社、損保・証券系運用会社でアナリスト、ファンドマネージャーを経て、現在、証券系調査・研究機関でストラテジストとして投資戦略やテクニカル分析に従事。
伝統的ファイナンス理論を中心とした「ファンダメンタルズ分析」に加え、投資家心理・投資家行動を中心とした「行動ファイナンス理論」や「テクニカル分析」などをテーマにした講演多数。早稲田大学ビジネス情報アカデミー「ファンドマネジメント講座」、日本テクニカルアナリスト協会、明治大学リバティーアカデミー、八洲学園大学(金融・投資・資産運用担当・非常勤講師)、シグマインベストメントスクール等で講師を務める。

英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA。慶應義塾大学商学部卒。
英国国立バッキンガムシャーニュー大学 MBA取得プログラム客員教授。
日本ファイナンス学会、行動経済学会、FP学会、パーソナルファイナンス学会に所属。
日本テクニカルアナリスト協会では評議員・研究Ⅰ部長を務める。

<資格>
国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、国際テクニカルアナリスト連盟 検定テクニカルアナリスト(MFTA)、英国王立勅許鑑定士(MRICS)、不動産証券化協会認定マスター、日本CFO協会 グローバルCFO(米国CTP)、認定事業再生士(CTP)、中小企業診断士。

金融・証券業界で一貫してキャリアを積む中、多くの一流の投資家から「投資メンタルマネジメント」の重要性を学ぶ。投資のメンタルトレーニングに加え、伝統的ファイナンス理論を中心としたファンダメンタルズ分析に投資家心理・投資家行動を中心とした行動ファイナンス理論やテクニカル分析を組み合わせ、活用することを重視している。また、今までのキャリアを通じ、ESG(環境・社会・ガバナンス)など利益だけでなく、環境や社会との調和等を重視した社会的責任投資に加え、企業・人の持続的成長や充実の視点を取り入れることの大切さを実感。より良い社会の実現に向けた投資家教育や支援活動を幅広いネットワークを活用し、また連携しながら活動を行っている。著書として「一流の投資家はなぜメンタルを大切にするのか?」投資メンタルマネジメント研究会(共著)総合法令出版がある。

メディアでは日経CNBCや東海東京TV「グローバル投資戦略」等に出演中。 http://www.tokaitokyo.co.jp/tv/public/market/global.html

小川 輝巌

小川 輝巌

■現  職
株式会社アトリエフォー建築事務所 代表
民間建築検査機構にて住宅性能評価員
東京都不況対策人材育成事業講師
「街づくり」を目的としたNPO法人を立ち上げ、現副理事長
H27年度 建築士受験講座 講師

■最終学歴
1974年 日本大学理工学部建築学科卒業 「福祉建築」を学ぶ

■資  格
一級建築士
住宅性能評価員資格(民間建築検査機構認定)
(東京都)職業訓練指導員
剣道2段(この剣道が縁で、三島由紀夫を知る)

■過去履歴 
大学卒業後、福祉建築専門設計事務所に勤務後 独立
専門学校、職業訓練校3校、生涯学習センターにて、講師を務める
短期大学非常勤講師「地域マーケティング研究」を担当
市民講座で「長寿住宅」について講演
建築雑誌や情報誌に建築設計作品や論文が多く紹介された
1989年NTV「11PM」にUFOウォッチャーとして出演(司会矢追純一・井森美幸)
1994年より「街づくり」や「街活性化」について講演活動
2004年 12CH「TVチャンピョン」にて審査員として出演(司会彦麻呂)

森 真一

森 真一

日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会認定「エグゼクティブコーチ」
日本プレゼンテーション協会認定「プロ講師」

1983年プロミス㈱(現SMBCコンシューマーファイナンス㈱)入社
回収専門部署での18ヵ月連続個人回収額トップの実績が評価され最年少(28歳)で支店長に就任後、銀行系消費者金融会社㈱モビットの設立に参画。コールセンターマネージャーとして銀行員に消費者金融ビジネス(融資・債権回収)を指導。

その後、プロミス㈱市場開発推進部主幹を経て、パル債権回収㈱(現アビリオ債権回収㈱)リスク統括部次長。プロミスグループ在職中、部下社員から12名の管理職を輩出。その内6名は全社でも少数の女性管理職であったことから人材育成において高い評価を得る。

2013年人材教育研修会社㈱ヒューマンパワー・リサーチを設立。
20年を超える管理職経験をベースに「コーチング理論」と「人間力=ヒューマンパワー」の研究を融合させた独自の部下指導法である「森式ヒューマンパワー・コーチング」を開発。銀行系シンクタンク、商工会議所を中心に精力的にセミナーを実施している。
特に商工会議所では聴講希望者が多すぎて受付を中止にする程の人気講師である。

【著書】
管理職に贈る100のメッセージ(税務経理協会)
お金で失敗する人・しない人  (ごきげんビジネス出版)

菅井 陽一郎

菅井 陽一郎

東京地方税理士会 神奈川支部所属の税理士。
大学卒業後、会計事務所で相続税などの資産税の経験を積み独立開業。
現在は、遺産分割の相談、相続税の試算・対策提案、生前贈与、もめないような相続にするにはどうすればいいか、などの相談業務を日々こなしている。

渡辺 友絵

渡辺 友絵

■一般社団法人 通販エキスパート協会代表理事

音楽出版社などを経て(株)通販新聞社に入社し、「週刊通販新聞」および「月刊ネット販売」の編集長を務める。その後、個人事務所通販研究所を立ち上げ、通販業界の取材・執筆や各種セミナー講師、企画・コーディネート業務などに携わる。2009年に一般社団法人・通販エキスパート協会を立ち上げて代表理事に就任し、2010年より「通販エキスパート検定」試験を運営する。現在、日本ダイレクトマーケティング学会会員、(社)日本印刷技術協会客員研究員、一般社団法人ECネットワーク研究員。著書に「通販業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」、共著に「通販エキスパート検定公式テキスト」がある。

奥村 麻里

奥村 麻里

株式会社BEL-CIELO取締役兼スタジオプロデューサー

宮崎県出身、横浜国立大学卒業後経営コンサルティング会社、造船商社勤務の後、アジア各国旅をしながらYOGAを学ぶ。その後ヨガスタジオやスポーツクラブ等での指導を経て、2012年に㈱BEL-CIELOの立ち上げに参画し現職。横浜市内に展開する3つのヨガスタジオをプロデュース。また、日本初のソーシャルウェルネスサイト「みらいく」に「横浜Style 美人をつくるヨガ講座」と題しコラムを寄稿。
・日本ヨーガ瞑想協会登録講師 (Japan Yoga Meditation Association) ・全米ヨガアライアンス TTC200H 修了、ルナワークス 「マタニティヨガ」「シニアヨガ」「乳がんリハビリヨガ」各講座修了 等

講師紹介

講師紹介

<下澤純子(FP事務所・エッグプラント代表)>
短大卒業後、大手企業に就職。結婚後、専業主婦となったが離婚を契機に事務職に。子どもとの時間を大切にするため、大手生命保険会社に入社し、新人賞、月間MVP、最優秀賞など多数の受賞歴を持つ。その後、ファイナンシャルプランナーとして、紹介・口コミで予約は常に60人待ちの人気コンサルタントとなる。現在は、FP事務所の代表に就任し、お金に関するセミナーや女性の生き方に関するセミナーを開催している。

<藤森純一(八洲学園大学非常勤講師・行政書士)>
1975年生まれ。横浜育ち。八洲学園大学にて生涯マネジメント系科目を多数担当。その他、企業研修、市役所管理職向け研修で、コンプライアンス・CSR、ライフプランのマネジメントについて講師を担当。また、実務家として中小企業経営者のビジネスデザインを、契約書や法的手続きをサポートしながら、実践に落とし込むサポートを行う。

佐藤昌文

佐藤昌文

大学卒業後、銀行員等金融機関に30年間勤務し、整理回収機構(RCC)、日本郵政グループの勤務中から日本の金融・財政の制度改正を研究して来た。 生涯現役を目指し67歳でITベンチャー企業で6度目の転職を果たす。人事労務管理士として個別労働紛争の予防・解決をはじめ、就業規則、労働条件整備等、労働法分野で活動するとともに、行政機関とも連携して地元の区民会議会員、ボランティア活動にも積極的な活動を展開中である。日本再生をスローガンとする団塊世代のパイオニアを目指している。

中田 幸恵

中田 幸恵

日本医療事務協会 講師

現在、医療事務講座・レセプトチェック講座を一般講座、大学、専門学校、通信高校で

講師を担当。「わかりやすい」講義に定評がある。

結城 俊治

結城 俊治

文学修士・知的財産管理技能士・ファイナンシャルプランニング管理技能士。日本文化政策学会会員。論文やFPとしての実務および、アートマネージメントの業務においての知的財産管理に携わりながら、活動を行っている。

秋吉 正博

秋吉 正博

経歴:八洲学園大学 教授、博士(文学)
専門分野、研究テーマ:日本古代史・日本文化史、日本古代の鷹狩り、鷹書の研究、日本霊異記の史的研究

【八洲学園大学 正規担当科目】
博物館概論 / 博物館経営論 / 博物館実習 / 近代企業家の思想と行動 / 特別研究(日本文化史研究) / 博物館学特論(日本近代の博物館) / 博物館学特論(テーマ未定) / 伝統文化の継承(演習)(祭事・行事)

▼秋吉正博教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_akiyoshi.php

白鳥 友康

白鳥 友康

★白鳥友康(しらとり ともやす)

一般社団法人ソーシャル・マーケティング協会 代表理事
ソーシャルメディア専門のWeb制作会社 株式会社ウィズダム・デザイン 代表取締役

2010年より本格的にFacebookの研究をはじめ、ソーシャルメディア関連の情報を発信しながら、マーケティング視点を持った技術者として、数々のFacebookページを制作。おもに中小企業の集客、売上アップに貢献することを得意とし、Facebookから4,000万円の売上を挙げた実績を持つ。

Facebookブームの高まりに合わせて、Facebook集客のサポート、コンサルティング、セミナーを提供し、1,100人以上の塾生が参加するフェイスブック塾を運営。塾生からFacebookを活用して月額20万円以上を稼ぐ数多くの成功者を輩出する。

さらに、塾生の中からソーシャルメディア・コンサルタントとして活躍する人材を次々と育成することに成功したことで、ソーシャルメディアの可能性をより強く感じ、2013年2月、一般社団法人ソーシャル・マーケティング協会を設立。

石井 雅之

石井 雅之

経歴:八洲学園大学 教授、文学修士
専門分野、研究テーマ:倫理学、諸徳の形成と秩序に関する思想史的研究及びその応用

【八洲学園大学 正規担当科目】
社会生活と倫理Ⅰ(正義と正義感) / 社会生活と倫理Ⅲ(徳論) / 社会生活と倫理(演習) / 西洋思想古典購読Ⅲ / 西洋思想古典購読Ⅳ / 現代人と哲学 / 西洋思想と現代社会 / レジリエンス論(哲学・宗教)

▼石井雅之教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_ishii.php

平良 直

平良 直

経歴:八洲学園大学 准教授、博士(学術)
専門分野、研究テーマ:宗教学・沖縄宗教研究、観光と宗教、家庭教育と宗教

【八洲学園大学 正規担当科目】
現代社会といやし / 世界の民族と宗教伝統 / 日本の民俗と宗教伝統 / 人間と宗教 / ウタと人間

▼平良直 准教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_taira.php

雨森 雅哉

雨森 雅哉

メンタルケア学術学会講師
心理学修士 メンタルケア心理専門士®
大学・専門学校非常勤講師、メンタルケア学術学会研修講座、心理スクール等で心理学教育を行う。社会心理学を専門とし、心理カウンセラーを目指す専門教育から、心理学を日常に活かせる実用講座まで幅広く活動している。

所属学会:日本心理学会、日本応用心理学会、日本発達心理学会、日本健康心理学会、日本子育て学会
著書:「発達科学ハンドブック」(分担執筆)新曜社

渋谷 玲子

渋谷 玲子

兼松株式会社にて営業部門に従事の後、Microsoft Officeの講師、および、Excel開発、Access開発に従事。幅広く、深い知識をもとに、実務を効率的に行うための研修を、メガバンク、大手商社、大手証券会社、外資系生保などで実施している。

佐藤 智広

佐藤 智広

筑波大学大学院博士課程文芸言語研究科から現在昭和学院短期大学教授
専門分野:国語教育・中世文学

柴田 まさみ

柴田 まさみ

大東文化大学大学院修了。日本文学研究家。日記文学会・中古文学会所属。BS・TBS「魅力・引力 古典の力 キーンさん、寂聴さんと源氏物語」の制作者・坪崎亜希子氏より、インタビュー依頼を受ける。専門分野は、平安文学(『蜻蛉日記』や『更級日記』などの女流日記)。塾や予備校の国語講師を歴任。受験勉強のためだけでなく、その先にある人間の心の内側を考えるための、学問としての国語を教える。講座・講義では、難しい事柄を、わかりやすく話すことをモットーにしている。現在、吉川カルチャースクール・株式会社カルチャーほか講師。なお、女流日記の周辺の和歌文学や『源氏物語』などの物語文学の講義や、近現代文学の講読も行なう。

冨田  晃右

冨田 晃右

冨田晃右(とみたこうすけ)

2010年株式会社日本トレード技術開発設立 代表取締役CEOに就任
株式スクール冨田塾代表総括、プロ個人トレーダー養成プロデューサー どうしても株で稼ぐことができない個人投資家を、200万円の資金をもとに、株で年間600万円以上稼ぐことができるようにする株式投資教育の専門家。

1970年 京都市太秦生まれ。

武井 信雄

武井 信雄

●早稲田大学政治経済学部卒業
●専修大学大学院商学研究科修士課程 修了(商学修士)
●東日本銀行審査部・同行営業統括部に所属
●東日本銀行にて、30年以上金融融資業務を経験
●在職中には企業研修に数多く携わり、実務家を養成
●7年間第二地銀協会住宅金融公庫部会委員を務める
●城西大学、大東文化大学、中央工学校にて資格講座の講師等も歴任
●2005年、武井コンサルティング・オフィス設立
●企業研修に数多く携わり、実務家を養成

【所有資格】
●宅地建物取引主任者・行政書士・日本FP協会CFP(R)・

望月 明彦

望月 明彦

NPO法人日本交渉協会 理事。公認会計士。
監査法人トーマツを経て、慶応義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。 その後、上場企業の経営企画責任者として資本政策の立案・実施、合弁会社の設立、各種M&Aなどを手掛ける。 さらに、アーンストアンドヤングの日本法人にて上場企業同士の経営統合のアドバイザー等を務める。

2010年より望月公認会計士事務所代表。
日本公認会計士協会東京会研修委員会 副委員長(2010年~2014年)
経済産業省コンテンツファイナンス研究会 委員(2002年~2003年)

山下 優子

山下 優子

NPO法人 セルフ・カウンセリング普及協会認定 コミュニケーション・トレーナー

企業の新入社員研修、階層別研修、管理者研修をはじめ、メンタルヘルス対策として職場のポジティブメンタルケア、就活生のためのセミナーなどでセルフ・カウンセリング®のエッセンスを取り入れたコミュニケーション・トレーニングを手ほどきしている。

伊澤 和夏

伊澤 和夏

薬学系大学図書館で洋書目録、ILL等担当。その後UTLAS, RLG(北米の書誌ユーティリティ)の研修・マニュアル作成、図書館業務全般のスタッフ研修に従事。現在、IAAL会員として国立情報学研究所目録システム/ILLシステム講習会講師。

【論文】
・ 「スタッフ教育の事例報告:人文系図書館における薬学部の新設」薬学図書館 Vol.51, No.2 (2006) pp. 125-132
・ 「バイリンガルオンライン閲覧目録における典拠コントロ-ル: ロ-レンシアン大学のMultiLISの利用 (図書館の将来像)」Slater Ron [著](訳)現代の図書館 31(2) (1993) pp. 82-95 等
【所属】
NPO法人大学図書館支援機構(IAAL)、日本薬学図書館協議会会員

田中友尋

田中友尋

■一般社団法人ウェブ解析士協会 ウェブ解析士マスター
■株式会社ハマ企画代表取締役社長

1965年愛知県小牧市生まれ、1994年よるウェブ業界に参入。ウェブ解析視点によるサイトを構築し、営業経験からアクセス解析や広告効果測定などからユーザとクライアントとの対話を見つけ出し、ウェブサイト制作と効果的なウェブサイト運営を実現させ、事業の成果へ導います。

【講座実績】
ウェブ解析士認定講座全般
アクセス解析導入講座
Googleアナリティクス講座など

目黒 正武

目黒 正武

世界遺産アカデミー主任研究員。
大学卒業後旅行会社に就職。国内、海外の世界遺産現地経験多数。2005年7月NPO法人 世界遺産アカデミーに参加。独自の切り口で世界遺産を解説する。

■共著
・すべてがわかる世界遺産大事典2012年版
・世界遺産検定公式問題集&解説2007年版
・世界遺産検定公式基礎ガイド2008年版、2009年版
■監修
・世界遺産検定公式テキスト2009年版
・はじめて学ぶ世界遺産100など
■ラジオ出演
NHKラジオ「午後のまりあーじゅ」にて月1回、日本の世界遺産解説
■テレビ出演
2011年5月9日フジテレビ「知りたがり」にて世界遺産解説
2011年6月15日テレビ朝日「そうだったのか!学べるニュース」にて世界遺産解説

松本 安彦

松本 安彦

◇自然療法治療室松本鍼灸接骨院院長(東京大田区)
柔道整復師 鍼灸師 マッサージ師 ケアマネージャー

97年の開業当初より、アロマやハーブなどの自然療法を併用したケアや、東京ではまだ数の少なかった小児はりの治療を取り入れ、自然治癒力の可能性を引き出すことを目的に治療を行っている。子育てから介護にまつわるケアまで、「家族」を主体にしたケアのあり方を考え治療だけではなく、トレーニングの方法やリハビリアドバイスに至るまで行っている。

◇ナチュラルセラピースクール M's touch http://mstouch-childcare.com
◇自然療法治癒室 松本鍼灸接骨院 http://www.mstouch.net/

山鹿 貴史

山鹿 貴史

東京都生まれ。玉川大学教育学部卒業。桜美林大学大学院大学アドミニストレーション研究科
(通信)修士課程在学中。
学校法人財務部勤務(大学事務職員)を経て、現在は通信制高校専攻科で非常勤講師を務める他、
全日制高校情報科や私立大学情報システム系部門等にも勤務する。
著書に『若者と高等教育』(BookWay、2012年)等。
日本通信教育学会、日本情報科教育学会、八洲学園大学市民フェロー研究会等に所属。

高鷲 志子

高鷲 志子

明治学院大学、八洲学園大学ほか非常勤講師。子どもの文学、絵本の研究を通じて子どもと本を結びつける活動をしている。横浜市の中学校で定期的にお話会を開催している。 著書に『子どもと本の架け橋に』(角川学芸出版)。共著に『たのしく読める英米児童文学』、『英米児童文学の宇宙』、『たのしく読める英米の絵本』(以上、ミネルヴァ書房)、『英米児童文学作品・登場人物事典』(松柏社)。翻訳書に『庭園の中の三人/左と右』(東京子ども図書館)ほか。 英語での語り研究会「わしこの英語塾」主宰。

齋藤 郁子

齋藤 郁子

・八洲学園大学同窓会会長員
・茨城県立近代美術館臨時職
・根本正顕彰会会員
・水戸史学会会員「ふるさと歴史散歩」、「人物と歴史から学ぶ茨城の歴史」への参加
・八洲学園大学同窓会情報ブログ http://blog.study.jp/ygu-alumni/

【過去開講講座】
・韓国親子旅日記(博物館・史跡めぐり)
・入館者の増を考える「那珂市歴史民俗資料館」の場合
・入館者の増を考える「桜田門外ノ変 映画化支援の会」の場合
・今年も漬けました!(食品取り扱い条例について)
・博物館の役割
・根本正の教育思想とその実現

西村 俊樹

西村 俊樹

社団法人 国際人育成支援協会 理事長
鉄道模型のレイアウト製作を主に趣味として、年に数台のレイアウトを作成しています。
Nゲージだけではなく、HOゲージ(16.5mm幅)の電車模型にも興味があり、
多数の電車を保有しています。
国際人育成のための子供英語合宿(春・夏・冬休み)などを主催。
ウエブサイトhttp://cljpn.org/ 

青山 利江

青山 利江

栃木県足利市在住
日本家庭教育学会認定:家庭教育師・家庭教育アドバイザー
家庭教育支援協会:理事
栃木県男女共同参画地域推進委員

柳川 由紀

柳川 由紀

柳川由紀(やながわ ゆき)神奈川県横浜市出身。
▼柳川由紀 ブログ「子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育」
http://ameblo.jp/kateikyouiku/">http://ameblo.jp/kateikyouiku/">http://ameblo.jp/kateikyouiku/

静岡のマスコミ企業に就職し、幼児教育相談事業番組を始め教養番組、ドキュメンタリー番組、情報番組などを担当。
20年余りに及ぶ番組制作、各媒体での取材経験から、「コミュニケーション能力の引き出し方」を中心に「親として、子どもの成長に合わせた寄り添い方のコツ」を伝授。
2009年、日本家庭教育学会認定の「家庭教育アドバイザー」資格を取得後は、静岡市学校教育相談員を経て、家庭教育支援協会理事を2015年まで務める。「親力アップ静岡」を主宰し、「子どもを伸ばすための家庭教育講座」を「親の力」に視点を置いて開講している。
一方、表千家流茶道を20年以上続ける中で禅語の面白さに触れ、その中に家庭教育のヒントを見出し、禅語と結びつけた家庭教育の大切さも講座やワークショップで伝えている。
家庭教育アドバイザー。日本家庭教育学会会員。静岡県家庭教育支援員。静岡市食育審議委員。表千家講師。

中津山 恒

中津山 恒

中津山 恒 中津山経営コンサルティング代表
HP: http://www.nakatsuyama.biz/

◆資格等
中小企業診断士、通訳案内士(英語)、TOEIC 950、ITサービスマネージャ、システム監査技術者、2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新・経営力向上TOKYOプロジェクト 登録 中小企業診断士。川崎市中小企業サポートセンター 派遣専門家。かわさき中小企業診断士クラブ会員。ミラサポ登録専門家。

◆略歴
1987年 富士ゼロックス株式会社に入社。以来、一貫してソフトウェア関連の研究開発に従事。研究成果の事業化、ソフトウェア製品開発、企業風土改革、新規事業検討、マーケティング改革、事業戦略検討、技術者教育など、様々な職務を経験。専門分野は、文書処理、情報セキュリティ、Web技術、ソフトウェアプロダクトライン開発、ITサービスマネジメント等。 2013年4月、中小企業診断士登録。一般社団法人 東京都中小企業診断士協会 城東支部所属。中小企業診断士業務を開始。2014年7月 独立

三浦 由美子

三浦 由美子

MIURAマネジメントサポートオフィス代表

▼資格
臨床心理士、シニア産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、国際EAPコンサルタント

▼職歴
株式会社イトーキ人事部にて、人事・採用・社員教育を担当。モトローラ株式会社にてEAPコンサルタントとして、カウンセリングやマネジメントへのコンサルテーションを行う。株式会社イープ(現ピースマインド・イープ)にて臨床スーパーバイザーとしてコンサルティングのほか、カウンセラーの育成や管理職研修の講師、EAPに関する調査研究の業務に携わったのちに、独立。立教大学、成蹊大学、看護学校の講師としても勤務中。

▼専門領域
・影響力の法則に基づいた、対人コミュニケーション
・産業領域におけるカウンセリング、管理職へのコンサルテーション
・組織へのコンサルテーション(メンタルヘルス対策、社員のビヘイビアリスクマネジメント)
・キャリア相談や人材育成、組織の活性化のコンサルテーション

梅本 和比己

梅本 和比己

1974年 明治大学法学部卒業。株式会社ライフ・サイエンス・センターに入社。
主に医学・看護学の講演会企画・出版を担当。
1978年 株式会社チーム医療設立、代表取締役。
1997年 日本交流分析学会認定交流分析士 資格取得
2002年 サンタフェNLP/発達心理学協会認定トレーナー 資格取得
2008年 ICC認定国際コーチの資格を取得
2011年 ICNLPマスター・トレーナーの資格を取得

○主な活動
● 管理・監督者対象:組織内コミュニケーション・メンタルヘルス研修
● 大学職員のためのキャリアカウンセラー養成講座
● リーダー、マネジャー対象:コミュニケーションとリーダーシップセミナー
● 病院職員のための顧客対応セミナー
● お母さんのための子育て講座
● 介護職員・栄養士のための指導・教育研修
● NLPトレーナー養成講座
● コミュニケーションファシリテーター養成講座

○主な著書
「苦手意識は捨てられる」(2006年) 中経出版
「仕事の苦手」がみるみる消える本(2007年)     PHP研究所
「NLPの本」(2011年)                   株式会社西東社

岩本 好之

岩本 好之

ピープル・ブリッジ代表(人材育成コンサルタント、パーソナルカウンセラー)

「人と夢をつなぐ。人と人をつなぐ。人と組織をつなぐ。」をモットーに、人材育成や問題解決コンサルティング、個人向けカウンセリング・コーチングを行っている。
コンサルタントとカウンセラー・コーチの両面を持ち、「頭と心に効く」と好評。研修実績は、述べ5,000人を超える。

【資格】
・米国NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー
・日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー
・シックスシグマ ブラックベルト(GE社在籍時) 他
【略歴】
・米国コングロマリット企業GE(ゼネラル・エレクトリック)で、数多くのシックスシグマ手法による
問題解決プロジェクトの推進、および人材育成に携わる。
・大手金融機関にスカウトされ、教育部門の責任者として全社的な経営品質改善活動の推進、
および各種研修の企画立案、実施をおこなう。
・さらに専門性を高めるために組織変革コンサルティング会社へ移り、多様な企業の組織開発、
人材育成を実施。
・独立後ピープル・ブリッジを設立。
・企業研修講師、カウンセラー、コーチとして活躍中。

佐藤 寛

佐藤 寛

企業研修講師
実践実務教育研究所代表
元・大学教授(キャリア開発論)

▼経歴
日本交流分析学会教育研修委員や監事をへて、現在将来計画委員。日本交流分析協会専門委員・准教授。日本産業カウンセラー協会会員。

▼著書
『あの人の部下になりたいと言わせる本』『お客様からの感謝状』(実務教育出版)
『あなたもプロ講師になれる』『交流分析エゴグラムの読み方と行動処方』『課員離職のための心理的ゲーム丹生も』(鳥影社)
『山岡鉄舟 幕末維新の仕事人』(光文社新書)
『ダイヤモンドビジネス開発プログラム』『スタートナウ90』(ダイヤモンド社)

政策パンフレットを含めて30数冊の著作がある。

福本伸夫

福本伸夫

経済産業大臣登録 中小企業診断士 シグマデザイン代表
鹿児島大学法文学部心理学専攻卒業、ソニーマーケティング株式会社勤務後2009年独立
コンサルティングおよび研修講師として累計1万人を指導
新入職員から管理職に至るまで全ての階層別教育を幅広く実施

【テーマ別】

■問題解決手法(シックスシグマ)
■リーダーシップ
■タイムマネジメント
■モチベーション
■OJT育成の基本
■コーチング
■評価者訓練
■ロジカルシンキング
■クリエイティブシンキング
■ファシリテーション
■財務諸表を読み活用する
■実務統計
■手描きPOP
■文書力向上
■研修講師養成 など

玉川  一郎

玉川 一郎

1964年東京生まれ。早稲田大学政治経済学科政治学科卒。予備校時代から実に30年近くマインドマップを使い続けてきた日本一のマインドマップ実践者の一人。発明者ブザン氏より日本初のインストラクター研修を受けた一期生として日本におけるマインドマップ研修プログラムを作るリーダーとして活躍。弘前実業高校、鷲宮高校、羽村三中などの公教育、第一三共製薬、トヨタ自動車などの企業研修、ビジネスセミナ―などのべ300回以上マインドマップ講座を開催。
株式会社たまいちコーポレーション代表取締役。ビジネス講師として二十年近く活動。総講演数千五百回を超える。マインドマップ、フォトリーディング、全脳思考モデルなど知識社会に不可欠なビジネススキルの研修会社を主催。講座の満足度は常に高く受講生から圧倒的な支持を得ている。著作に『マインドリッチ~人生を変える新しい価値観』(講談社)。ThinkBuzan公認インストラクター。

高橋 慎一

高橋 慎一

AG法律アカデミー 代表
法務博士
元パラリーガル

【プロフィール】
豊富な知識と実務経験によって裏付けされた、法律事務所へ就職・転職するための骨太講義。
講義に対する情熱は、強く熱く、法律事務所への就職内定者を多数輩出している。
「就職転職のための実務直結講義」をモットーに、徹頭徹尾、「実務で必要な知識」という視点から 講義を行う。
講義は、基礎に重点を置いたメリハリのついた内容で、難解な法律用語も徹底的に噛み砕き、身近な具体例を挙げながら解説 することから、法律初学者からは特に好評である。

【略歴】
・1999年  神奈川大学法学部法律学科を卒業後、大手日用品メーカーに就職。
入社から退職まで、マーケティング部に所属し、新商品の開発業務に従事。
・2003年 法律事務所に転職し、パラリーガルとして弁護士の補助業務(法律補助業務)を行う。
・2005年 法律事務所在職中、司法試験短答式試験に合格。
・2010年 龍谷大学法科大学院法務研究科 法務博士課程を修了。
同年AG法律アカデミー設立。
・2011年 法科大学院法務研究科において、教授助手として演習科目を担当。
・2012年 AG法律アカデミーの本校を大阪に移転。
現在、東京・大阪・京都にてパラリーガル養成講座を開講する他、各地でセミナー、講演活動を行う。

■ 公式ホームページ http://paralegal.main.jp/

中島 俊治

中島 俊治

個人事業主「春翠工房」代表。
Web講座「東京アプリ・ワークショップ」代表・講師。
◇東京アプリ・ワークショップ⇒http://on.fb.me/tokyoAppWorkShop

岡山県生まれ。水瓶座。ソフトバンク、ジオシティーズ、ヤフー、ベクター、SBI、ジョインベスト証券で企画・制作を経て個人事業主へ。Webアプリの甲子園「マッシュアップアワード6」入賞。
現在、企業研修や自主講座で、HTML5の講師を担当。学んで覚えるよりも「触れて楽しむということをモットー」に、HTML5の便利さ・可能性を伝道しながら日々活動中。趣味は、アマチュア無線・合唱
※便宜上「ホームページ」と表記していますが、正しくは「Webページ」です。

松本 美佳

松本 美佳

自然療法治療室 松本鍼灸接骨院アロマセラピスト ナチュラルセラピースクール M’s touch 主宰
チャイルドケア研究所主宰日本アロマコーディネーター協会(JAA)「チャイルドケア通信講座」企画監修及び講師 
日本家庭教育学会認定家庭教育アドバイザー チャイルドカウンセラー 家族療法カウンセラーほか。
日本家庭教育学会 常任理事 家庭教育支援協会 理事
‘90年出産を機に自然療法による子育てやライフスタイルの提案と講師活動を積極的に行う。すべて命は「チャイルド」という考えを基本に、子育てや、家族、家庭、生活、ライフスタイルを自然療法と家庭教育を融合した「チャイルドケア」として提案。 家庭でできるホームケアの可能性を追求している。

ナチュラルセラピースクールM’s touch/自然療法治療室 松本鍼灸接骨院/チャイルドケア研究所
https://cckenkyujo.jimdo.com / https://mstouch-childcare.com / https://mstouch.net
※チャイルドケア基礎講座は、通信講座でも学べ、資格習得もできます。
JAAアロマコーディネーター協会 チャイルドケアhttp://childcare-jp.com/

和田 みゆき

和田 みゆき

家庭倶楽部代表。
学校法人八洲学園理事、学校法人文理開成学園理事、NPO法人いばしょづくり理事、一般社団法人KIDS社交ダンス協会理事、日本家庭教育学会常任理事、家庭教育支援協会副理事長

自身の子育ての失敗と成功体験を通じて「子育ては、人類最大の事業であり、自身の天職」と感じ家庭教育研究家として、日本家庭教育学会認定の家庭教育アドバザーとして、子供の生まれ持った能力を最大限に引き出す和田みゆきメソッド『子育て開花プログラム」を開発。
子育て・親育てに関する家庭教育講座・セミナー・講演・執筆活動等に日夜情熱を注ぐ。

U-stream子育て番組「MamaBATV」や子育て雑誌FQ主催「イクフェス」イベント出演をはじめ、個人指導塾TOMAS藤沢校での定期講座、神奈川県主管講座、企業・塾・幼稚園・ママサークルでの講話から個人レッスン・自主開催子育てセミナーなど幅広く活動中。

▼活動の詳細は、下記ブログをご参照ください。
http://ameblo.jp/miyuki-lifestyle

赤レンガ読書会

赤レンガ読書会

赤レンガ読書会は、もともとは本好きの友人同士が集まったお茶会でした。

それがやがて「赤レンガ読書会」となり、ホームページ(http://akarenga.main.jp/)にて一般の参加者を集めて、横浜・東京で読書会を開催するようになりました。参加者の年代や男女比は課題本によって多少異なりますが、年代は10代~60代まで幅広く、男女比もほぼ同じです。20代~30代の若い世代が特に熱心に議論に参加して下さり、会話が盛り上がります。

※読書会では誰もが気持ちよく発言、参加できるよう、いくつかルールを設けております。
※左上:安下祐輔氏/右上:米山則子氏
左下:阿部貴之氏/右下:粟野隆文氏

中山 三照

中山 三照

2006年、大阪市立大学大学院創造都市研究科修士課程都市ビジネス専攻 (アジア・ビジネス研究分野) 修了 (修士:都市ビジネス)。2007-2009年、 京都大学キャリアサポートセンター キャリアリサーチディレクター (京都大学若手研究者キャリアパス多様化促進計画、KUCP)、2009年-2012年、タイ王国・ラチャプリュックカレッジ 国際リサーチセンター (IRC) 専任講師・兼任国際コーディネーター。現在、八洲学園大学市民フェロー(本学公開講座兼任)、大阪観光大学観光学研究所客員研究員、京都大学生態学研究センター協力研究員。Malta Institute of Management (MIM) メンバー(インディヴィデュアル)。

主な著書:
『民間レスキュー大国タイの広域的発展』BookWay書店(2014)

『非常識時代の大潮流 ネクスト円、海外旅行リスク、オンライン大学、商業宇宙旅行』
BookWay書店(2013)

『格安航空会社の日本開国 第三の黒船到来と日本人海外流出の本格化』、BookWay書店(2010)

『タイにおけるクリエイティブ・ツーリズムの発展と観光地域防災の新たなシステムづくり』、
BookWay書店(2010)

『公的補助金に依存しない社会事業の実現 タイにおける華人の慈善活動と民間主体のレスキュー・シ
ステム』、青山ライフ出版(2008)

大江 知行

大江 知行

八洲学園大学専任講師。大江マネジメントコンサルティング代表。1988年早稲田大学政治経済学部卒。1993年米国ニューヨーク州ロチェスター大学経営大学院卒(MBA)。日系石油会社、英系ブランドコンサルティング会社、米系化粧品会社、米系化粧品・サプリメント会社でマーケティング本部長を経て独立。グローバルビジネスの経験から、日本人の得意とするチームプレイだけではなく、「個人対個人の場面でのビジネス力」の向上、および「自律的キャリア」の支援に携わる。大学ではビジネス系科目を担当。

高鷲 忠美

高鷲 忠美

東京学芸大学教育学部卒業。静岡県立大学短期大学部助教授、東京学芸大学教授を経て八洲学園大学特任教授。
学校図書館経営論、情報資源組織法が専門。学校図書館司書教諭の必要性を訴え、様々なメディアに取り上げられています
(朝日新聞・読売新聞など多数)。

中村毅

中村毅

某商社系運用会社にて個人向け資産運用を提供。退職と同時にファイナンシャルプランナーとして『何故、人は損をする行動を好んで取るのか?』をテーマに、個人向けライフプランに積極的に資産運用を組み込み、引退後、心豊かな生活を送って頂けるよう活動。FP-RECOにおいて、ご当地FP(R)としても活動中。

・資格 ファイナンシャルプランナー2級 初級終活カウンセラー
・講師HP http://keserasera.holy.jp/
・ブログ http://ameblo.jp/keserasera3/
・Facebook  https://www.facebook.com/keserasera3
・FP-RECO HP  http://www.fp-reco.co.jp/