講師プロフィール (中村 貴司)

中村 貴司

<経歴>
日系・外資系証券会社、損保・証券系運用会社でアナリストや年金基金、投資信託のファンドマネージャー等を経て現在、証券系調査・研究機関でストラテジストとしてテクニカル分析を中心に株式投資や資産形成のためのリート、投資信託、ETFなどを幅広くカバー。伝統的ファイナンス理論に基づく「ファンダメンタルズ分析」に加え、投資家心理・投資家行動を中心とした「行動ファイナンス理論」や「テクニカル分析」などをテーマにした講演多数。「AI(人工知能)」や「ESG(環境・社会・企業統治)」投資などの持続可能な成長テーマにも強み。市場を多角的・多面的に見るために「ファンダメンタルズ運用と非ファンダメンタルズ運用」、「アカデミック・理論と実践・実務」、「短期投資と中長期投資」のバランスを重視している。

英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA。慶應義塾大学商学部卒。
アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院 米国臨床心理学修士号(MA)
日本ファイナンス学会、行動経済学会、日本FP学会、パーソナルファイナンス学会、人工知能学会等に所属。国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)理事、日本テクニカルアナリスト協会 研究Ⅰ部部長、日本FP協会 東京支部運営委員、日本証券アナリスト協会 代議員等を務め、さまざまな協会・団体と協力・連携しながら、貯蓄から投資・資産形成に向けた流れや金融リテラシー向上のために金融・経済教育の普及・啓発に努めている。

<資格・メディア・講演活動等>
国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、CFP 、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、国際テクニカルアナリスト連盟 検定テクニカルアナリスト(MFTA)、英国王立勅許鑑定士(MRICS)、不動産証券化協会認定マスター、日本CFO協会 グローバルCFO(米国CTP)、認定事業再生士(CTP)、中小企業診断士等。

メディア・講演活動として日経CNBC、日経新聞、QUICK、Bloomberg、東洋経済オンラインなどでコメント・執筆し、早稲田大学院ファイナンス科「ファンドマネジメント講座」、同志社大学東京キャンパス、明治大学リバティアカデミー、八洲学園大学(金融・投資・資産運用担当)、シグマインベストメントスクール等で現役のプロおよび個人投資家・学生向けに講師を務める。

東海東京TV「中村貴司のテクニカル・ウォッチ」
http://www.tokaitokyo.co.jp/tv/public/market/global.html
教員紹介ページ
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_nakamuratakashi.php

Yahoo!ブックマークに登録