八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >学芸員資格の【取得】

学芸員資格を目指す 資料請求はこちら

八洲大学のメリット



■教育訓練給付制度について

2017年第1・第2学期入学(4月・7月入学)の方は、利用できません。
2017年第3学期入学(10月入学)の方より、利用できるよう申請準備中です。
2017年第1・2学期入学(4月・7月入学)の方には、平成30年3月31日までに資格科目の全単位を修得されれば、教育訓練給付制度を利用した際と同等の額が本学より給付される特別措置を実施します。

参考:特別措置についてはこちら

博物館学芸員資格 取得ルート

四年制大学の卒業など、条件により博物館学芸員資格取得に必要な条件が異なります。
下記チャートより、あなたにあった取得ルートが確認できます。

博物館学芸員資格 取得ルート

資格取得者状況と資格取得者の声

現在までに、570名が博物館学芸員資格を取得しています(2016年3月31日現在)。

50代男性 就職してから、ずっと今の仕事をしているが、自分の知らない分野について学ぶことが楽しかったです。資格を今の仕事に生かせることはあまりありませんが、博物館を訪れる機会が増えたり、見方が深まりました。
40代女性 何度も見学に行くのは大変なので、博物館の見学メモ を詳細に取りました。事前にレポートの概要を決めてから、それにあわせて見学するのがいいかもしれません。レポートは早めに取り掛かり、先生への質問も早めにしたほうがいいです。面倒見のいい先生は、丁寧に教えてくださいます。
50代女性 近隣の博物館などを何カ所か見学して、早めに博物館実習の実習先を考えておくことが大切です。
60代男性 先生に質問したり、レポートで添削いただいたりして連携を取りなが ら進めることが学習意欲の向上に繋がると思います。
30代女性 ネットでの学習なので他の方がどんな勉強を行っているのか、どんな進み具合なのかわかりません。その分不安になるとは思いますが自分を信じ、自分を追い詰めすぎずに学習を進めていって頂きたいです。
60代男性 私は就職を目的にしているわけではなかったので、気軽に受講できましたが、毎年全国で何千人もの方たちが資格取得をするのに、就職できる可能性は低い事は知っておいてほしいと思います。博物館ボランティアなどで活動する場合にも博物館学を学んでおくことは大いに役立つと思います。私が実習でお世話になった学芸員の方も、市役所に就職し、一般行政職として10年近く勤務した後、希望が叶い博物館に廻ることができたそうですが、ずっといられる保証はないそうです。
50代女性 大学に毎日アクセスし習慣化することで、自然と生活の一部になるので、それとなく課題の締切や学習のことが気になっていました。コツコツできないタイプですが、それが良かったと思います。
30代女性 社会人になってから何かを学習するというのは困難はつきものですが、資格取得という目標を成し遂げたときの達成感は感慨深いです。
20代女性 資格を取得したい、と思った時が勉強を始めるチャンスです。自分に資格が取得できるのか、仕事との両立は大変ではないか、と不安がたくさんあると思いますがいざ学習を始めてみれば、きっと乗り越えられます。最初の一歩が一番勇気がいるかもしれません。モチベーションが下がったり、日々の生活が忙しかったりしても、自分に負けず勉強を続けてください。八洲学園大学の教職員の皆様方、学生、OB等、たくさんの人がサポートしてくれるはずです。
20代男性 課題提出の時期などはとても忙しくなりますが、毎日少しずつコツコツと学習を進めていくことができれば、大きな負担にはなりません。博物館実習の実習先(候補も含め)を探すのは少し大変です。自分の興味・関心やどういった種類の博物館で実習したいのかということを自身の中でまとめ、実習の履修登録をする前から実習候補先を探しておいたほうがいいと思います。

募集概要

四年制大学卒業の学歴と、所定の9科目19単位の修得が必要です。 これらの科目のうち博物館実習を除く8科目16単位を修得していただいた後に、次学期以降に実習を履修していただく流れとなります。
博物館実習は、通常1週間~2週間、指定された期間に行います。取得までの最短期間は1年間となり、学費総額は190,500円~(実習費、テキスト代、デポジットなど諸経費別)となります。

最短期間 合計費用 ※1 学歴要件 ※2 科目・単位数 ※3 スクーリング 時間割 備考
1年 190,500円~
教育訓練給付金 対象講座
学士(大卒) 以上 9科目19単位 1科目2単位+実習 詳細はこちら 博物館で1~2週間程度の実習が必要
  • ※1 開講スケジュールにより、資格取得期間が変更になる場合がある。入学金(または登録料)、最低単位修得期間分の学籍管理料 、授業料、科目試験料、スクーリング受講料などの合計。実習費、テキスト代、デポジット(預かり金)等は別途必要となる。
  • ※2 学歴要件を満たしていない場合は、正科生として入学し、資格取得に必要な科目以外も履修する必要がある。
  • ※3 学歴要件を満たした人が、資格を取得する場合の値。正科生として入学して、卒業を目指すと共に資格を取得する場合は、卒業要件を満たすだけの単位修得が必要となる。
資料ダウンロード。
資料請求・ダウンロードはこちら

PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

(出願はインターネットから行うため、願書などは同封されておりません。)

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ