八洲学園大学トップ > 学部・学科紹介 > 興味のある科目を学びたい方
「来校不要・在宅学習」

「自分らしく、まなぶ」

~働きながら、家事や育児をしながら、興味のある科目を学ぼう~

01.

本学は約200科目を「仕事力を上げたい」「身近な法律を学びたい」など12の領域に分け「科目シリーズ」と呼んでいます。一つの領域の科目を中心に学んでも、領域に捕らわれず学んでも構いません。気になる科目があれば履修してみてください。

●哲学や思想を学びたい
科目例: 倫理学 / 人間と宗教 / 西洋思想古典講読Ⅰ / 明日の一歩・松下幸之助に学ぶ人生哲学 / 「学び」と「教え」のこれまでとこれから / 日本思想史概説  など。

●社会や文化とのつながりを考えたい
科目例:民話と県民性 / 笑いと文化 / 武道文化概論 / 生きる力のもとの探求 / 世界遺産概論/ バーチャル博物館の旅 /異文化理解入門-現代世界を読み解く-  など。

●現代社会について考えたい
科目例:現代人と哲学 / 西洋思想と現代社会 / レジリエンス論(哲学・宗教) / 現代社会といやし / 逆境を生きる / 生命の倫理 / 日本国憲法と現代社会  など。

●文学や古典を学びたい
科目例: 敗者の人生と文学 / 人生の諸相と文学 / 俳句と俳文Ⅰ / 俳句と俳文Ⅱ / 漢字と心の形 / 万葉と日本人のこころ  など。

●環境について考えたい
科目例: 資源環境と人間 / 水資源概論(食糧と水・エネルギー・環境) / 省エネルギー概論 / テクノロジーの発達とヒューマニティ  など。

●子育てや教育を考えたい
科目例: 心豊かに語り合える親子コミュニケーション / 障害児の理解と支援 / 学校教育と家庭教育の原理 / 高校生の非行と問題行動 / 子どものスポーツ / 昔話と道徳  など。

●文章力や思考力を鍛えたい
科目例: 情報リテラシー(情報活用から考え方・書き方まで) / 論理的思考1(数学的思考と発想) / マインドマップを使った放射思考演習 / 初年次セミナー  など。

●情報技術について学びたい
科目例: 情報アクセシビリティとバリアフリーデザイン / 「HTML5」への招待-ホームページのつくり方- / Webアニメーションへの招待-動くホームページのつくり方- など。

●身近な法律を学びたい
科目例: 法学概論 / 民法1(総則・物権) / 民法2(債権法) / 家族と法 / 消費生活と法 / 労働法 / 情報と法 / 行政法  など。

●仕事に役立つ法律を学びたい
科目例: コンプライアンス概論 / 商法 / 著作権法 / ビジネス文書作成・読解 / 知的資産マネジメント / 法人税法入門 / 所得税法入門 / 原価計算入門 / 消費税法 / 相続税法   など。

●仕事力を上げたい1
科目例: ビジネス・スキル「状況判断と決定力」 / ビジネス・スキル「折れない心とポジティブ・シンキング」 /ビジネス・スキル「聴く力で人間関係を改善する」  など。

●仕事力を上げたい2
科目例: 実践マーケティング / 財政学入門 / 経理実務入門 / 簿記(入門) / 簿記と経営 / NPO法人の基礎 / CSRと経営戦略 / 心理カウンセラーの実務~入門編~  など。

キャンパスでのスクーリング授業の様子

学習システム上のスクーリング受講の様子

02.

本学の学習は、「スクーリング履修科目」と「テキスト履修科目」の2通り。すべてインターネット上で行います。

●スクーリング履修科目とはなんですか?
決められた日時にパソコンあるいは来校で授業を受けます。全15回授業に参加し、最終試験に合格することで単位修得です。もちろん試験もインターネット上で行います。

●決まった日時に休みが取りにくいのですが。
忙しい社会人のために平日開講の一部科目では「再配信授業」の制度を設けています。「再配信授業(※)」とは授業終了後に配信される録画された講義を当日中に受講し、1時45分までに感想レポートを提出することで出席扱いとする制度です。
(※)ただし、司書資格の科目は対象外です。

●試験のときは、どこかの会場に行くのですか?
試験は、決められた日時で試験を行なう試験方式と、決められた期間内で試験レポートを提出するレポート方式があり科目により決まっています。どちらもインターネット上で行いますので来校不要です。また試験方式で受験できない場合は、「代替レポート」としてレポート方式への切り替えも可能です。

●テキスト履修科目とはなんですか?
教科書を購入し読み進めます。決められた時期に課題を提出し、最後の科目修得試験に合格することで単位修得です。授業は行われないので、自分のペースで進められます。

03.

目的に応じて自分のペースで卒業できます。「学生支援センター」「キャリアコーディネート室」が、一人一人の状況に合ったサポートをします。

●わからないことがあったらどうすればいいですか?
学生支援センターは平日9時-21時30分まで、土日祝日は9時-17時まで電話が繋がります(※行事等により、受付時間が変更となっている場合を除きます)。

●課題レポートが難しいと聞いたのですが?
国家資格の科目ですので、決して簡単ではありません。しかしながら、少しでも課題レポートが合格できるよう、学生支援センターでは、課題レポート対策や試験対策の説明・交流会をインターネット上で開催しています。ぜひこうした説明会を活用ください。

●就職支援は利用できますか?
本学は通信制大学では珍しい就職支援を展開しています。希望すれば求人情報の紹介や、就職イベント・セミナーを受講することができます。もちろん来校は不要です。

●卒業後も就職サポートを利用できますか?
卒業後も求人情報の配信や就活セミナーを受講可能です。皆さまの目標が達成できるまでしっかりとサポートいたします。



04.

先輩はどのように学習しているの?先輩たちの声をご紹介します。

在学生 三浦さん
「まずやってみよう」というのが信条なので、学習を進めながら計画を練りました。そして、大雑把に教科書を読んでおき、課題レポートの提出期間中にじっくり考察する、という学習スタイルを取りました。履修した科目はテキスト履修でしたので、やる気も問われているのだと感じていました。

05.

学費は、履修する科目数によって決まる学費制度を採用しています。一人ひとりの学費総額は異なります。

  • ※1 入学金は入学時のみのお支払いです。
  • ※3 代表例です。異なる金額の科目もあります。
  • ※2 履修時期により、いずれかを納入します。
  • ※4 科目により異なります。

●学費サポートは何かありますか?
奨学金やオリコ学費サポートプラン、八洲学園グループ校割引など希望をすれば様々なサービスを利用できます。

●シニア向けの学費サポートはありますか?
50代以上のシニアを対象にした、学費定額プランがあります。多くの科目を一度に履修される場合はぜひご利用ください。

最後に.

オンライン入学説明会を学習システム上で開催しています。

●開催はいつですか?
説明会は毎月1回~2回の頻度で開催しています。開催日程と予定が合わない場合は、個別に開催もしておりますのでお気軽にご相談ください。オンライン入学説明会の詳細はこちら

さらに詳しい情報を知りたい方

【学習方法】
学習の流れについて

詳細はこちら

【科目シリーズ】
開講する全科目について

詳細はこちら

【サポート体制】
学生支援センターについて

詳細はこちら

【サポート体制】
キャリアコーディネート室について

詳細はこちら

【学費】
学費制度やサポートについて

詳細はこちら

【先輩の声】
インタビュー記事について

詳細はこちら

【募集要項】
出願の期間や方法、提出書類について

詳細はこちら

【PR:公開講座】
大学入学に不安がある方

詳細はこちら
ページトップへ

このページの先頭へ