八洲学園大学トップ > 八洲学園大学ブログ > 赤山みほの研究室便り > 学校司書のための新科目について3
赤山みほの研究室便り

学校司書のための新科目について3

2017/11/22

来年度に開講する「学校図書館専門職養成プログラム」の授業内容を検討するために、学校図書館へ見学に行ってまいりました。
今回の見学先は、東京大学教育学部附属中等教育学校です。

中等教育学校というと中学校ではないのか、と思われるかもしれませんが、
中高一貫校で、中学校にあたる学年を前期課程、高校にあたる学年を後期課程とされています。
ラス担任の先生とは別に、卒業論文を指導してくれる先生がついてくれて、後期課程5年(高校2年にあたる)の頃に卒業論文を課して、後期課程6年(高校3年にあたる)まで二年かけて仕上げます。

授業では、教員からの要望があれば学校図書館を利用することができ、
また授業中に図書館で調べたいことがあれば、生徒が先生の許可をもらって一人で来館することもあります。
学校図書館では、資料の提供はもちろんのことノートPCを貸し出し、データベースの使い方なども教えます。
また、授業で特に扱いたいテーマがあれば、近隣の公立図書館から団体貸出をしてもらいます。
団体貸出のための図書資料は、生徒が自分で選び学校司書に伝えて、
学校図書館に授業用図書資料として展示され、授業を行う生徒全員が使用するために貸出はできない状態で配架されます。

授業で日常的に使うことで、卒業論文でも学校図書館を利用しようとなるわけです。

例えば、学校司書さんの悩みとして、どう授業で使ってもらえばよいのかわからない、といった声や、
先生方がいきなり生徒をよこして自習させる場所に使ってしまう、といった声を耳にします。

見学先の学校図書館では、
「先生方に学校図書館について知ってもらうために、通りがかるだけでもいいから来てくださいと言った」
といったことをおっしゃられていて、本当に小さなことの積み重ねをされて、
いまの学校図書館があるのだということがわかりました。

また、
「生徒に持ち回りで掃除をしてもらうようにして、学校図書館に足を運んでもらうきっかけをつくった」
「生徒に居場所として使ってもらえるように、保護者にボランティアはたのまなかった」
といったお話をうかがう事ができ、学校図書館の難しさについて、知ることができました。

まだまだうかがったことはありますが、ひとまずはここまでで。
次回はまた別の学校図書館へ見学にうかがう予定です。

Yahoo!ブックマークに登録
八洲学園大学 〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地

出願・資格取得について・入学前相談・教育訓練給付金等はこちら
 入学支援相談センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

在学生・卒業生・教員免許状更新講習・就職関連はこちら
 学生支援センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

広報・公開講座・教員への取材等はこちら
 総務課広報係 045-313-5454/u-yue@yashima.ac.jp

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

  • 資料請求
  • 出願受付
八洲学園大学

学校法人八洲学園大学 入学支援相談センター

〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地
電話:045-410-0515(平日9:00~21:30 / 土日祝 9:00~17:00)
お気軽にお電話ください

  • 資料請求
  • 出願受付
JIHEE