2021.04.23

【東西】緊急事態宣言発令に伴う当校の対応

生徒・保護者の皆様

4月23日に緊急事態宣言が発令されました。
今回の緊急事態宣言は八洲学園高等学校を含め高等学校に対し一斉休校は求められていませんが、
変異型のコロナウイルスは高校生の皆さんに対しても非常に感染力が強く、とても危険なウイルスです。
学校としても今まで以上に感染症対策をしっかりと行う必要があると考えています。
よって、八洲学園高等学校では、国、大阪府、兵庫県、京都府、東京都からの緊急事態宣言中の方針に従い、緊急事態宣言期間中、以下の対応を行います。

①オンライン授業の実施
※原則、授業開講時はオンラインでも配信予定です。
登校に不安がある方は担任の教員までご相談ください。
②クラブ活動の中止
③体育や音楽、特別活動を中心とした実技や実習を伴う授業や教育活動の延期
④登校時の密を回避する為に、1時限目の授業や教育活動の延期
※緊急事態宣言の発令に伴い、5月6日以降の1時限目はしばらくの間、開講しません。生徒の皆様は2時限目(10時~)から登校をしてください。

上記内容は、今後状況に応じて変更していくことがございますので予めご了承ください。
生徒・保護者の皆様には大変なご不便をおかけし、本当に申し訳ございません。
コロナウイルス感染拡大を抑える為に必要な措置ですので、何卒、ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

令和3年4月23日 八洲学園高等学校 校長 林 周剛