自分の成長に気が付けた3年間

「成長したねと言ってもらえた。」

「中学校3年間の不登校経験から.....」

「中学校3年間の不登校経験から.....」

私は中学校3年間ほとんど学校に通えず、不登校の期間を長く過ごしてきました。中学校3年生になったとき、同学年の状況を親や先生から聞くことが増え、自宅にこもってしまっている状況に焦りを覚えていくようになりました。当時は不登校だったため、高校進学などまったく想像することができず、夢のまた夢のようなことでした。学校に通えていなかったので通学への不安だけでなく、勉強への不安も多くありました。

「高校進学が決まるまで」

「高校進学が決まるまで」

全日制高校や定時制高校を受験する気持ちは持てずにいた中、通信制高校の存在を親から聞かされました。何校かのパンフレットを渡され、その中から気になる学校を何校か見学に行くことにしました。八洲学園高校に見学にいったとき、先生方は他の学校の先生方とは違い、自分の話をただ聞いてくれていました。ひととおり話をし終えた後、理由は分かりませんでしたが、泣いている自分がいました。抱えている不安を解消する答えを出すのではなく、ただ話を聞いてくれただけで心が軽くなり、高校に行きたいという思いが強くなりました。

「入学そして卒業」

「人間関係がもとで不登校に.....」

通学への不安があったので、初めは自宅学習中心のホームサポートクラスに入学をしました。先生が自宅に来てくれ一緒に勉強をしてくれました。始めは不安がいっぱいでしたが、勉強だけでなく、好きなマンガやアニメの話も聞いてくれて、楽しい時間を過ごせたことを覚えています。在宅学習から始め、少しずつ通学できるようになり、2年生の10月には毎日通うクラスにクラス変更をすることができました。中学校の時に経験できなかったクラスメイトとの宿泊実習や遠足にも参加し、卒業までの期間でたくさん笑うことができました。もちろん勉強もしっかりと取り組めるようになりました。

卒業後は専門学校に通い、パソコンの勉強をしています。将来はエンジニアになりたいです。

中学校3年間の不登校から専門学校に進学し、毎日勉強している姿など前の自分では想像もできませんでした。全日制でも定時制でもなく、通信制高校だったから、八洲だったから自分のペースで高校時代を過ごせたと思っています。

「いままで気付かなかった自分の成長に気が付くことができた」
そう感じるとこができた3年間でした。

2015年3月 ベーシックサポートクラス卒業

閉じる