いまだって、明日だってきっと楽しい

「毎日が楽しい、そう思えるようになった。」

「体調面がすぐれず次第に不登校に.....」

「体調面がすぐれず次第に不登校に.....」

私の中学校3年間は起立性調節障害と共に歩んだ期間でした。症状の影響で、起床時間が一定にならず、朝から登校ができる日もあれば、午後からでないと登校できない日々が続きました。規則正しい登校をすることができず、段々と学校の勉強にもついていくことができなくなり、次第に不登校気味になっていきました。体調の悪さ、勉強への不安から毎日が辛くなり、自宅から出ることができなくなり完全に不登校になってしまいました。気持ちは通学したいのに、体がついてこない、そんな状況が3年生の秋まで続いていました。

「高校進学へ」

「高校進学へ」

その頃から、中学校を卒業したあと自分はどうなってしまうのかを考えるようになり、進路について考えるようになりました。登校•勉強への不安があり、こんな自分でもいける高校があるのかと悩んでいた時、母親から一つのパンフレットを渡され、通信制高校の存在を知りました。数ある通信制高校の中から八洲を選んだ理由は、自分に合った通学スケジュールを組めるクラスがあったからでした。

「今だったらそう思える」

「人間関係がもとで不登校に.....」

始めは午後のみのクラスに所属し、勉強をしていましたが、昔からずっと続けているイラストの勉強ができるプログラムがあったため、そこにも所属していました。好きなことが一緒のメンバーと共に学校生活を過ごすに連れ、学校に通うことが楽しくなっていきました。勉強も基礎から学べる内容なため、少しずつ勉強に対しても自信を付けられるようになっていきました。仲良しメンバーの多くが毎日通うクラスに所属していたため、2年生になった時をきっかけに、思い切って毎日通うクラスに変更しました。少しずつ体調とも上手に付き合うことができるようになり、今では毎日楽しく通っています。

八洲は自分のペースに合わせてクラスを選ぶことができ、先生方もそれぞれの事情にあった学習スケジュールを考えてくれるため、安心して通えています。

今まで、通学は私にとって高い壁でしたが、今ではすっかり楽しみの一つになっています。

2013年度入学 ベーシックサポートクラス所属

閉じる