用語集

テストとは

通信制高校においては、全日制・定時制同様にテストの合格により最終成績評価・単位認定がされます。全日制・定時制課程の多くは学年制によって運営されていることが多く、原則は毎日の授業出席と各時期の定期テストの結果によって単位認定がされます。

通信制高校の場合は多くが単位制での運営がされており、この場合の単位修得は、原則以下の考えに基づいて進められています。各都道府県ごとに認可された施設でのスクーリング(面接指導)出席、自宅学習によるリポート作成・提出、それぞれ認可された施設内にてテスト受験、そして合格によって、それぞれの科目に対しての成績評価・単位認定という流れです。

また、学校によっては、独自のカリキュラムで、学校外での学修活動を単位認定の一部として、特色ある教育活動を行っているケースも存在します。さらに学年制では、各学年で履修している科目の単位を全て修得できなければ原級留置になってしまいますが、単位制は各科目ごとで単位を修得していくため、該当年次に未取得の科目があった場合でも、原級留置になることがなく、進級できるケースが多いです。全日制・定時制・通信制に関わらず、テストとは、成績評価・単位認定の基準として非常に大切なものとなっています。