用語集

技能連携校とは

技能連携校とは、技能連携制度を取り入れた都道府県教育委員会の指定を受けた教育機関のことをいいます。

また、技能連携制度とは、学校教育法第55条にもとづいて、高等学校の通信制または定時制の課程に在学する生徒が、都道府県教育委員会の指定する技能教育のための施設・教育機関(指定技能教育施設)で教育を受ける場合、その施設で受けた学習を高等学校の教科の一部の履修と見なすことができる制度です。

この指定技能教育施設のことを技能連携校といいます。技能連携校の生徒は、高校と技能連携校の両方の科目を受講することができ、技能連携校で職業技能を身につけ、同時に高校卒業資格を取得することが可能となります。二つの学校に籍を置き、その両方の学校の卒業を目指すダブルスクールとなりますが、実際は、全日制の学校のように、技能連携校を中心に登校し、そのカリキュラムの中に通信制高校の学習が組み込まれる形態をとっている学校が大半です。
よって、二つの学校に属しているという意識を強く持たず学ぶことが可能となります。