用語集

単位認定とは

通信制•単位制高校における単位認定には、決められた学習を行い、その後単位認定試験で合格する必要があります。
履修している科目ごとに学校や各施設にて面接指導(スクーリング)を規定時間数出席し、自宅や学校などで規定枚数のリポートの作成•提出を行います。

出席必要時間数やリポート作成•提出枚数は各科目ごとに定められており、それぞれを充足しなければなりません。各課題が完了したのち、学校や各施設において単位認定試験を受験し、合格した場合、該当科目の単位修得となり単位認定になります。高校卒業条件として74単位の修得が必要になり、そのためにはそれぞれの科目においても同じ方法で学習を進めます。

また、通信制高校はこのような学習方法のため、個々人に合った学習計画で進めることができます。併せて、出席の時間割や、在籍期間が3年以上であれば卒業のタイミングも自身で決めることができるため、学習計画から受けるストレスを最小限に抑えることができます。