用語集

通信制高校とは

通信制高校とは全日制・定時制の高校とは通学の仕方が異なり、毎日学校に登校する必要はなく、主として自宅学習や、各校の認可施設である本校・分校、キャンパスで学ぶことが出来る学校です。

既定枚数のリポート学習、各認可施設でのスクーリング(面接指導)の出席、単位認定試験の受験による単位修得で卒業を目指します。通信制高校のみならず、全日制・定時制の高校では、在籍期間が3年以上、74単位以上の単位修得、特別活動30時間以上の出席、必履修科目の履修を満たすことで卒業することができます。

高校を途中で転校される方、途中退学をし、編入学をされる方は過去の高校で修得した単位を転編入先の高校で認定されることがあり、その単位数を換算し、卒業に必要な残りの単位数を転編入先の高校で決定します。
公立・私立などによって学費は異なりますが、全日制課程の高校よりも安価で学ぶことができるケースも多く、また、時間的な自由度、個別の学習状況・生活状況に合わせた学びができることも特徴です。卒業時には全日制課程・定時制課程の卒業と同じ「高校卒業資格」を得ることができます。