用語集

教育課程制度とは

通信によって教育を行う過程のことを通信制高校といいます。これは全日制や定時制と同等の教育課程制度をもちながらも、個人に合ったペースで学習をし、高校卒業資格の取得が出来ます。主には、自宅・学習センターなどで学べ、スクーリングや添削指導を受け、単位習得のための試験などの卒業要件を満たして卒業資格を得られるという制度です。一般的な入学の条件は、満15歳以上の中学校卒業者あるいは後期過程中途者であり、年齢の上限は定められていません。これらの特徴から、勤労者、不登校者、中退者などにとって適する教育課程制度であるとして注目されています。

高校卒業後すぐに専門分野の資格習得をして働きたいなどという場合には、技能連携校での専門的な技術を同時に学ぶということも可能です。この場合、広域通信制高校への入学とともに、高等専修学校への入学をすることにより、同時に2校の卒業資格の取得が出来るという大きな利点があります。