みのり高等部

発達障害や不登校、対人関係等でお悩みの方のための完全少人数制の高校です

学校長挨拶

「町田みのり高等部」は、生徒それぞれの個性を重視し、社会で通用できるよう「自らを肯 定し、自らの考え判断で行動できるようになる」を教育目標として活動をおこなっています。 在校生には、不登校や学習障がい、発達障がい、対人関係や学習に不安を持った方、自 立支援を要する方など様々な理由や悩みを抱えている生徒が多く在籍します。 私たち「町田みのり高等部」は、入学してきた生徒を『仲間』として迎え入れ、お預かりしま す。みのりの仲間として生徒に寄り添い、自己肯定に繋がる様々な活動をおこないます。 小学校・中学校の学び直し、コミュニケーション能力を身につけることをベースにしんどい思 い、楽しい思い、つらい思いや嬉しい思いを日々共有し、将来の彼ら彼女たちの自立を見 据えて、「今」をサポートしていきます。 また、戦後の日本では「物」が不足し、厳しい時代がありました。しかし、その苦しい状況の中でも人と人が助け合う「心」の豊かさはありました。「物」が豊富になり、たやすく情報を得ることが出来るようになるにつれて、近年、人と人との距離が離れ、人の「心」の豊かさもどんどん失われている印象があります。勉強ができる、スポーツが出来ることも大切ですが、人として一番大切なのは「心」です。私たちは、「町田みのり高等部」に入学したすべての生徒にその大切さを教えていきたいと考えています。 人は「心」です。人の心を思いやることが出来る優しい「心」を育てていきます。 どうぞ「町田みのり高等部」を頼ってください。私たちは一生懸命そして本気で仲間を大切にします。私たちと一緒にかけがえのない時間を過ごしましょう。

校長 多田浩之