市川 香さん

在校生・卒業生の紹介

市川 香さん

かけがえのない友人に出会えたことを本当に幸せに思います。

平成28年2月22日 在校生代表 市川 香さん

動画を見る

送辞

卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。在校生を代表し、心よりお祝い申し上げます。

最初は、緊張や不安の中始まった9泊10日のスクーリングですが、あっという間に卒業式の日がやってきてしまいました。
一緒に過ごした楽しい思い出ばかりが蘇ってきて、寂しい気持ちで胸がいっぱいです。

今回私が送辞をしようと思ったのは、大好きな友人が卒業するからです。
もう一緒にスクーリングに参加できないのは、とても寂しいですがありがとうという気持ちと、これからも夢や目標に向かって頑張ってほしいというエールを伝えたくて一生懸命考えました。

昔から自分に自信がなく内向的な性格だった私が、いまこの場所に立っているのは、その友人のおかげです。
私は、人と関わる事も友達作りも大の苦手で、高校は単位だけ取って早く卒業できればいいやと思い単位制の学校に通っていました。
でも、友達が一人もいない状態で通うのはとても辛く、もう高校卒業は諦めようかなと考えていた時に見つけたのが八洲学園大学国際高等学校でした。

初めて参加したスクーリングは、とにかく緊張していて早く終わればいいのにと思っていました。
でも、その時出会った友人との出会いがこんな私を大きく変えてくれました。
その友人は、私とは正反対のタイプでとても明るく社交的な性格なので、初めて会った人ともすぐ友達になっていました。
そんな友人が側に居てくれたおかげで、人見知りの私にもどんどん友達と呼べる人ができるようになりました。
そして、自分に少しずつ自信も持てるようになり、あんなに嫌だったスクーリングも、最終日は帰りたくないと思うほどに沢山の楽しい思い出を作ることができました。
かけがえのない友人に出会えたことを本当に幸せに思います。

卒業生のみなさんにも、この学校でたくさんの出会いや思い出があったと思います。
同じ部屋で一緒に生活することで家族のように仲良くなれたり、どうでもいいようなことで大笑いしたり、ここでしか経験できない高校生活の思い出がみなさん一人一人の心に深く刻まれているのではないでしょうか。
八洲学園大学国際高等学校でみなさんと出会えたこと、一緒に過ごした日々を私は絶対に忘れません。
本当に今までありがとうございました。

最後に私が伝えたいことは、夢や目標はあきらめない限り、必ず叶う日が来ます。
これから辛いことも苦しいこともたくさんあると思いますが、何があっても夢に向かって真っすぐ進んでほしいです。
高校卒業という、この晴れの日を迎えることができた先輩方ならきっと大丈夫です。
自信を持ってこれから新しい第一歩を踏み出して下さい。
卒業生の皆様のご健康とご活躍を祈念して、送辞の言葉と代えさせて頂きます。