学習方法
  • TOP
  • テキスト履修
  • スクーリング履修
  • 一日の学習スケジュール例
  • 学事予定・時間割

eラーニングシステムについて学生支援相談センターの職員がお応えします。

佐藤絢

本学の学生さんの約9割は一度も横浜にある大学にお越しいただくことなく、卒業や資格取得をされています。
そのため、eラーニングシステムが「大学キャンパス」です。
働いている方や家事育児をする方など、忙しい方でも学習しやすい環境を整えています。

学生支援センター職員 佐藤絢

e-ラーニングシステムに関する良くあるご質問

テキスト履修とは何ですか?

テキスト履修は、自学自習で進める学習形態です。
授業はありませんので、自分のペースで学習していただきます。
決められた期間に、1回~2回の課題レポートに合格し
科目修得試験の結果をもって単位修得です。

スクーリング履修とは何ですか?

スクーリング履修は、決められた日時にパソコン上で授業を受ける学習形態です。
お近くであれば横浜にある大学へお越しいただいても構いません。
15回(または8回)の授業を受け、最終試験の結果をもって
単位修得です。

学習はどのように進むのですか?

本学では半年ごとに学習計画を立てていただいております。
科目数は1科目から選択でき、皆さんのご都合で選ぶことができます。

例えばテキスト履修を2科目、スクーリング履修を3科目の計5科目を履修した場合、
学事予定表のスケジュールに沿って学習を進めていくこととなります。

パソコンやインターネットを使って学習する自信がありません。
本学で必要なパソコンスキルは以下の3つです。
①パソコンを自分で起動・停止できる
②インターネットブラウザで閲覧操作ができる
③文書から他文書へ、コピーアンドペーストおよびドラッグアンドドロップで、文字列を複写・移動できる。
タイピングが遅いことで不利になる、ということもありません。学生支援センターでも、学習上のパソコン操作や設定なども細かくサポートしておりますので、どうぞご安心ください。
附属図書館の利用はできないんですか?

学生の皆さんは、附属図書館(図4)の利用が可能です。専門書から一般書、絵本やDVDまで、幅広いジャンルの蔵書数は約15,000冊(点)。もちろん、蔵書検索や貸出手続きは24時間お好きなときにeLyから行うことが可能です。

図4:図書館画面

図4:図書館画面

特に多いお問い合わせは、大学で勉強する時の学習参考書は専門的すぎて、近くの本屋さんでは入手できないということ。

近くに大きな本屋さんや専門書の取り扱いがない場合には、ぜひ附属図書館の利用をおすすめします。eLyから貸出手続きをすれば、(居住地によりますが)1週間程度でお手元に届くので、貸出期間の1ヶ月間、ゆっくりと読むことができます。(本を買わないので、お金の節約にもなりますね。)

みなさん、あまり知らないようですが、貸し出し中の書籍等の予約もできます。他の学生さんから返却があり次第、みなさんのお手元に届きます。

忙しい現代社会、時間もお金も可能な限り節約をしたいですよね。学生になったからには、積極的にeLyや附属図書館を活用して学生生活を満喫してください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ