テーマ「子どもと関わるために知っておきたいこと」

テーマ「子どもと関わるために知っておきたいこと」

講師 柳川由紀
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 各回2,000円(税込)
5回分一括申込9,000円(税込)
八洲学園大学国際高等学校関係者
各1,500円(税込)
一括申し込み7,000円(税込)
講義時間・回数 90分×5回

この講座の概要

子どもに関わる時、少しの知識があれば、親も子どもも、もっと楽しく、もっと簡単で円滑なコミュ ニケーションを図ることができます。5回にわたり、日常に活かせるカウンセリング法や、自己肯定感 の育て方、ストレス対処の仕方など、親としての子どもへのアプローチ法をご紹介します。

この講座の受講対象

保護者、カウンセリングに興味をお持ちの方。関心がある方ならどなたでも。

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2016年
10月15日
13:00-14:30
「子どもに生かす簡単カウンセリング」
子どもが言うことを聞かない、イライラする、と言う子育ての悩みは視点を変えることで
解決できることが多いもの。
子どもを理解することから始めましょう。
2 2016年
11月19日
13:00-14:30
「ソーシャルスキルを磨く」
ソーシャルスキルとは 他の人との協調を保って生きるために必要とされる生活上の能力。
この能力を磨き、より良い対人関係を築けるように子どもを導くには?
3 2016年
12月10日
13:00-14:30
「自己肯定感を育てる」
人は、自己肯定感の高さ低さで、幸福度や満足度に差が出ると言われています。
子供とのどんな関わりが自己肯定感を上げるのか、または下げてしまうのか、
押さえておきましょう。
4 2017年
01月21日
13:00-14:30
「コーピングを活用」
コーピングとはストレスに対応する行動。特定のストレスや問題に対処行動をとって、
ストレスを適切にコントロールできるようにしましょう。毎年、難関大学合格者を
輩出するカリスマ塾長と共にお伝えします。
5 2017年
02月18日
13:00-14:30
「受験時に力を発揮するスキーマの形成」
同じ出来事に直面しても、人によって捉え方が違うのは、それぞれ自分だけの判断基準
を持っているから。その人の物事の捉え方を「スキーマ」といいます。
スキーマは、経験や情報から得られる知識が人によって違うため、個性があります。
受験時に力を発揮できるようなスキーマを形成する方法を、毎年、難関大学合格者を
輩出するカリスマ塾長と共にお伝えします。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

柳川 由紀