八洲学園大学 公開講座

生涯学習社会の実現を目指して多数の公開講座を開設

公開講座一覧 公開講座一覧

  • 来校
  • インターネット配信
揺れる大国ロシアは、日本にとって近くて遠い隣国です。
ソ連消滅をめぐる国内外の大きな変動により、ロシアは再び世界史の舞台に登場しました。1991年のソ連崩壊後に成立したロシアは、さまざまな問題に直面していました。広大な領土に暮らす多数の民族をいかに統合し、新たなナショナル・アイデンティティ(国のあり方)をいかにつくっていくかが、最大の課題の一つです。しかしながら、ロシアでは確固とした統合原理が見出せません。公的にも私的にも、自分探しの状態にあります。
そのような中、ロシアでは社会主義体制下で抑圧されてきたロシア正教会が復活しています。ロシアの国家・社会と緊密な関係を結び、国民を宗教的文化的に統合する役割を担いつつあります。
1999年、第二次チェチェン戦争が始まりました。ロシアのマスメディアは、憎悪表現に満ちたチェチェン報道を繰り返します。そして、ロシアにおけるチェチェン嫌いはイスラム嫌いに変化してきました。この戦争は、ロシアを分裂させていくことになります。
本講座では、各種調査のデータや現地の写真を眺めつつ、ロシアのゆくえについて考えます。
講師 宮川 真一 受講料 <各回>1,000円
<3回セット>3,000円
講義時間 90分×3コマ 時間帯 13:00-14:30 , 14:40-16:10 , 16:20-17:50