八洲学園大学 公開講座

生涯学習社会の実現を目指して多数の公開講座を開設

公開講座一覧 公開講座一覧

  • 来校
  • インターネット配信
ゲートキーパーとは、「悩んでいる人に気づき、声を掛け、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人」のことです。そのために必要となる特別な資格はありません。自殺対策では、悩んでいる人に寄り添い、孤立を防いで支援することが大切です。 地域のなかで身近な“こころのサポーター”となるゲートキーパーを増やしていくことで、大切な人の命を守り、自殺の予防につなげていきます。 国の自殺者数は、令和2年以降に増加しています。新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で雇用や生活、人間関係の悪化などが背景にあるのではと指摘されています。また長期休暇後の児童生徒の自殺が増加することも心を痛める問題です。 自殺を未然に防ぐために必要な存在となる「ゲートキーパー」の養成講座として、基本的な傾聴技法とメンタルヘルスの知識についてお話をしていきます。ゲートキーパーの対応だけではなく、自分自身のストレスへの対処方法についても学ぶことのできる、役立つ内容となっています。座学だけでなくグループワークやロールプレイングなど、参加型の研修です。 支援者の方、誰かのために悩みを聴きたいと思っている方、お待ちしております。
講師 竹田 葉留美 受講料(税込) 4,000円(当日 現金払い)
講義時間 270分×1コマ 時間帯 9:30-16:30
本講座の受付は終了しました。多数のお申込みありがとうございました。
現在、働く方が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で選択できる社会の実現が進められ、「個人」と「組織」の関係性が変化しています。そうした社会では「①物事をシンプルに感じること」「②心が喜ぶことを心がけること」「③自分軸の価値観を大切にすること」という考え方が重要です。本講座では上記3つの考え方を踏まえた、今の時代にあった「リーダー」そして「リーダーシップスタイル」を学びます。

講座は一方的に話を聞いてもらうわけではなく、ライブ受講者とチャットを通じたコミュニケーションを取りながら進めていく予定です。また講座途中では「1分間」と称した、講座の振り返りや考えをまとめる時間を設けます。オンデマンド受講者であっても学べますが、時間の都合がつけばライブ受講をおすすめします。

なお、社会人基礎力の考えを踏まえながら「個人の価値観」や「コミュニケーションの本質」を知り、周囲とのより良い関係構築の手法としてインストラクション技法や効果的な質問方法などもお話します。そのため、リーダーとして仕事をしている方でなくても身近な問題として学べます。
講師 越智 昌彦 受講料(税込) 一般5,000円、学生2,000円
※学生は本学科目等履修生も含む
※学生は、本学学生以外も含む
※3回セット料金、単独申込不可
講義時間 90分×3コマ 時間帯 10:40-12:10,13:00-14:30,14:40-16:20