八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 > 社会教育主事(社会教育士)の概要

社会教育主事 資格を目指す


八洲学園大学だからできること

  1. 1
    最短1年で単位修得を目指せる
    単位修得にかかる学費は194,500円~です。
    ※教科書代などの諸経費別
  2. 2
    来校不要のシステム
    授業や課題提出など、全て専用のeラーニング・システムを利用します。
    働きながらでも、一度も通学せず単位修得が可能です。
    ※社会教育施設等への実習が別途必要
  3. 3
    再配信授業での出席も可能
    指定日時の受講が原則ですが、当日中に録画された講義を視聴し指定時間までにレポート等を提出することで出席扱いとなる「再配信授業」も利用可能です。
  4. さらに
    学修終了後に司書などの他の国家資格取得も目指せます。また教養科目も多数開講し、生涯学習に必要な力を身につけることができます。

社会教育主事(任用)資格とは

社会教育主事は、教育委員会の事務局等で、社会教育行政の企画・実施、専門的技術的助言、自主的な学習活動の側面的援助、地域の生涯学習を推進するコーディネート等を行う専門的職員です。社会教育関係の施設職員、指導員、生涯学習アドバイザー等で活躍する際にも有利な資格(任用資格)です。 資格要件を満たした時点で「社会教育士」を称することができます。

社会教育士とは

社会教育主事(任用)資格取得に必要な科目を修得した時点で称することのできる、専門的知識を有しているということを表す称号です(文部科学省による)。国家資格名ではありませんのでご注意ください。称号により以下のような利点が考えられます。


  • ・名刺などに記すことができる
  • ・カルチャーセンター等での活動や有償・無償の地域活動の際に役立つ可能性がある
  • ・社会教育指導員、社会教育施設の嘱託職員等の採用や社会教育に関するNPO法人の採用の際に役立つ可能性がある(自治体や団体による)

旧要件ですでに所定科目修得をされている場合は社会教育士を称することはできません。ただし2020年度からの新要件科目のうち、下記の4科目8単位を修得することにより、「社会教育士」の呼称を用いることが可能です。


・生涯学習支援論1(生涯学習の構造理解と実践サポート)

・生涯学習支援論2(生涯学習支援の展開)

・社会教育経営論1

・社会教育経営論2

単位修得者状況

現在までに469名が単位修得をしています(2022年3月末日時点)。

募集概要

大学に2年以上在学して62単位以上修得し、所定科目の単位修得および一定の実務経験により資格が取得できます。


最短期間 合計費用※1 学歴要件 科目・単位数※2 スクーリング 時間割 備考
1年~
194,500円~
短大卒以上
13科目24単位
2科目4単位+実習
詳細はこちら
-
  • ※1 入学金(または登録料)、最低単位修得期間分の学籍管理料、授業料などの合計。テキスト代、デポジット(預かり金)などは除く。
  • ※2 学歴要件を満たしている場合の値。卒業を目指すと同時に資格を取得する場合は、卒業要件を満たすだけの単位取得が必要。
資料ダウンロード。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。
(出願はインターネットから行うため、願書などは同封されておりません。)
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ