八洲学園大学トップ > 八洲学園大学ブログ > 赤山みほの研究室便り > レポートの書き方について
赤山みほの研究室便り

レポートの書き方について

2017/12/11

Y's SNSという八洲学園大学のSNSがあるのをご存知でしょうか。そちらにアカウントを作ってポチポチ書いていた記事の一つに、レポートの書き方に関する記事があるので、それをまとめてこちらにも掲載しようと思います。

通信制大学で最もつらいのが、自分でやらなければ進まないテキスト履修だと思います。レポートの書き方のための授業はいくつか開講されているので、もしお時間のある方はそちらを受講してみてもよいかもしれません。この記事では、レポートを書く時の基本的なことを書きたいと思います。

レポートを書く時の基本的なこと
・誤字脱字を必ず確認する
・表記ゆれしないようにする (例:子ども、子供、こども)
・自分の意見だけでレポートを書かない
・述べる(事実を書く)、論じる(事実に基づいて自分の意見を書く)の違いについて理解する
・文献に書かれていることを切り貼りしただけの文を書かない

上記のようにいろいろと書かれてもよくわからないという方もいらっしゃると思います。
これはレポートを書く前と書いた後に確認する基本的なことだと思ってください。

レポートを書くにあたって困ることとして、
・何をどう書いたらいいかわからない
・引用の方法がわからない
の2点があるかなと思います。

何をどう書くのかについて
レポートはテーマが与えられて、それについて書きます。まず、テーマについて何も知らない場合には、関連するキーワードで調べていくつか文献を読みます。この時、教科書だけでなく関連する文献も読むのがより良いレポートを書くには欠かせないことです。次に、序論、本論、結論で書くことを決めます。序論では自分の意見を書き、本論では文献を引用しながら自分の意見の裏付けを行い、結論でまとめます。引用の方法は次の項目で詳しく書きますが、参考にした文献はすべて参考文献として一覧にまとめてレポートの最後に書く必要があります。このとき、参考文献はレポート作成の際の文字数に数えないのが原則です。書くことが決まったら、実際に執筆作業に取り掛かります。書いたら二回読み返して、誤字脱字がないか等の基本的なところをもう一度確認します。私もこの記事を三回読み直して、二か所の誤字と一か所の表記ゆれを確認して訂正しました。
詳しくは、私のブログ「図書館の犬」でも記事を書いていますので、そちらも参照してください。

引用の方法について
文献からの引用と自分の意見は明確に分けて書く必要があります。
文献に書かれていることをさも自分の意見のように書くことは「剽窃」といって悪いことです。自分で考えなければならないことを他人の言葉を盗んで書いているからです。
しかし、自分の意見を裏付けたり、または自分の意見とは違う意見を紹介するためなどに文献から言葉を借りることは認められています。それが引用です。剽窃でないことを示すために、引用は自分の意見と文献からの引用を明確に分けて書く必要があるということです。

分け方の一つとして以下のような方法があります。
___

国立国会図書館は”真理がわれらを自由にする”という国立国会図書館法の全文にも書かれているとおりの理念に基づいて設置、運営されている1) 2)。

1) 国立国会図書館法 前文
2) 国立国会図書館. "真理がわれらを自由にする". 国立国会図書館, http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/shinri.html, ( 参照2017-12-11)
___

文献からの引用の部分は””のように記述する方法です。””は「」で書く人もいますが、レポート内で記述が統一されていれば問題はありません。統一されていれば、というのは本のタイトルや単に強調する意味で「」を使用している部分と引用文を「」で囲っている部分が混在すると、引用なのか強調なのかわからなくなってしまうため、混在しないという意味です。
1)をどこに書くかという判断が分かれる部分はありますが、おおむねこのように記述します。

 

※引用の方法については、授業によって先生によって異なる場合がありますので、
 必ずその授業ごとや先生ごとに確認して、それに従ってレポートを作成してください。

 

以下の参考文献にレポートの書き方や文章の書き方について詳しくは書かれていますので、そちらをご参照ください。

・成川豊彦. 成川式文章の書き方:ちょっとした技術でだれでも上達できる. PHP研究所, 2003. 277p.
・木下是雄. レポートの組み立て方. 筑摩書房, 1994, 296p.
・清水幾太郎. 論文の書き方(岩波新書). 岩波書店, 1959, 214p.

八洲学園大学 〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地

出願・資格取得について・入学前相談・教育訓練給付金等はこちら
 入学支援相談センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

在学生・卒業生・教員免許状更新講習・就職関連はこちら
 学生支援センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

広報・公開講座・教員への取材等はこちら
 総務課広報係 045-313-5454/u-yue@yashima.ac.jp

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

八洲学園大学

学校法人八洲学園大学 入学支援相談センター

〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地
電話:045-410-0515(受付時間はこちら
お気軽にお電話ください

  • 資料請求
  • 出願受付
JIHEE