八洲学園大学トップ > 八洲学園大学ブログ > 赤山みほの研究室便り > 隅田川花火大会の由来
赤山みほの研究室便り

隅田川花火大会の由来

2019/08/02

こんにちは、今週と週末の科目修得試験で春学期が終わる方が多いのではないでしょうか。春学期お疲れさまでした。平日スクーリングでは最終課題の締め切りが8月9日の科目が多いようですので、提出がまだの方は頑張りましょう。授業の中でもお伝えしていますが、なんでも直前にやろうと思うとパソコンが壊れたり交通事故にあったり親戚が倒れたり、予想もしない事態が起こりますので早めに取り組みましょう。

さて、去る7月27日は隅田川花火大会でありました。当日は天候が心配でしたが、無事に開催されまして私は自宅から花火大会が見える友人に招待してもらい鑑賞いたしました。日本を代表する花火大会のひとつでありますが、その由来をみなさんはご存知でしょうか。私の母方の実家が隅田川河口に近い場所なので小さい頃からよくみていましたが、由来については知りませんでした。

江戸時代の享保17年(1732)の大飢餓で多くの餓死者が出て、更に疫病が流行し国勢に多大な被害と影響を与えました。
幕府(8代将軍吉宗)は、翌18年(1733)5月28日(旧暦)犠牲となった人々の慰霊と悪病退散を祈り、隅田川で水神祭を行いました。この時に、両国橋周辺の料理屋が公許(許可)により花火を上げたことが「両国の川開き」の由来とされています。” 引用公式サイト:https://www.sumidagawa-hanabi.com/about/

父方の実家は多摩川に面した大田区なのですが、多摩川花火大会は終戦記念日を祝うために行われています。お近くの花火大会ももしかしたら思わぬ由来があるかもしれませんので、ぜひウェブサイトや図書館で調べてみてください。

八洲学園大学 〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地

出願・資格取得について・入学前相談・教育訓練給付金等はこちら
 入学支援相談センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

在学生・卒業生・教員免許状更新講習・就職関連はこちら
 学生支援センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

広報・公開講座・教員への取材等はこちら
 総務課広報係 045-313-5454/u-yue@yashima.ac.jp

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

八洲学園大学

学校法人八洲学園大学 入学支援相談センター

〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地
電話:045-410-0515(平日9:00~21:30 / 土日祝 9:00~17:00)
お気軽にお電話ください

  • 資料請求
  • 出願受付
JIHEE