八洲学園大学トップ > 八洲学園大学ブログ > 浅井経子の研究室便り > 愛媛発:総合教育会議と社会教育委員との関係づくり
浅井経子の研究室便り

愛媛発:総合教育会議と社会教育委員との関係づくり

2015/11/12

去る11月5日に平成27年度愛媛県社会教育研究大会が開催されました。
愛媛県社会教育委員連絡協議会からのご依頼を受け、「教育制度改革(総合教育会議)の中での社会教育の推進」という演題で講演を行いました。

平成27年4月1日に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が施行され、教育委員会制度が大きく変わりました。
その趣旨は、教育の政治的中立性、継続性・安定性を確保しつつ、地方教育行政における責任の明確化、迅速な危機管理体制の構築、主張との連携強化を図り、地方への国の関与の見直しを図ることにあります(文科省HPより)。

今回の教育委員会制度改革により、首長と教育委員会で構成される「総合教育会議」がすべての地方公共団体に設置されることになりました。

前置きが長くなりましたが、愛媛県社会教育委員連絡協議会のねらいは、その「総合教育会議」にいかに社会教育委員の声を反映させるか、その可能性を探るというものでした。
それはとても難しい課題ではありましたが、同法、社会教育法第17条、社会教育委員がモデル的な活動を行っている事例などから、(1)社会教育委員が「総合教育会議」の意見聴取者などとして「総合教育会議」に出席したり懇談の機会をつくったりする、(2)教育委員会への答申や意見具申を通して「総合教育会議」に提案する、といった方法が考えられること、意見を述べたり提案したりする際には客観的な根拠を示す必要があること、などを述べさせていただきました。

他にも方法があるかもしれませんが、「総合教育会議」への社会教育委員の働きかけを通して社会教育の推進を図るという大胆な発想は愛媛県が最初であり、愛媛県ならではのものだと思われます。
実現すれば、社会教育はさらに発展することでしょう。
こころから応援しております。

4日には愛媛県社会教育委員連絡協議会の岡山勇一会長を初め協議会の皆様や愛媛県教育委員会、県内市町村教育委員会の皆様と懇談させていただきました。
その夜は知人のご紹介で、道後温泉の大和屋本店に泊めていただきました。大和屋本店には能舞台があり、廊下等にも能の面や能に関わる調度品が置かれ、美術館のような贅沢な宿でした。

八洲学園大学 〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地

出願・資格取得について・入学前相談・教育訓練給付金等はこちら
 入学支援相談センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

在学生・卒業生・教員免許状更新講習・就職関連はこちら
 学生支援センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

広報・公開講座・教員への取材等はこちら
 総務課広報係 045-313-5454/u-yue@yashima.ac.jp

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

八洲学園大学

学校法人八洲学園大学 入学支援相談センター

〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地
電話:045-410-0515(受付時間はこちら
お気軽にお電話ください

  • 資料請求
  • 出願受付
JIHEE