八洲学園大学トップ > 八洲学園大学ブログ > 中田雅敏の研究室便り > 頑張れ「家庭教育アドバイザー」、今こそ出番だ!
中田雅敏の研究室便り

頑張れ「家庭教育アドバイザー」、今こそ出番だ!

2010/01/20

今年の文部科学省が発表した問題行動に関する調査によれば、小・中・高校生の暴力行為が過去最多を記録したそうである。内容も悪質化し、そのうえ中学生による校内暴力が多発しているようである。

 昨年十月に栃木県日光市の中学三年生の男子が、放課後宿題の作文を書くよう指導されたときに、突然キレ、無抵抗の女性教諭の顔などをなぐり大怪我を負わせた事件が報道された。無抵抗の教諭を殴ったり蹴ったりの暴力行為を働いたのであった。

 神奈川県は暴力行為の件数が9233件と最多で、一万件に近い数であった。学校カウンセラーは「学校の経済的な困窮」と「家庭の教育力の無さ」を指摘している。ささいなことで感情を爆発させる子供が暴力事件を起こすと指摘している。こうした感情教育や穏やかな子供に育てるのが家庭の力であり、「家庭教育」である。

 山形県では、高校二年のSさんが2006年11月に学校で飛び降り自殺をした。死後、Sさんの携帯電話から「いじめを受け自殺を決意した」と本人の書き込みが見つかったが、県教委は「いじめは確認できない」とした。Sさんの父親は「いじめを把握できないのは、子供が本音を明かさないためです」と語ったということである。

 新聞では「暴力内容エスカレート」「小中高の問題行動・突然キレて殴る蹴る」と報道している。それほど暴力行為が頻繁に起こり、低年齢化しているということである。だからこそ家庭の教育力を回復し、家庭教育を拡大させ、意識を「親」や「家庭」にもってもらうことが大事なのである。

 私は埼玉県に住んでいる。埼玉でも同じように毎日の新聞にこうした事件が報道されている。まず見出しを見てみよう。「四小中に侵入、中三ら大暴れ」「屋上で酒盛り」「窓ガラス割り落書」「消火器噴射」などである。読むに堪えない記事だが、1月18日の記事である。

 入間市の小中校四校に侵入して窓ガラスを割った十五歳の中学三年生の男子生徒三人を狭山署は器物損壊の罪で逮捕。川越地検は十四歳の生徒を書類送検。市立東中など四校に計五回侵入し、石やハンマーで廊下の窓をたたき割ったり、教室の机を破壊した。三人の中学生が市内の中学に侵入して屋上で酒を飲み大騒ぎをし、校内の壁に「へのへのもへじ」とスプレーで落書の大書。備え付けの消火器をまき散らす。そうした様子を携帯カメラで撮影し同級生らに見せていたということだ。まったくあきれた行為で驚くばかりである。

 ところが、或るグループは「門限があるから早く帰らないと」と言って立ち去ったという。警察は現場に残された足跡などから生徒らを割り出して逮捕したということだが、更に「呆れたこと」には、親は全くこの事件のことを知らず、生徒達も戻っても何くわぬ顔をしていた」ということであった。

 校内暴力、対教師暴力などのニュースが後を絶たないが、これほど酷い事件、これほど低学年化しているとは、全く呆れた事情である。学校には「生徒指導担当」「スクールカウンセラー」「生徒指導員」らの元教員などのベテラン指導員が配置されている。全国どこの学校にも配置されている。文科省、県教委はその予算も計上しているのである。

 それでは、どういう指導員が必要なのか。それはとりもなおさず、「家庭教育アドバイザー」「家庭教育師」である。これらの中学生は帰宅して何くわぬ顔をして机に向かって、まことしやかに宿題でもしているかのようであったという。親達はわが子がこのような理不尽なことをしてきたということを知らないでいたのだ。それ以上に子供達は「平然」としていたそうである。これは子供だけの問題ではない。親の問題であり、家庭の問題である。だからこそ「家庭教育」は絶対必要なのである。

 本大学もそうした状況の出現を予測して、いち早く「家庭教育を考える大学」を設立した。「教育の原点は家庭である」という理事長の高邁な理想と、日本の教育を根底から変えるという、燃えるような理想を掲げて大学を開校した。これは日本の教育を憂え、将来の親になる若い人達の家庭を考え、日本をよくする、という絶大な考えから出発した「家庭教育を施す大学」として日本で唯一の大学であった。

 家庭教育を学び、家庭のことについて相談できる「家庭教育アドバイザー」「家庭教育師」を養成してきた。今それを学んだ卒業生が各地の教育委員会や子育て支援などの自治体で活躍したり、自分で地域の人々に奉仕している人がいる。本学はこうした人材を育てることに情熱を傾けてきたのであった。本学を卒業し、「家庭教育課程」で学んだ多くの「家庭教育アドバイザー」の資格をもった方々の活躍を心から祈念したいと思っている。

八洲学園大学 〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地

出願・資格取得について・入学前相談・教育訓練給付金等はこちら
 入学支援相談センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

在学生・卒業生・教員免許状更新講習・就職関連はこちら
 学生支援センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

広報・公開講座・教員への取材等はこちら
 総務課広報係 045-313-5454/u-yue@yashima.ac.jp

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

八洲学園大学

学校法人八洲学園大学 入学支援相談センター

〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地
電話:045-410-0515(受付時間はこちら
お気軽にお電話ください

  • 資料請求
  • 出願受付
JIHEE