八洲学園大学トップ > 八洲学園大学ブログ > 中田雅敏の研究室便り > つくつく法師はなぜ悲しい声
中田雅敏の研究室便り

つくつく法師はなぜ悲しい声

2015/08/31

 小泉八雲は本名、ラクカディオ・ハーンである。日本をこよなく愛し、松江城の近くに住んだ。早稲田大学で教鞭を執ったこともあった。日本の女性を妻として小泉姓を名乗った、八雲は無論、「八雲立つその八重垣」で知られた出雲大社のおはします島根県松江に住んだからであった。

 八雲は妖怪について強い関心を持っていた。壇ノ浦にある赤間神社は安徳天皇を祀っている。勿論一緒に亡滅した平家の人々も一緒である。ただ一人、安徳天皇の母君の平徳子のみ義経に助けられ、出家して京都の大原に寂光院という御堂を建て、平氏一門の菩提を弔う生涯を送った。

 しかるに浮かばれぬ平氏の亡霊達は夜な夜な赤間神社の近くの寺に住む琵琶法師の奏でる平家物語に涙した。とうとう安徳天皇のおはします墓前で平家滅亡の有様を説く、琵琶法師の音を聞かせるべく、この法師を夜な夜な墓前に連れ出して語らせたのであった。
こんな俳句がある。

 暮るるなと鳴き暮れてゆく法師蝉

 山川幸子さんという方が詠まれた句であるが、暮れ急ぐ法師蝉の声が、諸行無常の世に「暮るるな暮るるな」と鳴いているように聴こえたという句である。作者は先年に次姉,長姉と次々に亡くされ、今年新盆を迎え終えられたとのことである。

 ツクツクボーシ、ツクツクボーシと鳴き、最後にジィーと鳴きおさめる。なんとも哀れで悲しい鳴き声である。薄暮、その向こうから先立たれたおふたりの姉様の姿が見えてくるようである。一人残されて行き暮れた作者の後姿が見えてくるようである。

 筑紫の国から松江城に嫁した姫が、毎日毎日泣き暮れて、とうとう身まかってしまわれた。そのとき姫が「法師蝉となって筑紫恋し、筑紫恋しと鳴いているのだ」と小泉八雲は言っている。この蝉が鳴くとやがて秋となる。

八洲学園大学 〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地

出願・資格取得について・入学前相談・教育訓練給付金等はこちら
 入学支援相談センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

在学生・卒業生・教員免許状更新講習・就職関連はこちら
 学生支援センター 045-410-0515/u-info@yashima.ac.jp

広報・公開講座・教員への取材等はこちら
 総務課広報係 045-313-5454/u-yue@yashima.ac.jp

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

八洲学園大学

学校法人八洲学園大学 入学支援相談センター

〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地
電話:045-410-0515(受付時間はこちら
お気軽にお電話ください

  • 資料請求
  • 出願受付
JIHEE