【八洲学園大学開放授業】 日本国憲法と現代社会

【八洲学園大学開放授業】 日本国憲法と現代社会

講師 藤森純一
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 17,000円(税込)
講義時間・回数 90分×15回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

近年、日本国憲法の改正が話題取り上げられています。日本国憲法について多くの書籍も出版されています。しかし、本を読むにも、難しそう、なんとなく腑に落ちないということも。そこで、日本国憲法について最高裁判決をベースにして日本国憲法について学んでみましょう。最高裁判決をベースにすることで、具体的なケースを学び、自分の生活に照らし合わせながら理解することができるはずです。日本国憲法は、国内の最高法規として存在します。そして、私たちの自由と権利を保障し、その保障を実効ならしめるため国家権力を制限する規範として重要な役割を果たしています。その役割を、理解してこれからのあり方を考えてみましょう。

日本国憲法で規定する権利自由を学び、現代社会において日本国憲法がどのように活かされているのかを学びます。
また、これからの社会の在り方と憲法の在り方について考えるきっかけとしていきます。

この講座の受講対象

どなたでも
※この講座は八洲学園大学開放授業として、本学正規科目「日本国憲法と現代社会 」を学生とともに受講します。
(入門的な内容で、高校卒業程度の学力が必要)

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2015年
05月10日
9:00-10:30
【日本国憲法と歴史と政治】
日本国憲法を学ぶにあたり、その前提として日本国憲法と政治の関係を講義します。また、憲法が生まれた背景・哲学を世界の歴史を振り返りながら講義をします。政治論と歴史学と憲法を学ぶことの違いをここで学びましょう。 
2 2015年
05月10日
10:40-12:10
【日本国憲法の成立】
日本国憲法の成立過程について。日本国憲法は大日本帝国憲法の改正の限界を超えて無効なのか?押し付け憲法だから無効なのか?という議論について検討をしていきます。今ある憲法の姿が生まれた背景を学びます。 
3 2015年
05月10日
13:00-14:30
【基本的人権とは何か?】
基本的人権の尊重。憲法の基本三原則の一つです。そもそも基本的人権とは何か?日本国憲法に規定されている人権規定に限界はあるのか?を学びます。 
4 2015年
05月10日
14:40-16:10
【基本的人権とは何か?】
基本的人権の尊重。憲法の基本三原則の一つです。そもそも基本的人権とは何か?日本国憲法に規定されている人権規定に限界はあるのか?を学びます。 
5 2015年
05月17日
9:00-10:30
【憲法に規定されていない人権について】
日本国憲法には「プライバシー権」や「環境権」という言葉が載っていません。では、日本国憲法に規定されていない人権は一切認められないのか?私たちのライフスタイルの変化に伴って日本国憲法はどのように対応できるのかを検討していきます。 
6 2015年
05月17日
10:40-12:10
【マスコミ報道とプライバシーの関係~精神的自由権~】
私たちの政治的意思決定は、様々な報道により情報を得て、その情報を元に決定していきます。一方で、過度な報道はプライバシー権、名誉権の侵害のおそれもはらんでいます。また、特定秘密保護法の問題点はどこにあるのか?も検討しながら精神的自由権特に表現の自由について学びます。 
7 2015年
05月17日
10:40-12:10
【私たちが働くということと憲法~経済的自由権~】
ビジネスと憲法について学びます。日本国憲法において、経済的自由権はどのように規定され、いかなる規制があるのか?そして、私たちが働くということは憲法上どのような意味があるのか?を検討します。 
8 2015年
05月17日
14:40-16:10
【格差社会と向き合う憲法】
自由競争のなかで、私たちの生活に格差が広がってきました。では、この格差社会を日本国憲法は認容しているのか?それともあくまでも自由なのか?生活保護や障害者福祉というものの日本国憲法の位置づけを学びます。 
9 2015年
05月24日
9:00-10:30
【一票の格差の問題~選挙権~】
近年、一票の格差について違憲判決、違憲状態という判決が出ています。そもそも、一票の格差の問題とは何か?違憲状態とはどういう意味を持つのか?私たちの政治的意思表明の手段の一つである選挙権について学びます。 
10 2015年
05月24日
10:40-12:10
【日本国憲法の改正案~人権~】
日本国憲法の改正案と現行憲法の比較をし、いかなる問題点があるのかを検討します。改正の是非を問うものではなく、これからの憲法の在り方を検討します。 
11 2015年
05月24日
13:00-14:30
【日本の統治システムについて学ぶ】
日本国憲法が規定している日本の統治システムの全体像を学び、なぜそのような統治システムを採用しているのかを検討します。主に国会と内閣の関係(議院内閣制)や国会議員の立場を学びます。 
12 2015年
05月24日
14:40-16:10
【日本の統治システムについて学ぶ】
日本国憲法が規定している日本の統治システムについて、主に裁判所がそれぞれどのような機能を担っているのかを学びます。裁判所が果たす機能、裁判所の力には限界があるのか?を学びます 。
13 2015年
05月31日
9:00-10:30
【日本の統治システムについて学ぶ】
日本国憲法で規定する予算や税金について学びます。税金や国の財政について、いかなる基本原則に基づき定められているのか?予算等の成立過程について学びます。 
14 2015年
05月31日
10:40-12:10
【日本国憲法の改正手続】
日本国憲法の改正には限界はあるのか?日本国憲法の改正手続とその問題点、改正案の概要を検討していきます。 
15 2015年
05月31日
13:00-14:30
【これからの日本国憲法を考える】
日本国憲法を学び、これからの日本国憲法はどうあるべきか?これまでの講義を踏まえて、意見交換を行います。改正の是非を問うものではなく、あるべきすがたを検討します。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

藤森純一

藤森純一

藤森純一(八洲学園大学専任講師・行政書士)
専門分野/契約法・知的資産経営
日本行政書士連合会・著作権相談員
大学の他、専門学校、予備校、企業研修などでも活躍する実務家講師
法とビジネスの図書室を開設して仕事に役に立つ法律と経営に関する書籍をつぶやいています。
https://twitter.com/law_tosho