赤レンガ読書会「好奇心を"天職"に変える空想教室」植松努(著)~読書をよりアクティブなものへ

赤レンガ読書会「好奇心を"天職"に変える空想教室」植松努(著)~読書をよりアクティブなものへ

講師 赤レンガ読書会
受講形態 来校のみ
受講料 2,000円(税込)
講義時間・回数 180分×1回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

赤レンガ読書会は、あらかじめ設定された課題本を読み、本の感想などを思う存分に話し合い、読書をよりアクティブなものへと発展させ、その効果を最大限に引き出す講座です。 本について語り合い、自分自身の感想や意見をアウトプットすることで記憶を整理・強化できるばかりでなく、他の参加者と意見を交わすことで、新しい視点に気づくことができます。また、読書会は会話形式で自由に展開されるため、コミュニケーション能力の向上にも役立ちます。楽しく気楽に話せる雰囲気の読書会で、本の世界を深め、知識を高め、コミュニケーションを楽しみましょう。 ※赤レンガ読書会の講座では、読書会の司会進行役という意味での講師になりますので、講師は課題本によって異なります。

この講座の受講対象

■読書が好きな方。本の内容をアウトプットしたい方。読書の習慣をつけたい方。
■読書を通して多くの人と交流したい方。コミュニケーション能力を磨きたい方。

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2016年
01月16日
14:00-17:00
課題本:「好奇心を“天職"に変える空想教室」植松努(著)
小さな町工場から自家製ロケットを打ち上げ、宇宙開発の常識を逆転。日本一の空想経営者が見つけた“どんな夢も実現させる方法”TEDXで話題沸騰!150万人の魂を震わせた感動スピーチ。
目次
Lesson 1
思い描く。
01、もう一度、「自分の夢ってなんだろう?」と考える。
02、「すでにできること」ではなく「まだできないこと」をはじめてみる。
03、はじめから人にまかせず、まずは自分で試してみる。
04、今の時代の「ラッキー」から、作り出せるものを考える。
05、なくなるお金ではなく、なくならない知識をためる。
Lesson 2
思い込む。
06、プレッシャーを感じる役割を、すすんで引き受けてみる。
07、他の人がやっていないことを、自分からためしてみる。
08、うまくいかなかったとき、「だったらこうしたら?」を考える。
09、「これまで」を見ないで、「これから」のことを決める。
10、いたずら心を出して、余計なことをやってみる。
Lesson 3
思いやる。
11、素直さや真面目さより、「自分の考え」を優先する。
12、「気が合う人」よりも、「経験がある人」に相談する。
13、何冊も伝記を読んで、ヒーローたちを真似る。
14、「自分とは違うタイプの人」に、自分から心を開いてみる。
15、定期的に「いまからやりたいこと」を考える。
Lesson 4
思い切る。
16、「楽そうな方」ではなく「楽しそうな方」を選ぶ。
17、いやなことを見つけたら、なぜいやなのかを考える。
18、目の前の仕事だけではなく、次の仕事も同時にはじめる。
19、「ちゃんとしている」ふりをせず、「自分の弱み」を見せる。
20、好きなことは「やめろ」と言われても続ける。
21、「どうせ無理」と戦う。
Lesson 5
思い続ける。
22、なにになりたいか」ではなく「なにをやりたいか」を考える。
23、中途半端になってもいいから、好きなことにはいくつも手を出す。
24、否定されても、怒らず聞き流す。
おわりに。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

赤レンガ読書会

赤レンガ読書会

赤レンガ読書会は、もともとは本好きの友人同士が集まったお茶会でした。

それがやがて「赤レンガ読書会」となり、ホームページ(http://akarenga.main.jp/)にて一般の参加者を集めて、横浜・東京で読書会を開催するようになりました。参加者の年代や男女比は課題本によって多少異なりますが、年代は10代~60代まで幅広く、男女比もほぼ同じです。20代~30代の若い世代が特に熱心に議論に参加して下さり、会話が盛り上がります。

※読書会では誰もが気持ちよく発言、参加できるよう、いくつかルールを設けております。
※左上:安下祐輔氏/右上:米山則子氏
 左下:阿部貴之氏/右下:粟野隆文氏