【八洲学園大学開放授業】犯罪と心理

【八洲学園大学開放授業】犯罪と心理

講師 小関慶太
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 17,000円(税込)
講義時間・回数 10:40-12:10
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

日常の生活の中で直接的に犯罪と関わることは皆無でありますが、間接的に関わる、すなわち犯罪情報が入ってくることがあるかと思います。インターネット、テレビ、新聞、週刊誌など、毎日さまざまな犯罪報道がされています。マスコミ報道は、重大・凶悪事件が発生すると専門家やコメンテーターが「なぜ事件が起きたのか」「起きてしまった原因は何だろうか」と考えられるように、人々は人が罪を犯す理由に多くの関心を持っています。
本講義ではさまざまな犯罪の原因や機会、動機、社会的背景をみていきます。そして誰もが犯罪加害者にも被害者にもならないためにはどのように行動すればよいかにつて、楽しく学んでいこうと思います。
毎時間、ディスカッションの時間を20~30分ほど設けます。受講生でテーマについて考え、思考力や発想力の向上に努めていきます。
※心理学や刑法(「犯罪と法」)を学んでいる必要はありません。

開放授業募集要項



この講座の受講対象

どなたでも ※この講座は八洲学園大学開放授業として、本学正規科目「犯罪と心理 」を学生とともに受講します。 (入門的な内容で、高校卒業程度の学力が必要)

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2017年
10月10日
10:40-12:10
オリエンテーション
生涯学習と犯罪心理学・犯罪社会学
犯罪学(1)犯罪状況について/犯罪人類学/犯罪生物学/犯罪社会学
〔指定資料:犯罪白書平成28年度版(第一章第一篇のみ)を
各自でダウンロードしてご準備してください。http://www.moj.go.jp/〕 
2 2017年
10月17日
10:40-12:10
犯罪学(2)犯罪原因論と犯罪機会論 
3 2017年
10月24日
10:40-12:10
犯罪の心理的原因(1)犯罪とは何か 
4 2017年
10月31日
10:40-12:10
犯罪の心理的原因(2)犯罪者はなぜ生まれるのか① 
5 2017年
11月07日
10:40-12:10
犯罪の心理的原因(3)犯罪者はなぜ生まれるのか② 
6 2017年
11月14日
10:40-12:10
犯罪の心理的原因(4)犯罪者はなぜ生まれるのか③/殺意、殺人が起きるわけ 
7 2017年
11月21日
10:40-12:10
犯罪の心理的原因(5)性犯罪を起こす心理① 
8 2017年
11月28日
10:40-12:10
犯罪の心理的原因(6)性犯罪を起こす心理②/騙し、騙される心理 
9 2017年
12月05日
10:40-12:10
犯罪の心理的原因(7)家族間で起こるDVと虐待 
10 2017年
12月12日
10:40-12:10
非行の心理的原因(1)少年非行に潜む心の闇① 
11 2017年
12月19日
10:40-12:10
非行と心理的原因(2)少年非行に潜む心の闇② 
12 2018年
01月09日
10:40-12:10
非行と心理的原因(3)少年非行に潜む心の闇③ 
13 2018年
01月16日
10:40-12:10
さまざまな犯罪の心理(1)万引き、窃盗他、累犯、職業的犯罪 
14 2018年
01月23日
10:40-12:10
さまざまな犯罪の心理(2)誘拐、劇場型犯罪、サイバー犯罪、薬物犯罪 
15 2018年
01月30日
10:40-12:10
ケーススタディ:無差別殺人
土浦荒川沖事件・秋葉原事件・津山事件・相模原事件などを題材に
最終試験対策:
総括: 

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

小関 慶太

小関 慶太

1981年生まれ、道産の浜っ子(北海道生まれ、横浜育ち)

八洲学園大学 生涯学習学部 専任講師
正規担当科目:「現代社会と少年非行」「犯罪と心理」「刑事政策」「犯罪と法」
中央大学法学部 インストラクター

■詳細
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_koseki.php

公開講座では、市民に対する刑事法教育(・法教育)や高校生やその保護者も楽しみながら学べる講座を展開しています。また本学正規テキスト科目補助講座、大学生向けの知識を高める講座等を開講しています。学ぶ楽しみは知らないことを知ること、さらに自分なりの面白味を見つけることです。大学に入学して学ぶことに躊躇してしまうけれども、まず学びの第一歩として公開講座で一緒に学んでみませんか。