【八洲学園大学開放授業】敗者の人生と文学

【八洲学園大学開放授業】敗者の人生と文学

講師 中田雅敏
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 17,000円(税込)
講義時間・回数 90分×15回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

東日本大震災以来日本各地に頻発している火山帯の小噴火、地震の多発、洪水に豪雨、こうした事態に私たちはどうすることもできない地球の変化に戸惑っている。しかし打ち続く天災は過去にも何度も発生を見ている。
たとえば鴨長明はそうした事態を目の当たりにし、克明に記録している。またその中で自己の栄達の道も閉ざされた挫折も経験している。三十代の十年の間に五回の大災害を経験した。そこからつかみ得た確たる信念と生き方は、その後の長明の人生をがらりと変え、一転して平穏ななかにも奇抜で数奇な生き方を見出している。この人のむ人生から「人間の安心立命」な生き方とはどのようなものかを考えてみましょう。

この講座の受講対象

どなたでも ※この講座は八洲学園大学開放授業として、本学正規科目「敗者の人生と文学」」を学生とともに受講します。
(やや高度な内容で、当該専門分野についての一定の基礎知識が必要)

開放授業募集要項



日程と内容について

日程 時間 内容
1 2017年
10月12日
14:40-16:10
「平家物語」の敗者。なぜ今日まで人の心を引きつけているのか。
歴史の敗者としての生き方を学ぶ。 
2 2017年
10月19日
14:40-16:10
世の中にはなぜ勝者と敗者という二つの取り方をするのか。
これを文学のテーマにしたのはなぜか。 
3 2017年
10月26日
14:40-16:10
天災・人災とよく言われるが、人災ということが存在するのか。
もし存在するとすれば、どういう見識か。 
4 2017年
11月02日
14:40-16:10
「災害」に対した場合の人間が取り得る方法が存在するのか。
またどうその後ことを考えればよいか。 
5 2017年
11月09日
14:40-16:10
「災害は、天災は忘れた頃にやってくる」といったのは、
寺田寅彦という文学者であった。何を意味しているのだろうか。 
6 2017年
11月16日
14:40-16:10
「無常」という概念から生まれた「人生観」は何を意味するのか。
中世という日本の社会の在り方を考える。 
7 2017年
11月23日
14:40-16:10
中世の随筆の双璧として「方丈記」と「徒然草」という名作がある。
この二つの文学はどのようにして生まれたのか。 
8 2017年
11月30日
14:40-16:10
「枕草子」という作品は同時代の作であるのに、なぜ断片的に情趣的に、
いわば能天気に書かれているのか。 
9 2017年
12月07日
14:40-16:10
仏教的無常観という概念は、世を逃れ住む人々をたくさん輩出した。
「世俗の執着」とはどのようなものか。 
10 2017年
12月14日
14:40-16:10
「安元の大火」を読み、都を灰燼に帰した大火事を長明はどのように見ていたか。
そしてどのように記したか。 
11 2017年
12月21日
14:40-16:10
「冶承の大風」について、今地球上で吹き荒れている大竜巻との関係性を考えてみる。
この時人々はどう対処したのか。 
12 2018年
01月11日
14:40-16:10
「福原遷都」という都移しについて、現代の世でも度々話題になる。
都を移すという考え方について学ぶ。 
13 2018年
01月18日
14:40-16:10
「養和の飢饉」として歴史に残っているが、これは日本民族の最大の食糧問題である。
どうすればよいか。 
14 2018年
01月25日
14:40-16:10
「寿永の疫病」で何万人の人が命を落とした。ハーメルンの笛吹男を
対比しながら疫病の対処を考えよう。 
15 2018年
02月01日
14:40-16:10
「元暦の大地震」の悲惨事と人々の心の動揺について無常意識からの
脱出について考える。 

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

中田 雅敏

中田 雅敏

経歴:八洲学園大学 教授、学士(文学)
専門分野、研究テーマ:文学、近代文学の研究・芥川龍之介の作品論と作家論

【八洲学園大学 正規担当科目】
学校教育と家庭教育の原理 / 高校生の非行と問題行動 / 敗者の人生と文学 / 生老病死と村社会 / 人生の諸相と文学 / ウタと人間

▼中田雅敏 教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_nakada.php