情報ページTOPへ戻る

知りたい情報をクリックしてください。

身上異動

卒業申請(No.13439)

正科生が本学卒業を希望する場合に、学期ごとに定められた期間内に卒業申請を行う必要があります。

■申請時期(目安)
6月卒業  5月頃
9月卒業  5~6月頃
12月卒業  11月頃
3月卒業  前年11月~12月頃

卒業要件を満たしても、自動的に卒業の手続きが行われるわけではありませんので、ご注意下さい。現在履修中の科目の単位修得をもって卒業要件を満たし、現在の学期末で卒業を希望する場合も、必ず事前に申請をしてください。

■卒業要件
基礎科目   30単位
専門科目   64単位
自由選択科目 30単位
計      124単位(うちスクーリング履修30単位以上)

 ※課程・専攻カリキュラムからの読替など、履修相談は学生支援センターで受付しています。

また、単位の修得のみではなく以下の在学期間を満たす必要があります。

■在学期間
正科生(1年次入学)は、4年以上
正科生(2年次相当転・編入学)は、3年以上
正科生(3年次相当転・編入学)は、2年以上
正科生(4年次相当転・編入学)は、1年以上

 ※休学期間は在学期間に含まれません。

詳細は、時期がきましたら「大学からのお知らせ」でご案内いたします。

なお、学位記授与式は、9月と3月にのみ挙行いたします。


<< ご注意ください >>
正科生(資格・リカレント編入学)および科目等履修生が目的を達成され学習を終了する場合は、「卒業申請」ではなく、「退学(リカレント修了)願」もしくは「退学(終了)願」の提出が必要です。

学位記および各種証明書に記載される氏名は、本学に登録されている表記での発行となります。
SOBAマナベルのシステム上、旧字体などが登録できずに略字や別の表記で登録された方で、
戸籍上の表記での発行をご希望される場合には、その旨、お申し出ください。

連絡先等の変更(No.13440)

大学に届け出ている連絡先等に変更があった場合には、変更申請を行ってください。

----------------------------
 
申請方法は以下の通りです

SOBAマナベルログイン後、画面右上「ニックネーム」をクリック→「プロフィール」

<< ご注意ください >>
「ニックネーム」と「メールアドレス」はご自身で変更可能ですが、それ以外の情報は学生支援センターが承認するまで変更されません。

氏名の変更(No.13441)

大学に届け出ている氏名に変更があった場合には、①変更申請と、②書類提出の両方をお願いいたします。

----------------------------
 
申請方法は以下の通りです
 
①変更申請
申請方法は以下の通りです
SOBAマナベルログイン後、画面右上「ニックネーム」をクリック→「プロフィール」
 

②氏名等変更届の送付
以下にアップされた書式に必要事項を記入し、戸籍の個人事項証明書(戸籍抄本)を添えて
学生支援センターまで送付してください(氏名変更と同時に住所等の変更がある場合には、あわせてご記入ください)。

 

【 氏名等変更届 】

【送付先】
〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42 八洲学園大学 学生支援センター宛

また、正科生の方は学生証の再発行申請が必要です。
再発行の場合は、古い学生証のご返送をお願いいたします。

再発行手数料は、1,500円です。
学生証の再発行をご希望の場合には、SOBAマナベル下部、質問「一覧表示」→「+質問する」から、質問先を学生支援センターにし、タイトルを「学生証再発行」とし、本文中に以下を明記して申請してください。

(1)氏名
(2)学生区分(正科生)
(3)氏名等変更に伴う学生証再発行申し込み
(4)学生証の受け渡し方法(窓口、郵送)

※申請時、デポジットに残高が足りない場合には、受付できませんので、ご注意ください。

※特に指定がない場合、普通郵便にて発送いたします。速達郵便をご希望の場合は、その旨を明記してください。なお、別途、速達郵便にかかる実費をご負担いただきます。

※VISA付学生証は既に発行を終了しておりますので、現在VISA付学生証をお使いの方も、再発行はVISAなし学生証に限られます。

また、学生証の再発行には申請から1週間~10日程度お時間をいただきます。

ご不明な点は、学生支援センターまでお問い合わせください。

休学願(No.13459)

■はじめに (用語等の解説)

 

●休学願とは
在学中の学生が何かしらの事情で学習が困難になった場合、「休学」することができる書類・手続きのことです。休学願を提出し、教授会で承認されると休学できます。休学が認められると、休学期間中の学籍管理料は免除されます。

●休学できる期間
正科生(1年次入学、編入学)は4年間、科目等履修生・特修生は1年間です。ただし、本人からの申出により大学が認めた場合は、延長が認められることもあります。

※休学期間は在学期間に含まれないため、正科生(1年次入学、編入学)は卒業可能 時期が延期されますのでご注意ください。
※休学が認められた場合、学籍管理料及び授業料等のお支払いは免除されます。

●休学願の提出に際して
(1)休学願の提出は、事前に支援センターへ相談が必要です。メールもしくは電話にてご連絡ください。

(2)休学願を提出しても受理されないことがありますので予めご了承ください。様式 「事由欄」は休学する理由とともに、いつ復学するのか・復学後にどのような学習計画を立てているのか等を明記ください。

(3)1回に申請できる休学期間の最長は1年間です。続けて休学を希望する場合は改めて休学願をご提出ください。

※(2)の通り事由欄に詳細を明記ください。

 

■休学申請の方法━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
休学を希望する場合には、下記様式をプリントアウトし、捺印・必要事項記入のうえ学生支援センターまでご郵送ください。

【 休学願様式はこちら 】

【記入項目】
◆学籍番号:入学許可証、学生証に明記されています
 (ご不明な場合には、支援センターにお問合わせください。)
◆学生の種類:該当の種類に○をつける
◆事由:休学する事由を詳細に明記
◆期間:休学を希望する期間を記入・選択

【送付先】
〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42 八洲学園大学 学生支援センター宛

■「休学願」提出後の流れ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学生支援センターに休学願が到着したら、SOBAマナベル「メッセージ」に受領のご連絡をいたします。

原則、翌月の教授会で正式に受理されます。受理されたらSOBAマナベル「メッセージ」にご連絡いたします。

■「休学願」の提出時期(参考)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
休学願は随時受付していますが、以下の期間に提出いただくと手続きがスムーズです。
・4月から休学希望・・・2月中
・7月から休学希望・・・5月中
・10月から休学希望・・・8月中
・1月から休学希望・・・前年11月中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なお、休学後、学習を再開する際は「復学願」の提出が必要です。

【事務手続き】復学願

<< ご注意ください >>
「復学願」を提出し学習を再開する際は、復学希望の学期の履修登録期間をあらかじめ確認してください。該当学期の履修登録開始前までに「復学願」をご提出いただかないと、定員超過等により希望科目の履修ができない場合があります。

復学願(No.13460)

復学願とは、休学中の学生が、学習を再開する際に提出が必要な書類です。

■申請方法━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記いずれか希望の方法でご申請ください。

(1)SOBAマナベルログイン後、画面下部 質問「一覧表示」をクリック
(2)「+質問する」をクリック
(3)連絡したい科目を選び、タイトルを「復学願」とし、質問内容に以下を入力して送信してください。
 

①氏名
②学籍番号
③学生の種類(正科生・科目等履修生・特修生のいずれか)
④復学を希望する時期
⑤休学期間
⑥復学願を学生支援センターが代筆することに同意します

(2)「復学願」の様式をダウンロードし、必要事項を入力し下記までメール添付でご提出ください。

【メールアドレス】u-info@yashima.ac.jp 学生支援センター宛

(3)「復学願」の様式をダウンロードして印刷し、必要事項を記入して郵送でご提出ください。

【送付先】
〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42 八洲学園大学 学生支援センター宛

■提出時期(目安)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第1学期(4~6月)からの復学   2月中
 第2学期(7~9月)からの復学   5月中
 第3学期(10~12月)からの復学 8月中
 第4学期(1~3月)からの復学  11月中

■「復学願」様式━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 復学願様式(pdf)はこちら 】

【 復学願様式(Excel)はこちら 】

■記入する内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 学籍番号:入学許可証、学生証に明記されています
 (ご不明な場合は、支援センターにお問い合わせください。)
 学生の種類:該当の種類に○をつける
 復学時期:復学を希望される年度を西暦で記入し、該当学期に○をつける
 休学期間:休学していた期間について、年度を西暦で記入し、該当学期に○をつける
 (ご不明な場合には、支援センターにお問合わせください。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学生支援センターにて申請を確認後、教授会での正式な決定を経て、改めてご連絡いたします。

<< ご注意ください >>
※休学後、復学願を提出され学習を再開する場合には、復学希望の学期の履修登録期間をあらかじめ確認してください。手続き前でも履修登録はできますが、定員超過等によりご希望の科目の履修登録ができない場合があります。

再入学願(No.13465)

再入学願とは

本学を卒業、退学(終了、リカレント修了)された後、新たな資格取得や学習再開等のために再度入学する場合は「再入学」となります。

卒業や退学等から5年未満に以下の(1)から(5)のいずれかの場合で
再入学される場合の手続きは、再入学願の書類提出となります。

 (1) 正科生として在籍した後、正科生として再入学を希望する者 
 (2) 正科生として在籍した後、科目等履修生として再入学を希望する者 
 (3) 科目等履修生として在籍した後、科目等履修生として再入学を希望する者 
 (4) 科目等履修生として在籍した後、正科生として再入学を希望する者 
 (5) 特修生として在籍した後、特修生として再入学を希望する者

※以下のいずれかに該当する場合は、再入学時の入学金(登録料)を免除いたします。

 ・正科生として在学し卒業した者が、卒業後5年未満に再入学する場合 
 ・正科生として在学し、目的の資格取得等を達成して退学した者が、
  退学後5年未満に再入学する場合 
 ・科目等履修生として在学し、目的の資格取得等を達成して退学した者が、
  退学後5年未満に再入 学する場合

卒業や退学等から5年以上経過している場合の手続きについてはお問い合わせください。
※一度再入学手続きを経て退学等をされている場合は、直近の在籍記録をご記入ください。


【 再入学願様式(PDF)はこちら 】

【 再入学願様式(WORD)はこちら 】


再入学願提出までの流れ

 入学支援相談センターに「再入学希望」のご連絡をお願いします
   ↓
 入学支援相談センターより再入学願の様式等、詳細をご案内いたします
   ↓
 再入学願を下記メールアドレス宛にお送りください

   ▼提出先メールアドレス
    u-info@yashima.ac.jp

※再入学願の提出期間は出願受付期間と同一です(締切日必着)。以下「募集要項」にて出願期間を確認のうえ、期間内に提出できるよう、お早めにご連絡ください。

 「募集要項」ページへ

修業期間延長手続き(No.13461)

科目等履修生は、在学年限(在学できる期間)が満了する場合には、修業期間延長の申請が可能です。「修業期間延長願」を郵送もしくはメール添付にてご提出ください。

 科目等履修生の在学年限:3年

【 修業期間延長願様式(pdf)はこちら 】

【 修業期間延長願様式(Excel)はこちら 】

記入例はこちら

【郵送先】
〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42 八洲学園大学 学生支援センター宛

【メールアドレス】
u-info@yashima.ac.jp 学生支援センター宛

休学期間は在学年限に含まれません。休学期間を除いて、在学年限が満了する場合に提出をしてください。

修業期間延長手続きの前に履修登録を申請いただくことは可能ですが、仮承認は申請書到着後となります。

また、修業期間の延長をせずに本学での学習を終了する場合には、
退学願のご提出が必要です。

なお、正科生と特修生の修業年限(卒業までに在学の必要がある期間)および在学年限(在学できる期間)は以下のとおりです。

■正科生(1年次) 修業年限4年、在学年限12年
■正科生(編入学) 
 2年次相当転・編入 修業年限3年、在学年限9年
 3年次相当転・編入 修業年限2年、在学年限6年
 4年次相当転・編入 修業年限1年、在学年限3年
■特修生 修業年限 定めなし、在学年限3年

正科生および特修生で、在学年限満了後の学習継続を希望する場合は、「再入学」が原則となりますが、審議の上、修業期間延長が認められる場合もあります。まずは学生支援センターに連絡した上で、科目等履修生と同様に「修業期間延長願」をご提出ください。

退学(リカレント修了)願(No.13462)

退学(リカレント修了)願とは、正科生(資格・リカレント編入学)の学生さんが、
本学での学習を終了する場合に提出が必要な書類となります。

退学とリカレント修了の違いは、下記の通りです。

(1)退学
  何らかの事由により資格取得等の目的を達成せず退学する場合

(2)リカレント修了
  希望する科目(資格取得のため等)のすべての単位を修得し、
  今後、本学での学習予定がなく、修了する場合

 ※正科生(資格・リカレント編入学)以外の学生さんは、
  退学(リカレント修了)願ではなく、退学(終了)願をご提出いただきます。

退学(リカレント修了)を希望する場合には、下記様式をプリントアウトしていただき
捺印・必要事項を記入の上、学生証を同封し学生支援センターまでご郵送ください。

【 退学(リカレント修了)願様式はこちら 】

◆学籍番号:入学許可証、学生証に明記されております
 (ご不明な場合には、学生支援センターにお問合わせください。)
◆退学・リカレント修了:該当の□にチェック
◆事由:事由を詳細に明記
◆退学(リカレント修了)時期:年度を西暦で記入し、学期と月を記入する

※希望資格等の取得により退学(終了)される場合は、取得した資格等の名称を「事由」欄に記入してください。

【送付先】
〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42 八洲学園大学 学生支援センター宛

学生支援センターに退学(リカレント修了)願が到着後、教授会での正式な決定を経て、改めてご連絡いたします。

退学(終了)願(No.13463)

退学(終了)願とは下記いずれかの場合に提出が必要な書類となります。

(1)正科生(1年次、学士取得編入学)の学生さんが、
  何らかの事由により本学を卒業せずに中途退学する場合
退学(終了)願のご提出には、事前に支援センターへのご相談が必要となります。

(2)科目等履修生の学生さんが、
  希望する科目(資格取得のため等)のすべての単位を修得し、
  今後、本学での学習予定がなく、終了する場合

 ※正科生(資格・リカレント編入学)の学生さんは、
  退学(終了)願ではなく、退学(リカレント修了)願をご提出いただきます。

退学を希望する場合には、下記様式をプリントアウトしていただき
捺印・必要事項を記入の上、学生支援センターまでご郵送ください。
※正科生の場合は、学生証を合わせてご郵送ください。(科目等履修生は不要。)

【 退学(終了)願様式はこちら 】

◆学籍番号:入学許可書、学生証(または登録証)に明記されております
 (ご不明な場合には、支援センターにお問合わせください。)
◆学生の種類:該当の種類に○をつける
◆退学・終了:該当の□にチェック
◆事由:事由を詳細に明記
◆退学(終了)時期:年度を西暦で記入し、学期および月を記入する

※希望資格等の取得により退学(終了)される場合は、取得した資格等の名称を「事由」欄に記入してください。

【送付先】
〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42 八洲学園大学 学生支援センター宛

学生支援センターに退学(終了)願が到着後、教授会での正式な決定を経て、改めてご連絡いたします。

留学願(No.13464)

在学中に留学をする場合、「留学願」の提出が必要です。(正科生(1年次、編入学)の学生のみが対象です。

留学期間が長期間(複数の学期をまたぐ等)の場合には、あわせて休学願の提出もご検討ください。

留学願を申請する場合には、下記様式をプリントアウトし捺印・必要事項を記入の上、学生支援センターまでご郵送ください。

留学願様式はこちら

◆学籍番号:入学許可書、学生証に明記されています
         (ご不明な場合は、支援センターにお問い合わせください。)
◆留学目的:留学する目的を明記
◆期間:留学を希望する期間を西暦で記入
◆受入れ大学及び所在地:留学先大学の名称とその所在地を明記
◆留学期間中の連絡先:留学期間中の連絡先を明記

なお、受入れ大学の承諾書及び留学の募集要項(翻訳文付)を添付し同封してください。

学生支援センターに留学願が到着後、教授会での正式な決定を経て、改めてご連絡いたします。