八洲学園大学 公開講座

生涯学習社会の実現を目指して多数の公開講座を開設

  • 来校

教養講座

【セカンドライフ法律講座:限定10名】 書いてみよう!遺言書+エンディングノート

教養講座

【セカンドライフ法律講座:限定10名】 書いてみよう!遺言書+エンディングノート

講師 藤森 純一
受講形態 来校のみ
受講料 20,000円(税込)
講義時間・回数 90 分2コマ

この講座の概要

本講座は終了しました。多数のご受講ありがとうございました。


「遺言書とエンディングノートって何が違うの?」「何から書き始めたらいいの?」などなど・・・いざ、書いてみようと思い始めても・・・。そんな状態を解消し、書くべきポイントを指摘しながら実際に遺言書とエンディングノートを書いてみます。法律家の視点から、書くべきこと、書いておいたほうがよいこと、書かなくても良いことを明確にしながら、みなさんの思いを見える・読めるようにしていきます。 ※実際に個別的にアドバイスしていきますので、限定10名の講座となります。

この講座の受講対象

遺言書・エンディングノートを書いてみようと考えている方、すでに遺言書・エンディングノート書いたが見直したい方 ※市販されているエンディングノートをお持ちいただいて結構です。

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2012年
09月30日
13:00-14:30
まずは、エンディングノートから書き始めてみましょう。エンディングノートと遺言書の違いを明確にしながら、書くべきポイントを一緒になって考えていきます。
2 14:40-16:10
エンディングノートとの違いを明確にした後に、遺言書で書くべきこと、遺言書の形式を守りながら案文を一緒に作成していきましょう。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

藤森 純一

藤森 純一

経歴:八洲学園大学 准教授、行政書士
専門分野、研究テーマ:法律(民事・商事)、知的資産経営

大学の他、専門学校、予備校、企業研修などでも活躍する実務家講師。「法とビジネスの図書室」を開設して仕事に役に立つ法律と経営に関する書籍をつぶやいています。

【八洲学園大学 正規担当科目】
日本国憲法と現代社会 / 法学概論 / 民法1(総則・物権) / 商法 / 著作権法 / ケーススタディ著作権法 / 消費生活と法 / 企業倫理 / ビジネス・リーダーシップ論 / 民法2(債権法) / コンプライアンス概論 / 労働法 / 情報と法 / 行政法 / ビジネス文書作成・読解 / 知的資産マネジメント / CSRと経営戦略 / 家族と法 / 図書館基礎特論

▼藤森純一 准教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
https://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_fujimori.php