八洲学園大学 公開講座

生涯学習社会の実現を目指して多数の公開講座を開設

講師一覧 講師一覧

原島 博

原島 博

1945年東京生まれ。1964年大学に入学し、2009年に定年という形で東京大学を卒業。

大学では工学部電子情報工学科と大学院情報学環に所属。情報理論を中心とする数学の理論の美しさに魅せられて研究者となったが、一貫してコミュニケーション工学を専門として、人と人との間のコミュニケーションをリアルとバーチャルの両側面から技術的にサポートすることに興味を持ち、その一つとして「顔学」の構築に尽力。1995年に日本顔学会を設立。科学技術と文化の融合にも関心があり、文化庁メディア芸術祭審査委員長、グッドデザイン賞審査員もつとめた。

定年後は、東京大学名誉教授、明治大学客員教授、立命館大学客員教授、女子美術大学客員教授などをつとめ、2015年から東京大学特任教授。2019年から八洲学園大学客員教授。著書に『顔学への招待』(岩波書店)、『人の顔を変えたのは何か』(共著、河出書房新社)など。

横溝 美由紀

横溝 美由紀

株式会社英語ソムリエアカデミー代表取締役・代表講師。1968年生、長崎県出身。早稲田大学卒業。

結婚後渡米し、早期教育の国際モンテッソーリ教師の資格を取得。その後、アメリカ(カリフォルニア州)現地幼稚園~小学校で教鞭をとる。帰国後は、英会話スクール講師、さいたま市小学校英会話講師、英語プリスクールマネジャー等、日英バイリンガル児童のサポート、子どもから大人までの英語教育に携わる。

▼株式会社英語ソムリエアカデミー 公式サイト
http://www.eyomikikase.com/

本多 美保子

本多 美保子

大学非常勤講師、企業研修講師。TOEICや英検等の検定試験対策講座からビジネス英語、Eメールライティング、通訳トレーニングなど様々な講座を担当。TOEIC講座では多くの企業においてスコアアップ指導を行い、結果を出している。英検1級、TOEIC990点取得。

山本 大樹

山本 大樹

福島県立医科大学大学院、災害被ばく医療研究科修了。 内閣府事業危機管理専門家、鹿児島県肝付町防災危機管理監、八戸学院大学地域連携研究センター客員准教授などを務めた。内閣府が認定する地域防災マネージャーの国内最年少有資格者で、防災士の養成経験も豊富である。また、SDGsカードゲーム初代ファシリテーターで、SDGsの観点から防災を研究している。

▼八洲学園大学 教員紹介はこちら
https://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_daikiyamamoto.php

五戸  美樹

五戸 美樹

フリーアナウンサー。 1986年埼玉県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部日本語日本文学コース卒業。2009年、(株)ニッポン放送にアナウンサーとして入社。『三宅裕司のサンデーハッピーパラダイス』『古坂大魔王 ツギコレ』などを担当。2015年以降、フリーアナウンサーとして活動。J-WAVE『GROOVE LINE』、AbemaTV/RADIO『Aこえ』レギュラー、日刊スポーツWEBコラム『ごのへのごろく』連載中。トークを教える講師も務め、400件以上のイベント司会やラジオアナウンサーの経験から培ったトークスキルをアイドル、アーティスト、声優などに教えている。テレビ朝日アスク講師。「ストアカ」にて話し方教室開講。企業研修・講演も行う。著書に『人前で輝く話し方』(自由国民社)など。

栗原深雪

栗原深雪

社会保険労務士/産業カウンセラー/キャリアコンサルタント/2級ファイナンシャルプランニング技能士 短大卒業後、一般企業、行政機関の総務・人事部等に17年従事し、2014年、社会保険労務士登録。事業主や人事担当者に対して労務相談だけでなく、メンタルヘルス対策、女性活躍推進や両立支援についてのコンサルティングを行うかたわら、産業カウンセラー、登録キャリアコンサルタントとして、労働問題やメンタル不調で悩んでいる方の個別相談を行っている。神奈川産業保健総合支援センター両立支援促進員。

眞殿亜紀子

眞殿亜紀子

米海軍基地の通訳を10年務めた後渡米、帰国後北欧通信大手Ericssonの通訳、ヨーロッパ最大手ホテル企業Accor Hotelsの総支配人通訳、人事支配人、営業支配人を歴任。その後、輸入商社の仕事に携わるが、2017年日本企業の海外進出と人材育成に使命を感じピー・アンド・マーズ株式会社を設立。2011年NHKラジオ基礎英語3出演。

Website:http://www.pandmars.com
Blog: https://ameblo.jp/pandmars/
Facebook:https://www.facebook.com/pandmars.akiko/

虎岩 雅明

虎岩 雅明

株式会社トライワープ・代表取締役。放送大学学園・非常勤講師。千葉大学工学部情報画像工学科卒業。同大大学院自然科学研究科修了。大学院在学中に、大学生を組織し、パソコンの苦手意識を解消するプロジェクトを発足。その後、大学生が地域でパソコンを教えることで地域への愛着を作る仕組み作り起業。日経地域情報化大賞受賞。経済産業省ソーシャルビジネス55選認定。株式会社トライワープのパソコンライフサポート事業では、PCサポーターズを120人組織し、年間述べ約10,000人の大学生にパソコンを指導中。

鎌田 和宏

鎌田 和宏

帝京大学 教育学部・同大学大学院教職研究科 教授 東京都の公立学校、東京学芸大学附属世田谷小学校、筑波大学附属小学校を経て現職。 研究分野は教育方法(情報リテラシー教育・授業研究)、社会科教育。学校図書館を活用 した授業の授業研究に取り組んできた。勤務先、信州大学等で司書教諭講習科目を担当。 著書に『小学生の情報リテラシー~教室・学校図書館をつないで~』(2007 年、少年写真 新聞社)『入門 情報リテラシーを育てる授業づくり~教室・学校図書館・ネット空間を結 んで~』(2016 年、少年写真新聞社)、編著書に『先生と司書が選んだ調べるための本: 小学校社会科で活用できる学校図書館コレクション』(2008 年、少年写真新聞社)、『改 訂新版 学習指導と学校図書館』(2016 年、放送大学教育振興会)等がある。

竹田 葉留美

竹田 葉留美

八洲学園大学 准教授・臨床心理士

◆大学や専門学校で臨床心理学を中心としたカウンセリングやコミュニケーション、ストレスマネジメント教育を行う。また管理栄養士や作業療法士、理学療法士など、対人援助職を目指す方々のための講座や、企業でのメンタルヘルスを中心とした各種研修、心理学に興味をお持ちの方のためのセミナーなど、心理学を日常に活かす講座を実施している。

◆研究領域:臨床心理学、社会心理学、観光心理学など。特に記憶とメンタルヘルスとの関係や、 旅行・観光とメンタルヘルスを研究する「メンタルヘルスツーリズム」など。

◆所属:日本心理学会、日本心理臨床学会、日本産業組織心理学会、日本産業ストレス学会、
日本臨床心理士会、東京臨床心理士会

◆著書:「自ら挑戦する社会心理学」土肥伊都子編著(共著)保育出版社
「習慣を変えれば、人生は変えられる」郭 錦珠著 小口孝司監修(編集協力)教育評論社

中山 美由紀

中山 美由紀

成城学園高等学校専任司書教諭、千葉市学校図書館指導員を経て,2004 年より2017年3月まで東京学芸大学附属小金井小学校非常勤司書。司書教諭講習講師、埼玉大学、青山学院大学、専修大学、立教大学ほか複数の私立大学で非常勤講師として司書教諭科目を担当。


日本図書館協会代議員、日本子どもの本研究会監事、図書館情報学会会員。学校図書館専門職員の役割は教員とともに図書館の機能をもって子どもを育てることであるとし、蔵書構築、教育課程、協働を活動の核として、実践してきた。 2009 年に東京学芸大学の文部科学省委託事業として「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」を開設、2017年3月まで運営。現在は外部協力者として参加している。

共著
『先生と司書が選んだ調べるための本』(少年写真新聞社 2008 年)
『シカゴ・ボストン・ニューヨークに見る探究学習を支える学校図書館』
(全国学校図書館協議会 2009 年)
『学習指導と学校図書館』(全国学校図書館協議会 2010 年)
『多文化に出会うブックガイド』(読書工房 2011 年)
『鍛えよう!読むチカラ』(明治書院 2012 年)
『困った時には図書館へ 2 学校図書館の挑戦と可能性』(悠光堂 2015 年)
「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」
http://www.u-gakugei.ac.jp/~schoolib/htdocs/

野口 武悟

野口 武悟

専修大学文学部・大学院法学研究科教授、放送大学客員教授
栃木県下野市(旧国分寺町)生まれ。埼玉大学教育学部卒業、筑波大学大学院図書館
情報メディア研究科博士課程修了、博士(図書館情報学)。2006 年より専修大学に奉職。
現在、日本子どもの本研究会(JASCL)会長、神奈川県小田原市図書館協議会副委員
長、茨城県守谷市図書館協議会副委員長なども務める。専門は、図書館情報学、特別支援教育など。
主な著書に『一人ひとりの読書を支える学校図書館:特別支援教育から見えてくるニーズとサポート』(編著、読書工房、2010 年)、『新訂 学校経営と学校図書館』(共編著、放送大学教育振興会、2013 年)、『多様性と出会う学校図書館:一人ひとりの自立を支える合理的配慮へのアプローチ』(共編著、読書工房、2015 年)、『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告 2015』(共編、ポット出版、2015 年)、『図書館のアクセシビリティ』(共編著、樹村房、2016 年)など。

植村 八潮

植村 八潮

専修大学文学部教授 
日本出版学会会長、納本制度審議会委員
IEC(国際電気標準会議)TC100/TA10(eブック標準化分科会)マネージャー 1956年生まれ、東京電機大学工学部卒業。東京経済大大学院博士課程修了。博士(コミュニケーション学) 1978年東京電機大学出版局勤務、同局長を経て、2012年より専修大学文学部教授(博士)および(株)出版デジタル機構代表取締役に就任。 2014年6月(株)出版デジタル機構取締役会長を退任。 専門は出版学で日本の電子書籍の研究・普及・標準化に長らく携わっている。
著作として『電子出版の構図:実体のない書物の行方』(印刷学会出版部、2010年)など。

有山 裕美子

有山 裕美子

工学院大学附属中学校・高等学校 国語科教諭・司書教諭
都留文科大学、法政大学、玉川大学非常勤講師
東京都武蔵野市出身。都留文科大学文学部初等教育学科、玉川大学文学部卒業、日本大学大学院総合社会情報研究科文化情報専攻修了、修士(文化情報学)
大学卒業後、公立小学校の教員に。出産を機に退職し育児中に通信教育で司書と司書教諭の資格を取得する。 8年半の公共図書館非常勤職員を経て、現在は中学・高等学校で国語科兼司書教諭を務めるほか、3つの大学で司書・司書教諭課程の非常勤講師を務める。専門は児童文学(モーリス・センダック研究)

佐々木 達行

佐々木 達行

経歴:八洲学園大学 教授
専門分野、研究テーマ:造形・美術教育学、工芸教育、カリキュラム開発研究、造形教育課題・目標研究、授業デザインと授業マネイジメント研究、造形・美術教育内容開発研究

【八洲学園大学 正規担当科目】
近代西洋美術の表現様式と鑑賞 / 子供のお絵かきと美術絵画様式 / 造形要素から捉えた発想方法と鑑賞 / 日本陶磁器(焼き物)の表現と鑑賞

▼佐々木 達行 教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
https://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_sasaki.php

都留 覚

都留 覚

現在:國學院大學栃木短期大学 准教授  東洋大学非常勤講師
経歴:筑波大学附属小学校教諭、筑波大学非常勤講師、八洲学園大学非常勤講師,
ミャンマー国基礎教育改善アドバイザー運営指導調査団講師、等

足立 幸子

足立 幸子

新潟大学教育学部准教授
全国大学国語教育学会 地区理事
日本読書学会 理事・常任編集委員
新潟大学教育学部で、小学校及び中学校の教員養成を行っている。担当は、国語科教育
法で、小学校及び中学校の国語科の授業の作り方を講義している。研究は、読むことの
指導(特に読書指導)を中心に行っている。

◇著書
・柴田義松他編『あたらしい国語科指導法』四訂版、学文社、2014 年(「第2章 国語
科教育の内容と方法 第6節 読書指導・読み聞かせ」「第5章 新しい国語科の授業
実践 第1節 読書へのアニマシオン」を執筆担当)
・金沢みどり他著『読書と豊かな人間性』全国学校図書館協議会、2011 年(「第Ⅳ章 発
達段階に応じた読書指導」を執筆担当)

高橋 孝治

高橋 孝治

日本で修士課程終了後、都内社会保険労務士事務所に勤務するも中国法研究を志し、退職し渡中。中国政法大学博士課程修了(法学博士)。中国法研究を行いつつ、中国法をテーマにした執筆や講演を行っている。特定社会保険労務士、行政書士、宅地建物取引士、国内旅行業務取扱管理者、貸金業務取扱主任者、日商簿記検定1級、実用数学技能検定準1級、日本漢字能力検定準1級、法律諮詢師(中国の国家資格「法律コンサル士」)など日中合わせて約60の資格を保有する。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』(労働調査会、2015)など。

池内 ひろ美

池内 ひろ美

八洲学園大学 教授。夫婦・家族問題評論家。東京家族ラボ主宰。日本ペンクラブ会員。作家。西日本短期大学非常勤講師。教育再生をすすめる全国連絡協議会世話人。一般社団法人日本女子力推進事業団代表理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。

1961年岡山生まれ。一女の母。専業主婦から離婚を経て著作活動に入る。
1996年より、弁護士・精神科医・心理カウンセラー等専門家が参加する「東京家族ラボ」を主宰。結婚と離婚、恋愛、親子関係のコンサルティング・心理カウンセリング・ワークショップ・調査研究等を行う。男性・女性とも訪れる個人相談者の人数は3万人を超え、従来のフェミニズムとは異なる視点からのアプローチ等、高く評価されている。
2012年、国連が定めた「国際ガールズ・デー」を受けて、「一般社団法人日本女子力推進事業団(通称:ガール・パワー)」を設立。顧問である安倍昭恵(内閣総理大臣夫人)、竹内エリカ(日本キッズダンスコーチング協会代表理事)等と共に、日本の女子力を上げて日本と世界を救うことを目的としている。

▼主な著作
『結婚の学校』(幻冬舎)、『男の復権』(ダイヤモンド社)、『妻の浮気』(新潮新書)
『良妻賢母』(PHP新書)、『勝てる!?離婚調停』(日本評論社)、『大好きな彼から選ばれるための25の法則』(スターツ出版)、等多数。

▼マスコミ関係
-テレビ出演-
TBS『私の何がいけないの?』
テレビ朝日『ワイド!スクランブル』
日本テレビ『シアワセ結婚相談所』他随時

-ラジオ出演-
ラジオ文化放送『ウィークエンドをつかまえろ』
ラジオ日本『マット安川のずばり勝負』他随時

中田 雅敏

中田 雅敏

経歴:八洲学園大学 教授、博士(学術)
専門分野、研究テーマ:文学、近代文学の研究・芥川龍之介の作品論と作家論

【八洲学園大学 正規担当科目】
学校教育と家庭教育の原理 / 高校生の非行と問題行動 / 生老病死と村社会 / 敗者の人生と文学 / 人生の諸相と文学 / 俳句と俳文Ⅰ / 作家と作品

▼中田雅敏 教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_nakada.php

藤森 純一

藤森 純一

経歴:八洲学園大学 准教授、行政書士
専門分野、研究テーマ:法律(民事・商事)、知的資産経営

大学の他、専門学校、予備校、企業研修などでも活躍する実務家講師。「法とビジネスの図書室」を開設して仕事に役に立つ法律と経営に関する書籍をつぶやいています。

【八洲学園大学 正規担当科目】
日本国憲法と現代社会 / 法学概論 / 民法1(総則・物権) / 商法 / 著作権法 / ケーススタディ著作権法 / 消費生活と法 / 企業倫理 / ビジネス・リーダーシップ論 / 民法2(債権法) / コンプライアンス概論 / 労働法 / 情報と法 / 行政法 / ビジネス文書作成・読解 / 知的資産マネジメント / CSRと経営戦略 / 家族と法 / 図書館基礎特論

▼藤森純一 准教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
https://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_fujimori.php

高野 真理子

高野 真理子

大学図書館で30年間勤務し,雑誌全般,レファレンス業務,図書目録等とシステムを担当。その後,NPO法人大学図書館支援機構を設立し,国立情報学研究所主催の目録システム講習会講師や私立大学図書館協会東地区研修分科会等を通して図書館のスタッフ研修に従事。
【論文・記事】
・ 「RDA概論:これからの大学図書館像を考える」館灯 53 (2015.3) pp. 39-47.
・ 「大学図書館業務研修のインストラクショナル・デザイン」大学図書館研究 91号 (2011.3) pp. 15-23.
・ 「目録技術に未来はあるか」情報の科学と技術 Vol. 67, no. 8 (2017.8) pp.422-425. など
【所属】
NPO法人大学図書館支援機構(IAAL)副理事長

渡邉 達生

渡邉 達生

現在:八洲学園大学 教授  社会貢献活動 落語家 高座名 志久はっ空
経歴:筑波大学附属小学校教諭、筑波大学非常勤講師、文部省小学校道徳教育推進指導資料作成協力者委員、文部科学省心のノート編集協力者委員、等

【八洲学園大学 正規担当科目】
逆境を生きる / 笑いと文化 / 明日の一歩・松下幸之助に学ぶ人生哲学 / 生きる力のもとの探求 / 心豊かに語り合える親子コミュニケーション / 漢字と心の形

▼渡邉達生 教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_watanabe.php

鈴木 啓之

鈴木 啓之

経歴:八洲学園大学 教授、博士(医学)
専門分野、研究テーマ:ヒトの内的状態の他覚的客観評価、障害児生理心理学

【八洲学園大学 正規担当科目】
障害児と家庭教育 / 障害児の理解と支援 / からだの不調と対処法 / 不登校・ひきこもり特講 / 情報アクセシビリティとバリアフリーデザイン

▼鈴木啓之 教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_suzuki.php

小関 慶太

小関 慶太

八洲学園大学 生涯学習学部 専任講師(研究者教員)

[研究分野]
少年法適用年齢、裁判員制度と再移送、少年に科する刑罰、地域連携と犯罪予防

[担当科目]
現代社会と少年非行、刑事政策、法社会学、犯罪と法、犯罪と心理 等

[所属学会]
日本刑法学会、日本犯罪社会学会、日本社会病理学会、日本更生保護学会、比較法学会

[研究論文]
単著「裁判員制度における少年刑事裁判に関して一考察」『桐蔭論叢(2009年)』
単著「少年法適用年齢引き下げの一考察」『八洲学園大学紀要(2017年)』
単著「少年法適用年齢引き下げの一考察(2)」『八洲学園大学紀要(2018年)』他、多数あり。

[社会的な活動]
・日本犯罪社会学会 渉外広報事務局委員
・国際書道文化発展協議会委員

■詳細
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_koseki.php

2015年より公開講座に力を入れています。「学び直してみたい」「学んでみたい」、でも大学に入学してまでの意欲はない方も、トライアル(お試し)講座として開放授業や公開講座で一緒に学んでみませんか。

秋吉 正博

秋吉 正博

経歴:八洲学園大学 教授、博士(文学)
専門分野、研究テーマ:日本古代史・日本文化史、日本古代の鷹狩り、鷹書の研究、日本霊異記の史的研究

【八洲学園大学 正規担当科目】
博物館概論 / 博物館経営論 / 博物館実習 / 近代企業家の思想と行動 / 特別研究(日本文化史研究) / 博物館学特論(日本近代の博物館) / 博物館学特論(テーマ未定) / 伝統文化の継承(演習)(祭事・行事)

▼秋吉正博教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_akiyoshi.php

伊澤 和夏

伊澤 和夏

薬学系大学図書館で洋書目録、ILL等担当。その後UTLAS, RLG(北米の書誌ユーティリティ)の研修・マニュアル作成、図書館業務全般のスタッフ研修に従事。現在、IAAL会員として国立情報学研究所目録システム/ILLシステム講習会講師。

【論文】
・ 「スタッフ教育の事例報告:人文系図書館における薬学部の新設」薬学図書館 Vol.51, No.2 (2006) pp. 125-132
・ 「バイリンガルオンライン閲覧目録における典拠コントロ-ル: ロ-レンシアン大学のMultiLISの利用 (図書館の将来像)」Slater Ron [著](訳)現代の図書館 31(2) (1993) pp. 82-95 等
【所属】
NPO法人大学図書館支援機構(IAAL)、日本薬学図書館協議会会員

松本 安彦

松本 安彦

◇自然療法治療室松本鍼灸接骨院院長(東京大田区)
柔道整復師 鍼灸師 マッサージ師 ケアマネージャー

97年の開業当初より、アロマやハーブなどの自然療法を併用したケアや、東京ではまだ数の少なかった小児はりの治療を取り入れ、自然治癒力の可能性を引き出すことを目的に治療を行っている。子育てから介護にまつわるケアまで、「家族」を主体にしたケアのあり方を考え治療だけではなく、トレーニングの方法やリハビリアドバイスに至るまで行っている。

◇ナチュラルセラピースクール M's touch http://mstouch-childcare.com
◇自然療法治癒室 松本鍼灸接骨院 http://www.mstouch.net/

松本 美佳

松本 美佳

自然療法治療室 松本鍼灸接骨院アロマセラピスト ナチュラルセラピースクール M’s touch 主宰
チャイルドケア研究所主宰日本アロマコーディネーター協会(JAA)「チャイルドケア通信講座」企画監修及び講師 
日本家庭教育学会認定家庭教育アドバイザー チャイルドカウンセラー 家族療法カウンセラーほか。
日本家庭教育学会 常任理事 家庭教育支援協会 理事
‘90年出産を機に自然療法による子育てやライフスタイルの提案と講師活動を積極的に行う。すべて命は「チャイルド」という考えを基本に、子育てや、家族、家庭、生活、ライフスタイルを自然療法と家庭教育を融合した「チャイルドケア」として提案。 家庭でできるホームケアの可能性を追求している。

ナチュラルセラピースクールM’s touch/自然療法治療室 松本鍼灸接骨院/チャイルドケア研究所
https://cckenkyujo.jimdo.com / https://mstouch-childcare.com / https://mstouch.net
※チャイルドケア基礎講座は、通信講座でも学べ、資格習得もできます。
JAAアロマコーディネーター協会 チャイルドケアhttp://childcare-jp.com/

大江 知行

大江 知行

八洲学園大学 准教授。大江マネジメントコンサルティング代表。1988年早稲田大学政治経済学部卒。1993年米国ニューヨーク州ロチェスター大学経営大学院卒(MBA)。日系石油会社、英系ブランドコンサルティング会社、米系化粧品会社、米系化粧品・サプリメント会社でマーケティング本部長を経て独立。グローバルビジネスの経験から、日本人の得意とするチームプレイだけではなく、「個人対個人の場面でのビジネス力」の向上、および「自律的キャリア」の支援に携わる。大学ではビジネス系科目を担当。