八洲学園大学 公開講座

生涯学習社会の実現を目指して多数の公開講座を開設

  • 来校
  • インターネット配信

教養講座

【ビジネスのための法律講座】 契約書から「自社に有利?」「リスクあり?」を見分けよう。

教養講座

【ビジネスのための法律講座】 契約書から「自社に有利?」「リスクあり?」を見分けよう。

講師 藤森純一
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 3,000円(税込)
講義時間・回数 50 分2コマ

この講座の概要

本講座は終了しました。多数のご受講ありがとうございました。


「契約書の各条項のイメージが出てきますか?」ビジネスシーンにおいて触れることが必ずある「契約」。「自社に有利かどうか?」「リスクがあるかどうか?」を知ることで、事業展開が変わってきますね。また、契約交渉の際に、譲れる部分、譲れない部分を明確にしておくことも大切です。契約書を読み解くことで、自分に有利な(事前にリスクを軽減・回避する)ことができるようになります。業務委託契約書をベースに読み解くことができる力を身につけていきましょう。

この講座の受講対象

これから起業を考えている方、個人事業主、会社経営者

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2012年
10月28日
13:00-13:50
①契約書をなぜ作成する必要があるのか?をまず明確にしていきます、契約書ビジネスにおけるリスクマネージメントの一つが契約書の作成です。
②裁判を提起するとき、どこの裁判所に訴えるのか?明確ですか?この問いに、契約書から自社に有利か、リスクがあるのか?から回答を考えていきます。
2 14:00-14:50
賃貸借契約書、業務委託契約書におけるリスクをどこを読み落とさなければ、どの条項を変えると有利になるのか?または、リスクを読み取り、その対処をどうしていくのか?を契約書からの事業展開を読む方法を検討します。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

藤森 純一

藤森 純一

経歴:八洲学園大学 准教授、行政書士
専門分野、研究テーマ:法律(民事・商事)、知的資産経営

大学の他、専門学校、予備校、企業研修などでも活躍する実務家講師。「法とビジネスの図書室」を開設して仕事に役に立つ法律と経営に関する書籍をつぶやいています。

【八洲学園大学 正規担当科目】
日本国憲法と現代社会 / 法学概論 / 民法1(総則・物権) / 商法 / 著作権法 / ケーススタディ著作権法 / 消費生活と法 / 企業倫理 / ビジネス・リーダーシップ論 / 民法2(債権法) / コンプライアンス概論 / 労働法 / 情報と法 / 行政法 / ビジネス文書作成・読解 / 知的資産マネジメント / CSRと経営戦略 / 家族と法 / 図書館基礎特論

▼藤森純一 准教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
https://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_fujimori.php