教養講座

中小企業の未来はどうなるのか? ~中小企業憲章、     中小企業基本法の意義~

教養講座

中小企業の未来はどうなるのか? ~中小企業憲章、     中小企業基本法の意義~

講師 藤森純一
受講形態 来校・インターネット
受講料 2,000円(税込)
講義時間・回数 60分 × 2回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

中小企業憲章、中小企業基本法に基づき中小企業支援に関する条例が制定され各種助成金など様々な政策が実施されています。しかし、中小企業憲章、基本法、条例につき知っている中小企業家、起業を考えている人々はいるでしょうか?
助成金や各種政策が行われている理由を知っている人はどれほどいるでしょうか?
そこで、中小企業政策を左右する法律や条令につき解説をし求められている起業の姿を明確にします。
そして、そこから読み取れる、これからの中小企業のあり方・現在の課題を検討していきます。
「行政に頼る経営だけでよいのか・・・?」全日本製造業コマ大戦や、実際に起きた行政に矛盾が生じたケースを挙げながら、これからの中小企業家、起業家がこれから何をすべきか?という問題提起をし、これからの日本を支える中小企業のあり方についてディスカッションを行います。

この講座の受講対象

起業を考えている方、中小企業経営者

日程と内容について

日程 時間 内容
1 2014年
01月29日
19:00-20:00
中小企業憲章、中小企業基本法、横浜市中小企業振興基本条例及び横浜市で実施されている政策の解説をし、全日本製造業コマ大戦や実際に起きた行政の矛盾を紹介し、中小企業のこれからを検討します。
2 2014年
01月29日
20:00-21:00
1コマ目での講座を踏まえ、参加者で「中小企業家、起業家はどうすべきか?」を検討していき、課題を共有していきます(インターネット受講の方はチャットで参加可能です)。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

藤森 純一

藤森 純一

藤森 純一(八洲学園大学 准教授・行政書士)
専門分野/契約法・知的資産経営
日本行政書士連合会・著作権相談員
大学の他、専門学校、予備校、企業研修などでも活躍する実務家講師
法とビジネスの図書室を開設して仕事に役に立つ法律と経営に関する書籍をつぶやいています。
https://twitter.com/law_tosho) ■詳細