八洲学園大学 公開講座

生涯学習社会の実現を目指して多数の公開講座を開設

  • インターネット配信

司書のための法律入門 第2弾図書館の新しい役割から学ぶリーガルリサーチ

司書のための法律入門 第2弾図書館の新しい役割から学ぶリーガルリサーチ

講師 藤森純一
受講形態 インターネット配信
受講料 500円(税込)
講義時間・回数 60分×1回

この講座の概要

未来の図書館を担う「本物」の司書となるための講義の【第2弾】です。今回は、「終活」をテーマにした法令を調べる技術や、利用者への書籍に関する情報提供についてお話しします。図書館へのニーズは「児童書」だけではありません。現在、日本では高齢社会となり、図書館の機能の変化が起きているはずです。例として、私が横浜市立図書館から依頼を受けて講演した背景などもお伝えして、図書館の機能についても垣間見てください。 司書資格+αの力が求められる現在。+αに「法律」という分野を加えてみましょう。ハードルは高くないですよ。


【オンデマンド開講】2018年4月1日(日) ~2018年9月30日(日) 期間中は繰り返し視聴可能です。

この講座の受講対象

司書を目指す方、現役の司書の方でさらにレベルアップしたい方

日程と内容について

日程 時間 内容
1 【オンデマンド開講】
2018年4月1日(日) ~2018年9月30日(日) 
➀「終活」と図書館の役割について
横浜市立図書館の「終活」に関する取り組みを紹介します。
➁司書に必要な法律知識
「終活」に関する書籍を紹介します。
法律に関することのリサーチ方法をお伝えします。

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

藤森 純一

藤森 純一

経歴:八洲学園大学 准教授、行政書士
専門分野、研究テーマ:法律(民事・商事)、知的資産経営

大学の他、専門学校、予備校、企業研修などでも活躍する実務家講師。「法とビジネスの図書室」を開設して仕事に役に立つ法律と経営に関する書籍をつぶやいています。

【八洲学園大学 正規担当科目】
日本国憲法と現代社会 / 法学概論 / 民法1(総則・物権) / 商法 / 著作権法 / ケーススタディ著作権法 / 消費生活と法 / 企業倫理 / ビジネス・リーダーシップ論 / 民法2(債権法) / コンプライアンス概論 / 労働法 / 情報と法 / 行政法 / ビジネス文書作成・読解 / 知的資産マネジメント / CSRと経営戦略 / 家族と法 / 図書館基礎特論

▼藤森純一 准教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
https://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_fujimori.php