法学を学ぶ上でのお作法

法学を学ぶ上でのお作法

講師 小関慶太
受講形態 インターネット配信
受講料 一般5,000円
本学学生・卒業生3,000円
講義時間・回数 90分×3回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

本学は、法学部や法学関連学部に負けず劣らず多くの法律学科目が開講されています。しかし、法律を専門に学ぶ学部との違いは1つ、法学入門としての法律学習の基本を学ぶ機会がないことです。基礎としての「法学入門」「法学基礎」等と称されるものは、個々の法律にスポットを当てるのではなく、法を学ぶ上で必要な知識を高めていきます。 さて皆さんは、法律と聞くと「憲法」「民法」「刑法」「著作権法」「少年法」等を頭に浮かべるでしょう。司書を目指している方は「教育法をはじめとする教育関連の法令」「図書館法」「学校図書館法」等が関わってきます。私たちの生活で「法律」との関わりは切っても切れない関係です。 本講座では、いろいろな法(法制度)をこれから学ぶ上で必要最低限の「法のお作法について」扱っていきます。 (オンデマンド配信:2018年3月10日まで)

この講座の受講対象

法学を学んでみたい方 知識を高めたい方 興味関心がある方

日程と内容について  オンデマンド配信中

日程 時間 内容
1 【オンデマンド開講】平成29年5月10日(水)~平成30年3月10日(土)
【学習の心得】
・法を学ぶ意義
・就職や資格取得に有利なの
・学び方
【学習の道具】
・六法
・新聞やニュースの活用法
・ネット上の法情報の使い方
2 【オンデマンド開講】平成29年5月10日(水)~平成30年3月10日(土)
【学習の意義】
・そもそも法律って何?
・みんなに法律を守ってもらうにはどうしたらいいの?
・法律用語が必要なわけ
【条文を読んでみよう】
・条文の構造
・法律用語の基本
3 【オンデマンド開講】平成29年5月10日(水)~平成30年3月10日(土)
【法律の関係性】
・制定法と改正法
・法の生死
・法の効力と範囲
・法の種類
・公法と私法
・実体法と手続法
・一般法と特別法
・法令の解釈

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

小関 慶太

小関 慶太

八洲学園大学 生涯学習学部 専任講師(研究者教員)

[研究分野]
少年法適用年齢、裁判員制度と再移送、少年に科する刑罰、地域連携と犯罪予防

[担当科目]
現代社会と少年非行、刑事政策、法社会学、犯罪と法、犯罪と心理 等

[所属学会]
日本刑法学会、日本犯罪社会学会、日本社会病理学会、日本更生保護学会、比較法学会

[研究論文]
単著「裁判員制度における少年刑事裁判に関して一考察」『桐蔭論叢(2009年)』
単著「少年法適用年齢引き下げの一考察」『八洲学園大学紀要(2017年)』
単著「少年法適用年齢引き下げの一考察(2)」『八洲学園大学紀要(2018年)』他、多数あり。

[社会的な活動]
・日本犯罪社会学会 渉外広報事務局委員
・国際書道文化発展協議会委員

■詳細
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_koseki.php

2015年より公開講座に力を入れています。「学び直してみたい」「学んでみたい」、でも大学に入学してまでの意欲はない方も、トライアル(お試し)講座として開放授業や公開講座で一緒に学んでみませんか。