• HOME
  • 公開講座一覧
  • 大学生入門 レポートにおける「敬意」と「感謝」 (2017年度バージョン)

大学生入門 レポートにおける「敬意」と「感謝」 (2017年度バージョン)

大学生入門 レポートにおける「敬意」と「感謝」 (2017年度バージョン)

講師 小関慶太
受講形態 インターネット配信
受講料 一般:3,000円(税込)
八洲学園大学学生:無料
講義時間・回数 60分×1回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

「レポートにおける敬意と感謝」と題して、レポート執筆の際のマナーやルールについてお話をします。
皆さん「剽窃(ひょうせつ)」「コピペ」と聞くことがあるかと思いますが、これがどういったことなのかを十分に理解していないがゆえ、文献表記がおろそかになってしまうのではないかと思います。
本講座では、大学生としてレポートを書く際にどのような配慮が必要であり、ルールやマナーを守らないと、どのような代償が待ち受けているのかについてお話をしていきます。講座を通して、レポートの取り組み方などについて意識を変えてみませんか。なお2016年度開講した内容に応用編を加えていますので再受講をお勧めします。

【オンデマンド開講】平成29年5月22日(月)~平成30年3月10日(土) 期間中は繰り返し視聴可能です。

この講座の受講対象

どなたでも可能
八洲学園大学学生

日程と内容について  オンデマンド配信中

日程 時間 内容
1 【オンデマンド開講】
平成29年5月22日(月)~平成30年3月10日(土)
【レポートにおける敬意と感謝】
レポートを書く際にどのような配慮、マナー、ルールそして、各人が持つべき意識とこれらに
反する行為をした場合にどのような代償が待ち受けているのかやさしく説明します。
(一部分野によって表記方法が異なる場合があります。)

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

小関 慶太

小関 慶太

八洲学園大学 生涯学習学部 専任講師(研究者教員)

[研究分野]
少年法適用年齢、裁判員制度と再移送、少年に科する刑罰、地域連携と犯罪予防

[担当科目]
現代社会と少年非行、刑事政策、法社会学、犯罪と法、犯罪と心理 等

[所属学会]
日本刑法学会、日本犯罪社会学会、日本社会病理学会、日本更生保護学会、比較法学会

[研究論文]
単著「裁判員制度における少年刑事裁判に関して一考察」『桐蔭論叢(2009年)』
単著「少年法適用年齢引き下げの一考察」『八洲学園大学紀要(2017年)』
単著「少年法適用年齢引き下げの一考察(2)」『八洲学園大学紀要(2018年)』他、多数あり。

[社会的な活動]
・日本犯罪社会学会 渉外広報事務局委員
・国際書道文化発展協議会委員

■詳細
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_koseki.php

2015年より公開講座に力を入れています。「学び直してみたい」「学んでみたい」、でも大学に入学してまでの意欲はない方も、トライアル(お試し)講座として開放授業や公開講座で一緒に学んでみませんか。